PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: スパム扱い の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

myspaceの一部サイト直接リンク禁止の仕様について。

   ↑  2010/05/31 (月)  カテゴリー: バンド・PR,SEO
バンドをやっていて、myspaceに登録していない人の方が珍しいだろう。
それほどmyspaceは浸透している。
audioleafもかなり頑張ってはいるものの、総ユーザー数を見るとどうしてもmyspaceが勝つ。
一般の人が登録しているか否かが、最も大きな差だと思う。
myspaceはかなり便利だ。

他にも、
audioleafは、
・ページデザインをhtmlで自由に変えられない
・ほぼ日本人しか登録していない
・無料会員は3曲までしかアップできない
・登録ユーザ数の絶対数が少ないため、放っておくと閲覧数は全く伸びない(サイト自体の集客力はほぼない)
と、まだまだmyspaceに負けている点が目立つ。
しかし、ライブハウス関係者などが「audioleafを見て来ました」とメッセージをくれることがあったり、
ジャンルで同じようなインディーズバンドを探すことができたりと、アーティストとして登録するうまみはたくさんある。また、インディーズ向けに特化されているので、フェスの参加募集情報などをチェックすることができるのが便利。金を出せば広告も出せるし、後はユーザー数が増えるかどうかって感じかな。

では、myspaceの弱みは何か?

一番気になるのは、一部ライバル企業などのドメインへの直リンクをシャットアウトしている点。
Fc2信者からするとこれはかなりいただけない。
もちろん、表向きではライバル企業だからという理由はなく、
・スパムサイトのの可能性
・フィッシングサイトの可能性:ユーザー名やパスワードを盗もうとしている
・悪質なコードを含んでいる可能性
・現在サイトに多数のスパムがある
・入力した HTML syntaxが正しくない。

となっているが、下の注意書きにあるように、どれも該当しなくても、

「注意:このリンクではなくホストサーバーに問題がある可能性があります。例えばブログやサイトにアクセスする際、個別のブログやサイトには問題がなく、ホストサーバー側がMySpaceのセキュリティーポリシーに合わない場合、悪質なサイトとしてドメイン全体をブロックする場合があります。 」

つまり、fc2ドメインだからという理由で、
プロフィールやブログに貼ったアドレスのコードが自動変換されてリンク禁止になるのは少し排他的すぎないか。
ユーザビリティを激しく損ねている気がするが…。。
Fc2がセキュリティーポリシーに合わない合わない理由を教えてほしい!



悔しいです!



Fc2の豊富すぎるサービスに満足している俺は、独自ドメインでは生きていけないゼ・・・。
アメバブログだとリンクできるらしく、そこらへんがマジでよくわからん。

参考ニュース。
Photobucket動画、 MySpaceから遮断される
より一部抜粋。

PhotobucketのCEO、Alex Welchから以下のようなメールを受け取った。

Mikeへ

今晩、MySpaceはPhotobucketユーザーからのある特定の種類のメディアを、MySpaceページに貼付けるのを妨げるという決定を下した。

MySpaceによる今回の決定は、私たち(Photobucket)ユーザーが制作した何百万ものコンテンツがMySpace上で、もはや利用不可能になるという事態を意味する。これらコンテンツはユーザーがPhotobucket独自のツール、機能を利用し、何十万にも上る時間と労力を編集、リミックスに費やした成果の賜物だ。控えめに見積もっても、ページビュー数2につき、1ページビューはPhotobucketユーザーによるコンテンツを含んでいる。この動きはMySpaceのユーザービリティそれにアピールにおいて、大きな影響を与えるものになるだろう。

より重要なのは、コンテンツの出所を問わずユーザーページのカスタム化を可能にするという機能を制限することで、パーソナルそしてソーシャルメディアの精神そのものにMySpaceは矛盾している、ということだ。MySpaceの成功はユーザーのクリエイティビティ、自己表現のための場の提供による。これらの自由を厳しく制限することは、ユーザーを(自サイトの)都合に合わせて、物資として取り扱うという姿勢の現れだ。

MySpaceで利用可能な限られた資源(ツール)のみを利用して、コンテンツを再度一から制作するという可能性に直面することになった。われわれはユーザーが(MySpaceへの継続)参加の意思表示の有無を実際の行動(それに、キーボード入力を通じてのウェブ上での表現)で表明するだろうと確信している。そして、Photobucketが毎日、リンクしているその他のサイト利用に乗り換えるだろうと思っている。Photobucketユーザーは、Photobucketアルバムから毎日30万に及ぶ様々なウェブサイトにリンクしている。MySpaceは単にそのうちの一サイトに過ぎない。 MySpaceの今回のアクションは、Photobucketアルバムに何らの影響も与えない。コンテンツは従来どおり、その他のウェブサイト、掲示板、フォーラム、eコマースサイトそれにブログなどにリンク可能なものとしてユーザーのアルバム中に存在する。

Photobucketでは、ユーザーがMySpaceに限らず幅広い種類のソーシャルネットワークにリンクする、という安定した成長傾向を確認している。MySpaceがPhotobucket、その他パーソナルメディアサイトの閉め出しを継続した場合、ユーザーはこれらネットワークのコンビネーションへと移動するだろう。Photobucketのビジネスモデルは、コンテンツの制作、改良、管理それに共有を可能にする集中化したリソースを提供、ユーザーの複数にわたるアイデンティティーのサポート提供に基づいている。われわれのビジネスが、MySpaceへのリンクのみに依存しているということは決してあり得ない。

MySpaceによる今回の決断はウェブの進化の流れに於いての後退であると同時に、MySpace自身の生命線であるユーザーの自由を束縛しようとする試みであって、容認しかねるものだと考えている。

-alex




俺も同じことを思うよ。
頼むから、早いとこ遮断を解除してくれ、myspace。
後、myspaceモバイルの、myspace会員じゃないと音源を聴けないというクソ仕様を早いとこ直してくれ。


そんな感じの日記でした。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : myspace fc2 audioleaf ブログ 直リンク禁止 リンク遮断 スパム扱い 

FC2スレッドテーマ : 今日のつぶやき (ジャンル : 日記

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-253.html

2010/05/31 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。