PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: 業者ファック の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

業者からの…

   ↑  2009/03/18 (水)  カテゴリー: 日記・妄想
ブログを開設して間もないが、業者からのトラバやメッセージは順調に来ている。

あぁいうのは基本的にwebを巡回し書き込みをするシステムか、アルバイトによるものだと思うが、コストはそれなりに払っているはずだし、犯罪のリスクを背負うわけだから、それ以上の広告効果が見込まれるということなのだろう。思わずクリックしてしまう男の煩悩がそれだけ物凄いということを物語っている。

俺は業者の貼ったURLには飛ばないので、このHPに来たことは徒労ということになる。資本主義社会において徒労ほど無駄で切ないものはないので、徒労を徒労にしないよう、相手の徒労を全力でたのしんでみる。





まず、眺めて楽しむ。






…飽きる。
すぐ、飽きる。
何か他に楽しむ方法はないものか。





よし。








返信してみる。

書き込みは、脈絡がないものが殆どなので、「どうも」「書き込みありがとう」など他愛のないものを返す他ない。



そして、物語は始まる。
…これは、業者の書き込みシステムと俺との、奇妙な友情物語である…






きっかけは、どこにでもあるくだらない書き込みだった。

「ここ、すごいよ
http:…(省略).ne.jp」

お。記念すべき一回目の書き込みは、業者かぁ~。

業者からしかコメントないのも寂しいもんだな。

寂しさを紛らわすために、返事をしてみる。

「どうも。これからもおすすめのところ教えてくださいね。」

こんな感じか。無難だが、こんなもんだろう。

お、まただ。

「人妻と××できる秘密の場所
http:…(省略).ne.jp」

「またどうも!さっきと同じURLだし同じ人かな?アダルトな書き込みはやめて!」

…こうした意味のないやりとりがしばらく続いた…


はぁ…。
俺、何やってんだろ…。



三菜子さん…


「どうした?浮かない顔して
http:…(省略).ne.jp」

ん?なんだこの書き込み。

「…好きな人いんだけど、今、どこにいるかわかんねぇんだ。」


まともに返す俺。
はぁ…くだらねぇ…

「フラれたのか?
http:…(省略).ne.jp」


…ん?

まさか、意思があるってわけじゃ、ないよな…



よし、返信してみるか。

「…ああ…フラれたよ、見事にな。」



よし。
























妄想の話です。そんなことあるわけないでしょう。クソどもが!
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 妄想話 業者ファック 

FC2スレッドテーマ : ヒトリゴト (ジャンル : 小説・文学

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-4.html

2009/03/18 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。