PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: ギタリスト の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

ギタリストと俺。新しいスタート。

   ↑  2013/06/25 (火)  カテゴリー: バンド活動
こんにちは。今日は音楽の話。
バンドを創設したギタリストをクビにした。今回はその経緯を話そうかなと思う。

栗と俺


俺がバンドに入った理由は、至極単純なものだった。ある程度想像力がある人間にとって、人生はつまらないものになりがちだ。先の先までどうなるか読め、また、読めることで冷めてしまう。予め当選番号がわかるLOTO6のようなものだ。

どれくらい勉強すればどの程度の学校に入れ、それからどう大学生活を送ればどの程度の企業に入れて、それからそうした企業に入ったらどういう仕事やどういう同僚がいてどういう人と周りは結婚して。大人になるにつれ、努力すればできることと、努力してもできないことがわかるようになってしまった。

先のことを想像する度に、自分の人生のこれからが色褪せてクダラなく見えた。他の人間が真剣に人生を考え受験をする中、自分はゲームをして漫画を読みながらなんとなく早稲田に入った。周りの同期をみると、ゴルフにテニスにオシャレなバー、見た目ばかりで知性もセンスも無い女が群がり、クダラない優越感のために生き、会社で頑張って稼いだ金を女や風俗に使うような、創造性のカケラもない毎日を送っている。替えのきく人間ほどつまらないものはない。そういう人間になりたいとは思えなかった。

創造的行為は、先の予測がつかないもののうちの一つだった。自分にできるかできないか、試すだけの価値があるか否か、ということよりも、先の予測がつかない刺激が、自分にとって必要な何よりのことだと思った。つまり、やりたいか、やりたくないか。それだけが問題だった。俺は絵を描くことや、文章を書くこと、歌うことが好きだった。やる度に成長し、やる度に可能性や未来がひらけ、絶望や希望がその度に顔を出す。知的快楽を求めている限りは、退屈とは程遠い日々を送ることができる。そう信じていた。

Siberiaというバンドは、埼玉で売れてがんじがらめになっていたバンドを抜けて自由にバンドをやりたいという気持ちで、そこのギターをやっていた栗が創設した。いわば、栗の、栗による、栗のためのバンドだった。栗は、同級生のベーシストぐっさんと、向上心のあるドラマーうっちゃん、それから、歌が特別うまいわけではないが、芸術肌で音楽の趣味(当時はRHCP、Nirvana、Rooster、Incubus、Nickelbackなど)のあった俺を集めた。

はっきりいって、栗以外は皆素人だった。うっちゃんはやる気はあったがヘタクソだったし、ぐっさんはセンスがあり上手かったがバンド活動については無知、俺は音楽の趣味は合ったがバンドについてはBECKぐらいの知識しかなく基礎もまるで無かった。比べて、栗はバンド経験が長く、二バンドほど経ていたため知識も実力もあった。当時は、音圧のこと、音被りのことなど、一番気にして音作りをしていたのも栗だった。そういうわけで、当初、俺が一番信頼していたメンバーが栗だった。

酒を飲んで一緒に暴れるのが楽しかったし、背中にたくさん入った刺青や、掘り師でブルースギタリストの師匠の話、親の離婚、ヤクザや暴力の話など、BECKの世界を体現しているようで本当にワクワクした。栗は、一緒にいることで、常に期待させる何かを持っていた。絵も上手く芸術肌で、そういった面も気が合い、好きになれた。平日の夜に二人で飲んで馬鹿騒ぎすることも多かった。警察に捕まりそうになったり、二人でアブサンを大量に頼んで記憶を無くしたり、刺激とスリルのある日々を送った。そういうわけで、栗と一緒にバンドをやっているのは、楽しかった。刺激の無い大学生活と比べ、バンド活動は栗のおかげで俺の人生の楽しみ、希望になっていた。

俺は経験のある栗を信頼していた。ライブのやり方や、活動のやり方など、栗は、俺達の知らない様々なことを知っていた。何も知らない俺たちは、クソみたいなライブハウスのクソみたいなイベントに出たり、テレ埼深夜の視聴率ほぼ0の番組に出たりと、殆ど意味のないことをしていた。曲もひどいもんだった。しかし栗は何も言わなかった。言うことでバンドがギスギスすることを恐れていたくりは、音楽的な問題点についても、他のメンバーについては殆ど意見を言わなかった。それもあってか、バンドは衝突すること無く、モチベーションを保って続いた。

音楽の趣味とセンスが合う4人だったので、活動は順調で、音楽もライブも確実によくなっていることを実感していた。新曲を作る度に、初めの方に作った曲が恥ずかしくなるような成長の日々が続いた。

バンドの変化と成長

バンドを続けるにつれ、変化が始まった。一番が、ぐっさんの変化だった。活動を続けるにつれ、ぐっさんがどんどん音楽にのめり込み、ストイックになっていった。トイレの中でまで音楽を聴いたり、バンドに知らない音楽を持ち寄ったりしていた。それまでレッチリ以外はNirvanaやNickelback等のグランジやハードロックの影響が強いグループだったが、ぐっさんがレッチリのルーツをたどるにあたり出逢ったFunkadelicやAverage White Bandなどファンクバンドを皆で聴くにあたり、ファンクへの理解が深まり、音楽性も序々に変化していった。ぐっさんは他にもStevie Wonder、Marz Volta、Jamiroquaiなど様々な音楽を持ち寄って意図的にバンドにいい影響を与えようと努力していた。

バンド活動に一番本気なのは、くりではなく、ぐっさんになっていたと思う。それに引っ張られるようにして、俺の方も、Nirvanaに影響を与えたであろうバンドを掘り下げる中で、PixiesやSonic Youthの影響を受け始めるなど、行動や音楽性に変化が始まっていた。うっちゃんも、人ごみが嫌いでライブにも行かない、他人と関わらない消極性の中でも、自宅の電子ドラムを一人黙々と毎日叩いていたので、確実に成長していた。

それまでは曲は栗が持ち寄る曲をやることが多かったが、ぐっさんが持ってきた曲を演ることも多くなっていった。栗はニッケルバックのようなモダン要素もあるハードロックが理想で、ぐっさんは縦にはねる要素のあるファンク系のロックが一番の理想、俺はその中間が理想だったので、二人の持ち寄る曲を半分半分くらいでできればいいと思っていた。栗が持ってきた曲がぐっさんに容赦なく没にされることも多かった。それを恐れてか自信の無い栗は家のPCにストックを貯め込んだまま持ってこないこともあった。そのような形で、バンドの曲作りの形態に変化が起こり始めていた。

そういう中で、互いの駄目な点に口を出したい欲求が高まってきた。ぐっさんが一番ストイックで、積極的にメンバ-のことや音楽のことについて指摘していた。うっちゃんも栗もあまり言わないタイプだったが、俺は、言うことは信頼していることの裏返しでもあるし、進化するために必要なことだという考えから、毒舌なぐっさんへの信頼が強くなっていった。栗にも、もっと独裁者のようにふるまって欲しかった。
「それで従うか否かは俺達が決める。恐れずに指摘し、恐れずにやりたいことを言ってくれ」
そのようなことを言った。ぐっさんも同意見だった。うっちゃんは相変わらず無口だったが、それは仕方の無いことだと諦めた。栗は臆病でシャイなのでシラフの時は何も言わなかったが、酒を飲む機会を作り、少しずつ言うようにしてくれた。本当に少しだったが。

2011年。バンドは明らかに成長していた。当時は全員が共通して好きだったレッチリを基盤としたファンク系のオルタナを目指し、複雑な構成の曲を好んで作っていた。それぞれが、自分のテクやセンスに関して自信を持つようになっていた。皆が向上心を持って練習していた。どうすればバンドが人気になるか、そういった細かいことはよくわかっていなかったが、音楽が進化していたので、希望を持って活動することができた。攻撃的なスティングレイを使うぐっさんに合わせて、使いなれたレスポールから慣れないストラトに持ち替えるなど、栗もバンドの変化に対応するように新しいことがどんどん始まっていった。

カルト、ブレイキンなど、それまでとは違うクリアな音でじっくりと練られた新曲が次々と生まれていった。バンドの活動のやり方も、序々に考えるようになっていた。それまでは何も考えずにブッキングライブに出演していたが、いい箱を探して出るようになった。酒を節制したり、集客やパフォーマンスについて真剣に反省したりと、ストイックになり始めた。そうした結果もあってか、その年8月に演ったベースメントバーでのライブは、箱や対バンが良かったこともあり、バンドの成長を感じとれる重要なライブとなった。

ライブが終わった後の気分も良く、ライブの音源を車の中で繰り返し聴きながらドライブしたり、あれが良かった、あれがイマイチだ、などと気分良く話したりした。いいライブをした後というのは、いつもそうだ、雨上がり射しこむ太陽の光のように、晴れやかな気分になれた。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ギター クビ バンド 音楽 ギタリスト バンドの歴史 Siberiaの終わり 

FC2スレッドテーマ : 音楽を楽しもう! (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-485.html

2013/06/25 | Comment (7) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。