PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: レストラン の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

乙武洋匡レストラン入店拒否問題を受けて、我々が考えるべきこと

   ↑  2013/05/27 (月)  カテゴリー: コラム
久々の更新。
株の高騰と暴落や人口言語アルカやあまり加熱報道されなかった通り魔事件など、最近とりあげたい話題はいくつかあるのですが、今回はツイッターをやっていて気になった
「乙武洋匡レストラン入店拒否問題」
について取り上げようと思いました。

まず、知らない人のために、どのようなことが起きていたかをザックリ説明。
わかりやすいまとめをご覧になりたい方は、こちら(「乙武騒動」だけじゃない!ツイッター告発が増える理由東スポWEB)をどうぞ。

事の発端は、乙武さんのこのツイート。
@h_ototake
今日は、銀座で夕食のはずだった。「TRATTORIA GANZO」というイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」――こんな経験は初めてだ。


ここで乙武さんがお店の実名をあげたことで、乙武さんのフォロワー(ファンなど)が反応、TRATTORIA GANZOに非難の電話や店主のツイッターへ抗議が殺到。

乙武さんへ、店を晒したことに対する非難も集まるが、
‏@h_ototake
ひどく悲しい、人としての尊厳を傷つけられるような思いをする車いすユーザーがひとりでも減るように。 RT @emuo1983: 何故お店の名前を晒したのですか? RT 銀座「TRATTORIA GANZO」にて、入店拒否。「車いすなら事前に連絡しろ。ほかのお客様に迷惑がかかる」

晒した理由は、「ひどく悲しい、人としての尊厳を傷つけられるような思いをする車いすユーザーがひとりでも減るように。 」とのことで、つまりは、車椅子の人はこの店に行かない方がいいぞ。ということをフォロワーに伝える意図が見えなくもないが、今回の件で、乙武さんに落ち度は無かったのか。

@h_ototake
お店はビルの2階。エレベーターはあるが、2階には止まらない仕組みだという。
「それはホームページにも書いてあるんだけどね」――ぶっきらぼうに言う店主。
「ちょっと下まで降りてきて、抱えていただくことは…」「忙しいから無理」「……」「これがうちのスタイルなんでね」以上、銀座での屈辱。

2階に店があり、階段で昇るしか方法がない場所だったよう。そしてそれはホームページにも書いてあることがわかる。確かに、店側の断り方がこの通りだとしたら(後述するが実際は違ったようだ)、少々ぶっきらぼうすぎるようにも感じる。

ここで、乙武さんが車椅子であることを事前に伝えなかったことへの意見が出て来る。それに対する乙武氏のつぶやき。
@h_ototake
そうですよね。たしかにお店の状況によっては、受け入れがたいケースもあるでしょう。ただ、店主の対応には、まるで“心”が感じられなかった。接客業として、あの物言いはあまりに悲しい…。 RT @kentatu: 事前に伝えなかった乙武氏にも落ち度がある。店だけを責めるのは筋違い。

どうも、対応がぶっきらぼうだったことが原因のようだ。

しかし、今回の炎上を受けてお店側が更新した
乙武様のご来店お断りについて。
を見ると、
「お客様に対して「何々だ」などの強い言葉使いはしていません。」
とあるので、どうも乙武さんがしたツイートのような言葉遣いではなかったように見える。
また店主のツイッターでは、
店内は段差があり車椅子の方は事前に御連絡がないとご案内が難しいと伝えましたが「うちのスタイルなんでね」と言ってはない事です。最後にお断りしてしまい申し訳ありませんでしたと頭を下げ謝罪しました
とあるので、あのあまりにもぶっきらぼうな書き方は、乙武さんによる、店側の印象を悪くするための少々大人げないツイートだったのではないか、とも思える。しかし、後に、乙武さんはこれがうちのスタイルなんでね、と確かに言ったとブログに書いているので、双方の言い分がやや食い違って見える。

続いて店の情報を見ていくと、当日、店主と若いスタッフの二人しか人員がいなかったこと、当日店内が賑わっていたことがわかってくる。土曜のディナータイムだったのだろう。こうなってくると、店側が100%悪かったようには見えない。乙武さんの書き方だと、店側が車いすで障がい者なので、面倒だから冷たくあしらったように見えるが、実際のところ、本当にそうだったのか。

ここで店主が乙武さんにリプライ。
‏@takosin @h_ototake
乙武様、GANZOの高田晋一と申します、私のスキルが なかったばっかりに本日は御無礼申しわけありませんでした。少ないスタッフで営業しており、大変失礼なんですが、車椅子のお客様は事前に御連絡いただけないと対応しきれない作りになっております、

事前に事情がわかっていれば入り口に近いお席にご案内して入店のストレスを軽減したり、ほかのお客様の入店時間をずらしてスタッフがご案内できる余裕を持たしたり対応させていただきました。本日は他のお客様のご案内が立て続いておりまして乙武様には大変ご無礼でしたが

ご案内が困難と判断しお断りさせていただきました。お気分をがいされたと思いますが申し訳ありませんでした。もし次回タイミングが合いましたら是非宜しくお願いいたします。ganzo シェフ 高田 晋一

こうなってくると、事前連絡をせずに、店側の対応を非難している乙武さんにも非があるように見えて来る。実名を挙げてまで数万人に晒されるほどのことだったのか。

@h_ototake @takosin
高田さま、ご丁寧にご連絡ありがとうございます。
また、本日は結果的に予約に穴を開けてしまい、申し訳ありません。
こちらが事前連絡を怠ったことで、お店に不測の事態を生んでしまったことにも、お詫び申し上げます。(続く)

ここで収束かと思いきや。続いて乙武さんは、
@h_ototake @takosin
ですが、15分ほど階下でお待ちしたのち、ようやくホールの男性スタッフが「手が空いたので、いまから下に行きます」
と私の連れに言ってくださったのを押し止めるようにして、わざわざキッチンから出てきて「事前に連絡をいただかないと」と拒んだ意図は理解できませんでした。

また、「忙しいから対応は無理」なはずなのに、店主みずから階下まで降りてきて、こちらの非をなじられたことにも驚きました。「その余裕があるなら、ご対応くださっても…」というのが正直な思いでした。もちろん、こちらもあらかじめご連絡すればよかったのでしょうが。


とツイート。
あくまでも店側の非を語る乙武氏。確かに、15分待たせた上で断るのはどうかとも思うが、はじめに対応したのが若いスタッフなので、運べるかどうかや、店内の状況を見ての対応ができなかったのも無理はないとも思える。

もちろん、こちらもあらかじめご連絡すればよかったのでしょうが
とあるが、とにかくそれに尽きるのでは?とも思う。

ご対応くださっても、とあるが、では、店側はどうするのが正解だったのだろうか。それを考えるのが、今回の誰の立場に立って考えてもどうにも胸糞の悪い問題をポジティブに昇華する上で最も重要な点だと思う。今回乙武さんとGANZOがどうすべきだったのかわかれば、多くの飲食店が同じような問題に遭遇した時の参考にもなるだろう。自分は飲食店で働いていたことがあるので、経験をもとに、店側の立場に立って意見を言ってみることにする。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 乙武 レストラン 拒否 ganzo 

FC2スレッドテーマ : 芸能ニュース (ジャンル : ニュース

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-478.html

2013/05/27 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。