PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: 京大入試不正 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

【3月3日犯人逮捕追記あり】aicezukiの正体と、京大入試不正事件のまとめ

   ↑  2011/02/28 (月)  カテゴリー: コラム
aisuzukiとは…
yahoo知恵袋にて、「aicezuki」というハンドルネームで入試問題の問題文を試験時間中に次々投稿し、カンニングをした人物。それがネットで大学側に告発され、大学側が京都県警へ偽計業務妨害として被害届を提出する、という流れ。

何故ここまで大きな問題になったのか


偽計業務妨害といえば、立派な犯罪。カンニングぐらいでおおごとになりすぎだろ…と思う人がいるかもしれない。
しかし、それだけ「大学における入試の信用性」が、大学にとって重要な要素である、と考えることができると思う。難しい問題を解き、高い点数をとることができる頭の良い人が集まるから、大学では理解力のある学生のためにより難度の高い講義をすることができる。多くの優秀な生徒がより集まり、難度の高い学問を究めたという経験が、人脈や実力に繋がり、その大学を卒業したとなれば、それ相応の評価を得られる。

それ故に多くの受験者がステイタスや高いレベルの学問を究めるために受験し集まる大学になるわけだ。

しかし、カンニングなどの方法で試験を突破できるということになると、その大学の価値そのものが揺らぐ。
簡単にカンニングができ、誰もが合格できる、合格者は別に頭がいいわけではない、
とみなされると、信用は下がり、ステイタスは落ち、偏差値は下がり、受験者の質が落ち、、と、負のスパイラルが始まる。

今回の件は、「カンニングが行えた」「その方法が周囲に伝わった」という事実が問題で、それを易々と許すとなると、今後のその大学の入試システムそのものの信用にも関わる。それ故に、模倣犯を防ぐためにも、カンニングを行ったものには、それ相応のリスクを背負わせなければならない。特に今回に関してはネットに情報が拡散されたので、当該大学の不合格というだけでは不十分であると考えられた。それ故に大学として被害届を提出する流れになったのではないかと思う。

犯人は今頃、ここまでおおごとになるとは思っていなかった、と後悔しているかもしれない。
だが、カンニングとはそういうものだ。
万引きと一緒。真面目に受験した人、真面目に生きてきたが損するような社会にしてはならないため、ズルをした人には相応の罰を与える、それが社会というもの。

ちなみに俺の大学でも犯人はカンニングしていたらしいが…そこまでして大学に入りたいものなのかね、それとも癖になっちゃったのだろうか。


犯人の情報については諸説ある。

2月28日時点にて実名を挙げられていた人物は、やはり釣りだったようです。
ということで犯人逮捕されたのとコメントで指摘があったので、釣りだった人物の情報は削除しておきます。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : aicezuki 学芸大学 mixi twitter 毛塚 釣り 京大入試不正 

FC2スレッドテーマ : 気になったニュース (ジャンル : ニュース

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-353.html

2011/02/28 | Comment (6) | Trackback (1) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。