PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: 政策比較 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

2012年衆院選、投票先を決めるために政策比較等のサイトを紹介してみる。

   ↑  2012/12/15 (土)  カテゴリー: コラム
いよいよ明日ですね、投票日。このエントリーをはてなブックマークに追加
今回の選挙、ツイッターにおいてスガシカオさんやマキシマムザホルモンのナヲさん、蒼井そらさんなど影響力のある芸能人が投票についてツイートしていたりと、今までの選挙と少しカラーが異なるように感じます。

原発、TPP、尖閣、竹島に震災復興、増税に基地問題と、政治が絡んだ大きなニュースがかなり多かったために、国民の政治への関心が高まっているのも原因の一つだと思います。投票数が上がればいいですね。

当日や期日前に仕事や用事が入って行けない人についてはわかります。
しかし、
「投票したいところがないので投票しない」「嫌な政治家に投票したくないので白票で出す」
という人をたまに見かけます。

そうした意思表示が日本を何か変えるでしょうか?
投票率が下がったり無効票が増えると、結果として、信者の固定票を獲得できる宗教政党や、特定大企業の支持を受けた政党など、
「固定票を受けられる政党」
が強くなってしまいます。

そうしたことを防ぐためにも、投票率を上げることは必要だと思います。白票が多くなっても政治は変わりません。支持する政党が無いのなら自分たちの組織から擁立するのが一番です。それが出来ないのならば、少しでもまともな党に票を入れましょう。政策を比較すると、各党かなり特色があるのがわかります。

しかし、実際のところ、政党がいっぱいありすぎて(政党一覧)、どの政党、どの人に投票すればいいかわからない。
社会人で忙しいし、調べる時間も無いし、わざわざ調べるのも面倒臭い。
という人がおおいと思います。そうした人のために、政党ごとの政策比較をしているサイトを集めてリンクしてみます。以下、参考にどうぞ。


時間の無い人、面倒臭がりな人は
マニフェストマッチ(Yahoo!みんなの政治)
を利用するといいだろう。
分野別に各党が掲げている政策が並べられているので、自分の考えに最も近い政策を選び、「支持する」ボタンを押して次の分野に進み、結果としてそれぞれの分野でどの政党の政策を選んだかわかるというわけだ。
2012年22時現在の参加者は375,218人。結構な人が利用していることになる。

よりわかりやすく政策を知りたいという方は、政党ごとに政策を比較しているサイトを利用することをお勧めする。

2012-12-15 各党の政策の違いを日経で概観してみた(シェイブテイル日記)
個人ブログだが、情報ソースに日経を使っているため信頼できる人も多いだろう。画像が多く線グラフや円グラフで細かく述べられているので非常にわかりやすい。読むのに時間もかからないし詳しく述べられているので、おすすめだ。

その他、
各党の政策比較表参考ページまとめ【2012年衆院選】(NAVERまとめ)
も参考になった。

本ブログ記事が必要ないくらい多くの比較サイトの情報が載せられていた。
・各党の公式サイトと政権公約等PDFページ
・比較総合
・TPP
・経済・金融政策
・原発
・憲法
・消費税
・ジェンダー
・外交・安全保障
・子育て
・地方・地域活性
・公共事業
と、それぞれ項目ごとにまとめられたサイトを紹介していて、非常にわかりやすい。特別気になる項目、たとえば原発関連はもう少し詳しく知りたいという方がいたら、こちらをチェックしてみるといいと思う。

衆院選・主要政党のマニフェスト比較(時事ドットコム)
項目が少ない分非常にわかりすい。時間の無い人はこちらを参考にどうぞ。ただ、維新、未来とみんなの党が無いのが気になる。今回の選挙では、自公と民主以外選択肢を選びたい人間にとっては、社民や国民新党より、みんな、維新、未来の新党の政策を気にしている人も多いはずだ。

2012選挙政党別主要公約比較表(概要)(Multi-Columns)
個人ブログ的な造りではあるものの、グラフになっており非常にわかりやすい。政治が関わる場合、必ずしも大手マスメディアが信頼できるとは限らない。というのも、個人と同じように、メディアごとに利害に絡んだ政党を応援するようになっているため。

予想議席、TPP、原発、消費税、経済政策、日銀、外交、歳入庁、国民番号とそれぞれ政策ごとに政党がどのような立場をとっているかわかりやすく紹介されている。ただ、項目が多い文一つ一つの情報は薄い。賛成反対のみで描かれているところはもう少し細かな情報が必要な気がする。消費税に関しては賛成、反対のみで書かれているが、実際には条件付きで賛成といったところもあり少しわかりづらい。賛成と反対の二つで分けられるほど政治はシンプルではない。

同じことは
第46回衆議院議員総選挙-衆議院選挙2012- 政策比較一覧
のサイトでもいえる。わかりやすすぎる弊害として、各政党の意見が曲解されるおそれがある。

また、賛成か反対かのみを挙げる場合、対案を述べる必要が無いため、やや理想主義的な政党が強くなり、現実路線の政党は印象が悪くなる傾向があると思う。ただ、このサイトでは政策のPDFもリンクにあるので、詳しく観たい人はそちらも参照できる。ただ、そうした根気のある人が果たしてどれだけいるかは疑問。

衆議院選挙2012「政党情報&マニフェスト・公約比較表(政治山というサイト)
写真つきのグラフになっており、見やすい。色々なサイトを調べたが、このサイトは見やすい方といえるだろう。政策もかなり細かく分かれて紹介されている。ただし、維新の党や国民新党、大地やみんななど、主要といえる第三極が欠けているのが気になる。このサイトだけでは不十分だろう。

政党比較してみた (さーしゃさんのつぶやき)
個人ブログだが、各政党のHPから抜粋したものや新聞記事から抜粋した情報を基にわかりやすいグラフを作成して画像にしてアップしてある。政党ごとに非常に細かく書かれており、参考になる。

項目も多く、経済対策、社会保障、TPP、エネルギー、教育、外交から個人的メモまである。また、わかりやすい文章で書かれているためありがたい。このサイトでの比較を観ていると、第三極の中で、ネットでは殆ど政策情報を仕入れられない党もあるようで、今の時代にそれは……と少し思ってしまった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 政党 政策比較 2012 衆院選挙  政治 

FC2スレッドテーマ : 政治 (ジャンル : 政治・経済

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-439.html

2012/12/15 | Comment (5) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。