2
 

PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: レビュー の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

パシフィック・リムの感想と考察

   ↑  2013/08/20 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
まだ観ていない人のために、前半はネタバレ無し、後半は ネタバレありでレビューしていきます。

監督は「ギレルモ・デル・トロ
メキシコ出身の監督で、10年以上特殊メイクに関わった後に監督になるという異色の経歴の持ち主。
その経歴も活きてか、本作も「怪獣(Kaiju)」の造形のリアルさ、デザインの特殊性が大きな見どころのひとつになっています。彼の有名作の一つであるパンズラビリンスに出て来るパンのような、妙に人間味の感じられる独特の雰囲気をもったデザインの怪獣が数多く出てきます。妙にリアリティがあったりグロテスクに見えるのは、まさに特殊メイク業界での経験が活きているといえるでしょう。怪獣の血が吹き出る場面や脈うつ場面、しっぽが巻きつく場面など、非常にリアリティがありのめりこめます。

ただし、内容的には「パンズ・ラビリンス」的なリアル志向のグロテスク作品とは大きく異なり、近年の映画作品でいうとバトルシップに近く
「アクション性の高い近未来SF映画」
的な作品に仕上がっています。日本人が活躍する、海での戦闘が中心、未知なる生物が相手と、類似点がいくつかあります。

日本の要素が出る映画は非常に多くありますが、その多くが
「ワイルドスピードX3」
のように、どうみても日本じゃなかったり、日本人役の出演者がカタコトの日本語を喋ったりする中、この作品では
「菊地凛子」さん
「芦田愛菜」ちゃん
ら二人の日本人がきちんと日本人を演じてくれます。しかも、ヒロイン。
こうした大作で日本人が準主役級をやるのは非常に珍しいことだと思います。まずそこが見どころです。

公開前からわかる人はわかると思いますが、ウルトラマン等の日本の特撮や、エヴァやガンダムのようなロボットアニメのオマージュがわんさか、監督の男のロマンを体現したような映画です。そういう意味では「当時」ウルトラマン世代だった結構年齢層の高めな大人が観ても楽しめると思います。作品中にも、怪獣マニアの博士が出てきたりしますが、そういう人のこの映画の評価が気になるところではあります。ロボットアニメ、ロボット映画好きの自分にとってはかなり楽しめる映画でした。こいつバルタン星人じゃね?とか、特撮モノと比べて観ると更に面白いかもしれません。当時観ていたものがかなり高いクォリティになって劇場で観られる、となると、観くなる人はたくさんいるはずです。

この世界では、未知なる存在「Kaiju」と戦うロボットは「イェーガー(ドイツ語で狩人の意味)」と呼ばれています。このイェーガーのデザインや動きに関しては、賛否両論あると思います。

まず、ロボットアニメによくあるような派手な変身シーンや合体シーンは一切ありません。ガンダムのような尖ったアンテナやシャープな造形でも無し。戦闘もパンチが中心で、デザインも非常に地味でリアリティを重視しています。そういう意味ではややフロントミッションやアーマードコアに近いですが、何しろ巨大。巨大ゆえにかなり鈍重です。その上アーマードコアやフロントミッションのようなバーニアスラスターが無いため、基本的にスラスターは使用せず歩行での移動になります。歩く度街を踏みつぶす様はまるでウルトラマン。笑

日本のロボットアニメでいうと、ビッグ・オー的な重厚感があり、その重厚さ、鈍重さこそがイェーガーのウリですね。デザイン的には主人公機よりストライカー、チェルノの方が好きでした。ただ、肉弾戦中心の近距離タイプというポジションなのは男気があって素晴らしいと思います、「ジプシー・デンジャー(主人公機)」。

運転システムは、過大な負荷を分散させるため2人のパイロットによるシンクロ「ニューラル・ハンドシェイク」が必要という斬新なもの。それゆえコックピットも特殊な形になっている。その際に記憶の一部もパイロット二人で共有することとなり、そこが本作品の一つの大きなカギとなっている。

シンクロというとエヴァを思い出すが、そうしたロボットアニメのロマンを感じさせます。操縦システム的には、どちらかというとエヴァよりはアクエリオンの方が近いけど。
アクエリオンでは
「あなたと合体したい」
という下ネタがあったが、こちらの作品でも、
「君と結合したい」
「結合で大切なのは、心の繋がりだ」
というようなどう解釈しても下ネタに聴こえるような台詞がいくつか。

舞台は香港中心ですが、日本人の女優が出演するロボット映画ということで、日本人もワクワクでき共感できるポイントがいくつもあるため、必見。個人的にはかなり面白かったです。特撮オタク、ロボットマニアにとっても楽しめる映画だと思います。どちらかというと、女性よりは男性、しかもややオッサンの方が楽しめる映画かも。登場人物の心理描写はやや薄く内容も薄めですが、それを補ってあまりある「イェーガー」そして「Kauiju」の織りなすアクション。魅力的です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : パシフィック・リム 感想 考察 アクション 怪獣 菊地凛子 ネタバレ 映画 レビュー 

FC2スレッドテーマ : 映画情報 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-491.html

2013/08/20 | Comment (2) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

ミラージュの感想~ただ弟のために戦う覆面ヒーロー~【映画レビュー】

   ↑  2013/02/28 (木)  カテゴリー: 映画レビュー
皆さんこんにちは。

ヒーロー映画というと、何を思い浮かべますか?仮面ライダー、バットマン、スパイダーマンなど、星の数ほどあると思います。自分が最近観た『ミラージュ』。日本ではあまり宣伝もされていないチリの映画なので、正直知名度はかなり低いと思います。しかし、この作品に出て来るヒーロー『ミラージュマン』のカッコ良さは、有名ヒーローたちにひけを取らないことをパトリックが保証します。おすすめ。

あらすじ・解説

【解説】
街の平和を守るのは、“自家製”スーパーヒーロー!?
“チリの映画文化を変えた”と称賛され、ハリウッドからのオファーが絶えない若き天才監督と、“ラテンドラゴン”と呼ばれ、高い人気を誇る肉体派俳優がタッグを組んだ!!『キック・アス』『スーパー!』に続く、“お手製ヒーロー”アクション!!

【ストーリー】
クラブの用心棒マルコ(マルコ・ザロール)は、強盗に襲われ両親を惨殺された過去をもつ男。唯一の家族、弟のチトはそのショックで心を閉ざし、現在入院療養中。愛する弟の治療費と生活費を稼ぐため、クラブのオーナーからの嫌がらせに耐えながら、毎日一人黙々とトレーニングを続けるマルコだったが、ある日、日課のジョギング中に偶然強盗団が押し入る現場に遭遇する。とっさに強盗のマスクを奪って顔を覆い強盗団を撃退、襲われていた住人女性を救う。そのまま顔を見せずにその場を立ち去ったマルコ。 次の日、ワイドショーでは「覆面ヒーロー、強盗を退治!」のニュースで大騒ぎとなる。マルコが助けた女性は人気美人TVレポーター、マリアだったのだ。チトもニュースを見て大喜び。覆面ヒーローのマネをして少しずつ心を開いていく。 その様子を見たマルコは、弟のために一大決断をする。お手製の覆面をかぶり、「ミラージュマン」と名乗って街に巣食う悪者たちと戦うことを決意する。決して素性を明かさない「ミラージュマン」。彼のマネをしてヒーローを名乗る者まで出てくるなど、一躍時の人となるマルコ。ミラージュマンとして、マリアともいい雰囲気になっていくのだが…。
(Amazon『ミラージュ』より引用)

【キャスト】
マルコ・ザロール、マリア・エレーナ・スウェット、アリエル・マテルナ、モーリシオ・ぺスティック

【スタッフ】
監督・脚本・編集:エルネスト・ディアス・エスピノーザ

ミラージュ予告編(Youtube)

この記事に含まれるタグ : ミラージュ 映画 レビュー アンチヒーロー ヒーロー 

FC2スレッドテーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-457.html

2013/02/28 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

『小説家を見つけたら』の感想【映画レビュー】

   ↑  2013/02/28 (木)  カテゴリー: 映画レビュー
こんにちは。今日も今日とて映画レビュー。紹介するのは微妙にヒットしていない映画ばかりで、ブログのアクセスは増えない自己満足。笑

TSUTAYA旧作コーナーで借りてきた
『小説家を見つけたら』
についてレビューします。特に考察することはないので、感想のみ。

あらすじ・解説

NYのブロンクスで暮らす16歳の黒人少年ジャーマル・ウォレス(ロブ・ブラウン)は、プロのバスケットボール選手を夢見るかたわら、大好きな小説を書き続けていた。そんな彼の才能に気づいた学校側はウォレスをエリート私立高校へ転入させる。それと同時期、彼は学校の近くに住む偏屈な謎の老人(ショーン・コネリー)と交流を持つようになる。それは偶然、ウォレスが書いた文章を読んだ老人が感想を走り書きしたことから始まった。やがてウォレスは、その老人が有名な小説家だということを知るが….。
(goo映画『小説家を見つけたら』より引用)

この記事に含まれるタグ : 小説家を見つけたら 映画 レビュー 感想 

FC2スレッドテーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-456.html

2013/02/28 | Comment (0) | Trackback (2) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

時計じかけのオレンジの感想と考察【映画レビュー】

   ↑  2013/02/22 (金)  カテゴリー: 映画レビュー
皆さんこんにちは。今日は、『時計じかけのオレンジ』という映画のレビューをしようと思います。

映画通の友人に
「いままで観て一番印象に残った映画を教えて。」
と聞いたところ勧められた、この映画。確かに、強烈なインパクトでした。


あらすじは時計じかけのオレンジ(Wikipedia)に詳しく載っています。

以下ネタバレ↓

この記事に含まれるタグ : 時計仕掛けのオレンジ レビュー 感想 

FC2スレッドテーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-455.html

2013/02/22 | Comment (2) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

人生万歳!の感想と考察【映画レビュー】

   ↑  2011/08/17 (水)  カテゴリー: 映画レビュー
人生万歳!(公式サイト)という映画を観ました。
監督は映画監督であり俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者でもあるウディ・アレン。

Wikipediaを見る限り、特に受賞などはしていない映画のようですが、個人的にはかなり面白い部類に入る映画だと思いました。この作品を観るまでウディ・アレンという監督のことを知らなかったのですが、かなり癖のある監督だと感じると共に、興味を持ちました。個性と魅力のある監督だと思います。

あらすじ


かつてノーベル賞候補にもなった天才物理学者ボリスだが、「人生の無意味さ」について悟り、自殺を図る。
命は助かったボリスだが、職や家庭、そしてリッチな暮らしを失い、NYのアパートにひとり住む身に。
そんな彼の元に、ひょんな事から南部出身の家出娘メロディが転がり込んでくる。
親子ほどの歳の差がありながらも、ボリスとメロディは結婚。
楽しい新婚生活を送り始めるが、そこへメロディの母親がやってきて、事態はややこしい事に。

解説


「それでも恋するバルセロナ」のウディ・アレンによる通算40作目の監督作。ニューヨークを舞台に、冴えない中年男と若い娘の奇妙な恋愛模様を描く。出演は、現代アメリカを代表するコメディアンのラリー・デヴィッド、「レスラー」のエヴァン・レイチェルウッド、「シャッター アイランド」のパトリシア・クラークソン、「トリスタンとイゾルデ」のヘンリー・カヴィル、「カウガール・ブルース」のエド・ベグリー・Jr.など。

(goo映画(人生万歳!)よりあらすじと解説引用。)

この記事に含まれるタグ : 人生万歳 映画 レビュー ウディー・アレン ラブコメ コメディー 

FC2スレッドテーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-403.html

2011/08/17 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。