PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: モテモテになる夢 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

マッチョマンによるボクシング日記

   ↑  2012/10/13 (土)  カテゴリー: 日記・妄想
どうもこんにちは、猿の惑星より生まれた山田(仮名)と申します以後お見知りおきを。


オスプレイやらノーベル賞などが最近一番話題になっている出来ごとでしょうか。
というわけで今日はボクシングについて話そうと思います。


-------

俺がシャドーボクシングを始めたのは高2の時。妄想が誇大化し手をつけられなくなっていた頃だ。

当時の俺のメールアドレスは
「megalomania」
(インキュバスのmegalomaniac(誇大妄想狂患者)という曲からとっていた)
だった。

そんな激しい誇大妄想狂患者だった俺は、
もし彼女とデート中に、ヤクザやレイプマンが現われて彼女を襲いはじめた時、守れなかったらかっこ悪い。もし自分が強ければ、

悪いやつ1「ヘッヘーお嬢ちゃん可愛いね~ちょっとこっちきてよ」

「やめろ!彼女に触ったらただじゃ済まないぜ…そうだな…具体的にいうとお前のその首が3m縦に伸びる」

悪いやつ「そんなハッタリ俺に通用するか!食らえ!悪いやつパンチ!」

華麗にかわす俺。

「愚かな!我が王国に古より伝わりし秘奥義…




張り手!張り手!張り手!」

悪いやつ「くわっ!」

「まだまだ!修行の成果!







ボクシングキック!



ボクシングチョップ!



ボクシング頭突き!」



ゴキッバキッドカッ!
スイーツ(笑)


わるいやつは死んだ…


悪いやつ2「も…もうやめてくれぇぇ、悪かった、悪かったよ!俺たちが悪いやつだった。」

「ふん…他愛もない…この俺の100あるボクシング奥義のうちたった三つしか引き出せぬとは…」

彼女「パトさんかっこいい!ジュンジュワワ」


的な状況でクールでパワフル、それでいてまったりとしており濃厚でクリーミィな自分を演出できるはずだ。かっこよすぎて可哀相なくらいだぜ。ウヒヒ



そんな妄想をしていた。ときめきが止まらなかった。ノンストップ・トキメキだった。


具体的に言うと電車の中で一人ニヤニヤしていた。


そしてその妄想を現実にするため、俺はシャドーボクシングを始めた。日夜シャドーボクシングに励む俺。シャドーボクシングの達人、下町ではシャドーボクシングマンと親しみのある愛称で呼ばれつつ、銀座あたりを歩いた時は道行く人から「シャ、シャドーボクシングマン様」畏敬され、後楽園遊園地に行った際にチビッコから握手を求められるのも時間の問題だった。


しかしそんな幸せの絶頂期に事件は起きた。




突然右腕がパンパンに膨れ上がり、動かなくなってしまったのだ。これが黄金郷ジパングで噂の、右腕の勃起というやつなのか。どうしよう。またモテちゃう。


そんなことを考えながら俺は坂本医院に行った。整骨院をすすめられた。


整骨院での診断の結果、疲労で炎症を起こしていたことがわかった。


原因は、シャドーボクシングのやりすぎだった。大好きなテニスもできなかった。だがそんなことはどうでもよかった。シャドーボクシングマンになる夢が遠のく現実の方が俺には辛かった。後楽園遊園地での握手が遠のいていった。


整骨院の院長による献身的な電気マッサージやクリーム塗りにより一命をとりとめた俺は、それ以来シャドーボクシングを封印した。プロテインもやめた。プロテインはもともと飲んでいなかった。


当時60キロあった体重が48キロに減った。風呂の鏡で見る自分の胸板は惨めなものだった。Aカップもなかった。尻も二つに割れていた。脇毛も生えてきた。



そこで俺はこの冬、再びシャドーボクシングを始めることにした。






大切なサムシングを守るために…





To Be Continued…
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : シャドーボクシング 疲労で炎症 モテモテになる夢  

FC2スレッドテーマ : 日記 (ジャンル : 日記

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-432.html

2012/10/13 | Comment (0) | Trackback (1) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。