PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: 京都 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

ヒッチハイクをした話

   ↑  2013/02/20 (水)  カテゴリー: 日記・妄想
今日は久々に日記を書こうと思う。結構前の話。

周囲が必死に就職活動をする中、自分は完全に未来を見失っていた。夢を語るほど努力もしていなかった。実績も何も無い。既に夢を追う年頃ではないことに気付き始めていた。タイムアップだ。やがて人々に訪れる諦めの時が、訪れてしまった。これからは稼がなければならない。自分の手で。自分の足で。そして多忙に飲み込まれる。螺旋のような日常に足を踏み入れ、蟻地獄のようにズルズルと深淵へ引きずりこまれていく。

そんな人生がこの先に待っていると考えると、ゾッとした。恋もしていなかったし、結婚願望も無かった。結婚して、子供を作って、マイカーにマイホーム……なんて願望は全く無かった。ただ、自分という存在を認められたかった。芸術家として、文筆家として、詩人として、アーティストとして、とにかく何でもよかった。ただ、特別な存在になりたかった。ファンタジスタって言われてえよ。強いて言えばそんな感じだった。機械のように資本主義に飲み込まれるのはマッピラ御免、そんなのは虫どもと同じだろうがという考え方だった。厨二病をこじらせるとこうなる。

しかし現実を見るとどうだろう。俗物ども!俗物どもが!と周囲のマジメな人々を見下しながらも、自分はこれまでの人生、彼らと異なる証は何一つ手にしていなかった。ただ変人と言われるばかりで、賞のような確たるものは何一つない。小学校の縄跳び入賞と、中学の英検2級、普通自動車免許ぐらいだった。学校も、芸大でも音大でも何でもなく、クソのような俗物の集まったクソ田大学だった。大学も自分も嫌いだった。かといってクソ田大学の友人たちのようにメガバンクマンや証券マンになっている自分も全く想像できなかった。エリートサラリーマンになって美人とセックスしたりキャバクラに行く毎日よりも、芸術家のようなクリエイティブな毎日にあこがれた。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 京都 ヒッチハイク 放浪 自殺 

FC2スレッドテーマ : 日記 (ジャンル : 日記

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-452.html

2013/02/20 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。