PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: 仕組み の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

最高のライブイベント、最低のライブイベントとは。ブッキングライブを徹底的に科学する。

   ↑  2011/05/13 (金)  カテゴリー: コラム
今日は、バンドマンとして、ライブイベントの裏話をしようと思う。結論として、より面白いライブイベントを構成するにはどうすればいいのか、といった前向きな答えを導き出していこうと考えこの記事を書いた。
非常に長ったらしい内容の濃いブログになるので、時間がある時にでも読んでほしい。このエントリーをはてなブックマークに追加

インディーズで何回かライブに出てみて、本当にいろんなライブがあるな、と思う。
クソみたいにレベルが低いバンドばかり出るファッキン退屈なイベントもたくさんある。
そういうレベルの低いイベントがたくさんあることが、ライブハウスのイメージそのものを悪化させ、
「ライブハウスに行く」
という文化を腐らせているように思う(ZEPPやO-EASTなど大きなハコは別)

「週末にクラブに行く」
文化は根付き、毎晩のようにATOMやVUENOSが盛り上がっているのに、何故ライブハウスは盛り上がりに欠けているイベントが多いのか?

悲しいことだが、
小さなライブハウスでのライブは、
・出演バンドのレベルが低い
・出逢いがない
・知らないバンドを見る時疎外感がある
というイメージが根付いてしまっているからだと思う。

実際自分も、バンドを始めてから勉強の意味も込め結構な数のライブを見たが、
つまらないイベントがかなり多いように感じた。
見に行っても、ほんとにただ曲を5曲ぐらいやって、はい、次のバンド、はい、5曲。
ヘタクソだし、何も心動くものも無し。
金の無駄だと感じるだけ。

みなさんも、そういうイベントに呼ばれたことがあるかもしれない。
「知り合いだから見に来たのに、なんだよ、出てるバンド全部クソじゃん。こんなんだったらクラブ行ってナンパすりゃよかったぜ」
そしてリピーターは減り、文化は根付かなくなる。

その原因の一つに、ブッキングライブの抱える根本的な問題があると俺は思う。
今回は、そうした問題の起こる原因や暗い裏話と、一方で良質なイベントもあるという明るい側面と、両方見せていこうと思う。このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ライブ ブッキング ノルマ ライブハウス インディーズ チケット 仕組み 

FC2スレッドテーマ : 音楽的ひとりごと (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-381.html

2011/05/13 | Comment (4) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。