PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: ヘルマン・ヘッセ の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

けれどもひそかに私たちはこがれる

   ↑  2011/01/26 (水)  カテゴリー: 詩
優美に、精神的に、唐草模様のように微妙に
私たちの命は、妖女の命のように、
静かに踊りつつ虚無のまわりを旋回するように見える、
私たちが存在と現在とを犠牲にささげた虚無のまわりを。

息吹きのように軽く、清い調子の
夢の美しさ、やさしい戯れよ、
おまえの陽気な表面の下ふかく、
夜と血と野蛮へのあこがれが微光を放っている。
 
空虚の中を、強いられず、思いのままに
自由に私たちの命はいつも戯れの心構えで旋回する。
けれどもひそかに私たちはこがれる、現実に、
生産に、誕生に、悩みに、死に。 

(ヘルマン・ヘッセ)

こんにちは。
戯れてますか?

自由に憧れ、自由を夢見ながら、自分を縛る縄を探して回る、
それが、人ってもんじゃないかね。

長いこと、切なさが癖になっていた。
切なさってのは、胸が抱く空虚で、
それは、失ったものへの憧憬。

愛や夢で満ち足りていた、ひとときのこころを想うことで、
今そこに存在する空虚を埋めようとする。だけどそれはただの気休めで、
結局そこには何も無いことに、やがて気付いてしまう。
気付くことは避けられないし、気付くまで、止むことなくつづいてしまう想いも、止めることができない。何も無いことに気付くことと、気付くまで想うこと。
それを夜毎、交互に繰り返す。
そうすることで、少なくとも、無の中にとどまり、
そのまま自分がいっさいから取り残され消えてしまう感覚になることはなくなるから。
それが、切なさが癖になっていた頃の自分で、そんな風に癖になっている人は、
自分以外にも、案外多いんじゃないかと思う。

夜が来る度に切なくて、その切なさを、止めることができなかった。
切なさってのは、癖になると駄目だ。

ただ、今は違う。

空虚だったこころが、少しずつ何かで満たされているのがわかる。
今のこの俺が胸に抱く、満たされた想いと共にくる寂しさは、癖になっても、
悪くないなって思う。




真面目な話をすること、少ないけれど、
たまには、真面目な話もいいかなって思ったり。
俺のことなんてどうでもいいから、あなたの話が聞きたいです。
ナマステ。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ヘルマン・ヘッセ  メメントモリ 

FC2スレッドテーマ : ひとりごと (ジャンル : 日記

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-341.html

2011/01/26 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。