3
 

PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: 感想 の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

パシフィック・リムの感想と考察

   ↑  2013/08/20 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
まだ観ていない人のために、前半はネタバレ無し、後半は ネタバレありでレビューしていきます。

監督は「ギレルモ・デル・トロ
メキシコ出身の監督で、10年以上特殊メイクに関わった後に監督になるという異色の経歴の持ち主。
その経歴も活きてか、本作も「怪獣(Kaiju)」の造形のリアルさ、デザインの特殊性が大きな見どころのひとつになっています。彼の有名作の一つであるパンズラビリンスに出て来るパンのような、妙に人間味の感じられる独特の雰囲気をもったデザインの怪獣が数多く出てきます。妙にリアリティがあったりグロテスクに見えるのは、まさに特殊メイク業界での経験が活きているといえるでしょう。怪獣の血が吹き出る場面や脈うつ場面、しっぽが巻きつく場面など、非常にリアリティがありのめりこめます。

ただし、内容的には「パンズ・ラビリンス」的なリアル志向のグロテスク作品とは大きく異なり、近年の映画作品でいうとバトルシップに近く
「アクション性の高い近未来SF映画」
的な作品に仕上がっています。日本人が活躍する、海での戦闘が中心、未知なる生物が相手と、類似点がいくつかあります。

日本の要素が出る映画は非常に多くありますが、その多くが
「ワイルドスピードX3」
のように、どうみても日本じゃなかったり、日本人役の出演者がカタコトの日本語を喋ったりする中、この作品では
「菊地凛子」さん
「芦田愛菜」ちゃん
ら二人の日本人がきちんと日本人を演じてくれます。しかも、ヒロイン。
こうした大作で日本人が準主役級をやるのは非常に珍しいことだと思います。まずそこが見どころです。

公開前からわかる人はわかると思いますが、ウルトラマン等の日本の特撮や、エヴァやガンダムのようなロボットアニメのオマージュがわんさか、監督の男のロマンを体現したような映画です。そういう意味では「当時」ウルトラマン世代だった結構年齢層の高めな大人が観ても楽しめると思います。作品中にも、怪獣マニアの博士が出てきたりしますが、そういう人のこの映画の評価が気になるところではあります。ロボットアニメ、ロボット映画好きの自分にとってはかなり楽しめる映画でした。こいつバルタン星人じゃね?とか、特撮モノと比べて観ると更に面白いかもしれません。当時観ていたものがかなり高いクォリティになって劇場で観られる、となると、観くなる人はたくさんいるはずです。

この世界では、未知なる存在「Kaiju」と戦うロボットは「イェーガー(ドイツ語で狩人の意味)」と呼ばれています。このイェーガーのデザインや動きに関しては、賛否両論あると思います。

まず、ロボットアニメによくあるような派手な変身シーンや合体シーンは一切ありません。ガンダムのような尖ったアンテナやシャープな造形でも無し。戦闘もパンチが中心で、デザインも非常に地味でリアリティを重視しています。そういう意味ではややフロントミッションやアーマードコアに近いですが、何しろ巨大。巨大ゆえにかなり鈍重です。その上アーマードコアやフロントミッションのようなバーニアスラスターが無いため、基本的にスラスターは使用せず歩行での移動になります。歩く度街を踏みつぶす様はまるでウルトラマン。笑

日本のロボットアニメでいうと、ビッグ・オー的な重厚感があり、その重厚さ、鈍重さこそがイェーガーのウリですね。デザイン的には主人公機よりストライカー、チェルノの方が好きでした。ただ、肉弾戦中心の近距離タイプというポジションなのは男気があって素晴らしいと思います、「ジプシー・デンジャー(主人公機)」。

運転システムは、過大な負荷を分散させるため2人のパイロットによるシンクロ「ニューラル・ハンドシェイク」が必要という斬新なもの。それゆえコックピットも特殊な形になっている。その際に記憶の一部もパイロット二人で共有することとなり、そこが本作品の一つの大きなカギとなっている。

シンクロというとエヴァを思い出すが、そうしたロボットアニメのロマンを感じさせます。操縦システム的には、どちらかというとエヴァよりはアクエリオンの方が近いけど。
アクエリオンでは
「あなたと合体したい」
という下ネタがあったが、こちらの作品でも、
「君と結合したい」
「結合で大切なのは、心の繋がりだ」
というようなどう解釈しても下ネタに聴こえるような台詞がいくつか。

舞台は香港中心ですが、日本人の女優が出演するロボット映画ということで、日本人もワクワクでき共感できるポイントがいくつもあるため、必見。個人的にはかなり面白かったです。特撮オタク、ロボットマニアにとっても楽しめる映画だと思います。どちらかというと、女性よりは男性、しかもややオッサンの方が楽しめる映画かも。登場人物の心理描写はやや薄く内容も薄めですが、それを補ってあまりある「イェーガー」そして「Kauiju」の織りなすアクション。魅力的です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : パシフィック・リム 感想 考察 アクション 怪獣 菊地凛子 ネタバレ 映画 レビュー 

FC2スレッドテーマ : 映画情報 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-491.html

2013/08/20 | Comment (2) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

2013年FNS歌謡祭全出演陣みての感想と考察

   ↑  2013/08/01 (木)  カテゴリー: 日記・妄想
知り合いのバンドマン系や音楽が好きな人たちは殆ど観ていないこの番組。
「クソなやつらしか出ていないお遊戯会だろう」
そういう気持ちはわかるが、俺は結構こういう番組は好きだ。
酒を飲みながら色々とツッコみつつ、Twitter等で他の人のツッコみを観つつ観賞するのが通の楽しみ方だ。いい酒のツマミになる笑

最近では韓流要素も薄れ、今回はAKBと嵐がいないというのが今回一番大きな変化だった。
嵐やTOKIOが出ない一方でキスマイや山P等他のジャニーズは活躍した。嵐が出ないのは、ジャニーズの派閥の問題か、ギャラの問題か(嵐はギャラが非常に高いらしい)、過去にこの番組でイヤモニ等の関係で生歌失敗したからか理由はわからないが、日本に非常に多くいる嵐ファンにとってはガッカリな選択かもしれない。(恐らく年末では出るだろうが)

AKBはツアーを当てた(札幌ドームコンサート、ゲスト前田敦子)ため出れないという名目だが実際は生歌が放送に耐えられないという理由が大きいだろう。Perfumeが出ないのも同じ理由であると考えられる。個人的にはPerfumeは観たかった。2011年のように、10組近くAKBがコラボしたのは正直「またかよ、もっと他出せよ」という感じで不快だったしネット上でも同じ意見の人を非常に多く見たため苦情も多かったのかもしれない。フジテレビはお台場合衆国や総選挙などAKBとベッタリなイメージなので、今回出なかったのは正直意外だが、個人的には評価できる選択。

今回は、
・韓流を減らした(韓国とベッタリなフジのイメージからの脱却)
・生歌主義にした(上手い人、下手な人がわかりやすくライヴ感が増した)
・幅広い事務所から出し偏りが減った(アミューズのアーティストが出なかったのは気になったが、Mステのような露骨な偏りは無かった。やはりスポンサーがエイベックスなこともありエイベ系は多かったが許容できる範囲内だった)
・例年のように1アーティストが8~10回出演のような露骨さが無かった
・ゴリ推しといわれる剛力さんが出なかった
・やはりコラボが多かった(特に過去の名曲といわれる曲は耳にタコができるくらいよくテレビで流れるので飽きているため、コラボで新しいアーティストに歌わせたりすることで中高年や老人以外も退屈せずみられるようになっていた。)
・他の番組ではクソほどある露骨な番宣が殆ど観られず番組単体で楽しめるようになっていた
等評価できる点がたくさんあった。家族で安心して観られる音楽番組になっていると思う。Twitterも、普段テレビをあまり見ない層ですら盛り上がっていた。Twitterがあることで番組をより楽しめるようになった。
ツッコミどころという意味では紅白よりも面白いかもしれないと思ったし、年末のレコ-ド大賞とかいうクソ番組よりよほどこちらの方がヤラセ感が無く楽しいと感じた。

一方で今回不満だったのは、森高千里やパフィーやTRFやきゃりーぱみゅぱみゅなど二曲やる人がいた一方で、平原綾香や清水翔太、浜田麻里やBENIなど、一曲のみの参加でコラボが少ない人たちがいたこと。特にぱみゅぱみゅのコラボは観てみたかったがキャラが崩壊しかねないので参加しどころが難しいのはあるかもしれない。

曲の選出はまだまだ一考の余地がある。渡部直美のような驚きのあるコラボや、miwaと橘さんの「失格」のようなコラボがもっと増えると番組は面白くなるだろう。

■今回でなかった意外な人たち
「嵐」
「AKB48」
「ゴ-ルデンボンバー」
「News(テゴマスは出たのでグループで出なかったのは意外)」
「いきものがかり」
「福山雅治」
「平井賢」
「コブクロ」
「Perfume」
「aiko」
「ソナーポケット」

■でたら面白かったんじゃないかと思う人たち
「三浦大知」
「Winds」
「宇多田ヒカル」
バンド系は赤い公園の人ぐらいで、B'z、ラルク、ミスチル、サザン、ポルノグラフィティ等は出ず。そういう意味ではやや豪華さが薄かった。MIYAVIは出たがコラボオンリーで自分の曲はやらずという感じ。

番組自体が家族で観る音楽番組という雰囲気で構成されているため、とにかく祭りの明るさ意識で構成された番組なので、歌謡曲やポップス色が強いのも無理はない。バンド系はそういう意味ではこの番組らしくないといえばらしくないが年末はもう少し豪華にするだろうことが予測できるので、サザン等が出る可能性は十分ある。

「80曲中68曲を生演奏予定56曲が名曲のコラボレーション!」
との売りの通り、異色コラボから正統派コラボ、歌謡曲から最近のヒット曲、アイドルソングからアニメソングまで幅広く対応している音楽番組になった。

フジテレビにはいい印象がないが、近年この番組に関しては特定事務所をひいきしすぎている印象も無く幅広い人間を出すため素直に楽しめるので好きだ。音楽としては、本格派のバンド系や実力はあるがテレビにはあまり出ない人たちは出ず、たまに出ても自分の曲は歌わないので、あくまで大衆意識で作られている印象はある。

このコンセプトで番組を作り続けてくれるのならば、年末のFNSも期待できる。
嵐やサザン、B'z等出る可能性があるのでまた出演者の変化とツッコミを楽しめそうだ。

この記事に含まれるタグ : 2013年FNS歌謡祭 FNS歌謡祭 出演者 感想  

FC2スレッドテーマ : 日記 (ジャンル : 日記

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-488.html

2013/08/01 | Comment (4) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

池袋admでライブやってきたのでその時の話。

   ↑  2013/04/08 (月)  カテゴリー: バンド活動
昨日は池袋admでライブだった。
今回はギターの出所後初、しかも2年ぶりのライブだったので、シャバの空気を吸える喜びと、音楽ができる喜びとを全身で味わうことができた
ライブの本数自体は少ないが活動の長さから、最近序々に大御所の雰囲気が出つつある。

この記事に含まれるタグ : 池袋adm ライブ 感想 

FC2スレッドテーマ : ライヴレポ・感想 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-471.html

2013/04/08 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

『小説家を見つけたら』の感想【映画レビュー】

   ↑  2013/02/28 (木)  カテゴリー: 映画レビュー
こんにちは。今日も今日とて映画レビュー。紹介するのは微妙にヒットしていない映画ばかりで、ブログのアクセスは増えない自己満足。笑

TSUTAYA旧作コーナーで借りてきた
『小説家を見つけたら』
についてレビューします。特に考察することはないので、感想のみ。

あらすじ・解説

NYのブロンクスで暮らす16歳の黒人少年ジャーマル・ウォレス(ロブ・ブラウン)は、プロのバスケットボール選手を夢見るかたわら、大好きな小説を書き続けていた。そんな彼の才能に気づいた学校側はウォレスをエリート私立高校へ転入させる。それと同時期、彼は学校の近くに住む偏屈な謎の老人(ショーン・コネリー)と交流を持つようになる。それは偶然、ウォレスが書いた文章を読んだ老人が感想を走り書きしたことから始まった。やがてウォレスは、その老人が有名な小説家だということを知るが….。
(goo映画『小説家を見つけたら』より引用)

この記事に含まれるタグ : 小説家を見つけたら 映画 レビュー 感想 

FC2スレッドテーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-456.html

2013/02/28 | Comment (0) | Trackback (2) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

時計じかけのオレンジの感想と考察【映画レビュー】

   ↑  2013/02/22 (金)  カテゴリー: 映画レビュー
皆さんこんにちは。今日は、『時計じかけのオレンジ』という映画のレビューをしようと思います。

映画通の友人に
「いままで観て一番印象に残った映画を教えて。」
と聞いたところ勧められた、この映画。確かに、強烈なインパクトでした。


あらすじは時計じかけのオレンジ(Wikipedia)に詳しく載っています。

以下ネタバレ↓

この記事に含まれるタグ : 時計仕掛けのオレンジ レビュー 感想 

FC2スレッドテーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-455.html

2013/02/22 | Comment (2) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。