PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

キャットフードの危険性!?~良質なフード・危険なフード~

   ↑  2013/02/28 (木)  カテゴリー: 猫のいる生活
今日はちょっと趣向を変えて、猫画像ではなく、キャットフードの危険性について書いていこうと思います。

というのも。たまたま書店で『食べてはいけない!ペットフード大解剖』という本を手に取ったことがきっかけ。もちろん、全てのペットフードが危険というわけではないようなのですが、危険なペットフードがあるというだけで、ちょっと驚きました。


本を読んでいると、
総合栄養食。もしそのようなものがあったら、世界で飢え死にかけている子供にあげたい。加工品のドライフードは即席ラーメンと製法が似ている。お湯を注ぐだけで栄養がまかなえる総合栄養食と書いてあってもあなたは信じないだろう。(やや文章を省略して引用)』
というようなことが書かれていた。確かに、保存がきいて、それを食べるだけで栄養がまかなえる食事というのは夢のようであり、実際にそのようなものが有り得るのかと不安になった。それから気になって色々なフードの成分表を見ると、怪しげな化合物が入っているフードが結構ある。

日本ではあまり報道されないが、海外ではサルモネラ菌の温床であるとか、メラミン事件だとか、大手メーカーも含め結構回収事件が起きている(アメリカや台湾)らしい。具体的な例を挙げると、
・2007年:ナチュラルバランス (米)がボツリヌス中毒の恐れで犬用フードをリコール(日本ではリコール無し
・2007年:サンライズ社の「ほねっこ」「ふっくらソフト」の偽造表示が内部告発で明らかになる、BSEプリオン回収劇、マスターフーズカビが生えて回収、等々
その他にも数多くの偽造、回収問題があった。

詳しくは『ワンコLOVE/セカンド/リコール・偽造』のサイトをどうぞ。個人ブログだが、さまざまな事例が載っていた。

ペットフードの危険性(犬猫自然食本舗)のサイトにも危険性について詳しく載っていた。

こうした事実を知ると、ペットフードに対して懐疑的にならざるを得ない。確かにペットフードが導入されてからペットの平均寿命は延びたといわれている。塩分過多な人間のねこまんまや残り物を食べていた頃よりは幾分マシなのは事実だろう。しかし寿命が延びたのがペットフードのおかげとは一概に言えない。飼い方が広く浸透したこと、室内飼いが増えたことや動物病院が増えたことも原因としてあるだろう。ペットフード安全法が施行されるなど法整備も進んでいるようだが、『悪質なペットフードがある』という事実は知っておいて損はないと思う。

では、どうすればいいのか。大きく分けて二つの方法があると思う。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ :  キャットフード ペットフード 悪質 良質 おすすめ 

FC2スレッドテーマ : 猫のいる生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-458.html

2013/02/28 | Comment (1) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

子猫EVEYの画像集(生後3か月)

   ↑  2013/01/17 (木)  カテゴリー: 猫のいる生活
こんにちは。
総理大臣が変わり、中韓との関係や円安に焦点が当たりつつある今年ですが、新年一発目であるこの記事では、そうした話題は一度おいておいて、自分の飼っている猫がいかに可愛いかについて皆さんに紹介したいと思います。
10月から猫を飼っています。名前はEvey(イヴィー)といいます。映画V for Vendettaでナタリー・ポートマンが演じていたヒロインから名前を取りました。普段はイヴィとかイビちゃんと呼んでいます。
元は野良なので種類は分からず。雑種で、ベンガルかアメショーに近いかなと思いますがどうなんでしょう。野性味はかなり強い気がします。

まぁそうした細かい諸々はともかく、画像で紹介していきたいと思います。

画像がたくさんになるので、パケット定額でない方(さすがにいないと思いますが)は早めにブラウザバックした方がいいと思います。

では、どうぞ。このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に含まれるタグ :  子猫 cat kitty 画像 

FC2スレッドテーマ : 猫のいる生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-443.html

2013/01/17 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

【猫のいる生活】猫を飼いはじめました。画像たっぷり。

   ↑  2012/11/27 (火)  カテゴリー: 猫のいる生活
皆さんこんにちは。
実は、先月より猫と共同生活をはじめました。

飼い始めの準備や必要なものなど書いていくので、これから猫を飼おうという方も参考にどうぞ。

猫との出逢い。


猫を飼う場合、出逢い方はいくつかあると思います。

・野良猫
野良猫は、地域によっては苦情などが入り保健所、動物愛護センターへ送られ、里親が見つからない場合殺処分されてしまうことがあります。そうした悲惨な猫を増やさないためにも、まずはペットショップよりも野良や保健所で探すことをおすすめします。
平成22年度は保健所から45807匹が引き取られ、 160134匹が処分されました。
年間に16万匹が殺されているわけで、そうした現実がある中で保健所に行かずペットショップに行く人が多いのも現実だと思います。

(殺処分についての詳細は
犬や猫の殺処分について
ここ。
)

野良猫は、悪質なブリーダーや、子猫期間に人の臭いがついてしまい親に育児放棄された猫、飼ってみたものの引っ越し先が猫禁止で引き取り先が見つからず放棄された猫、野良×野良の完全なる野良猫、などなど様々な事情で地域をウロついています。保健所に連れて行かれる前に保護するのもいいでしょう。
また、保健所に行けば里親を求め泣いている猫がたくさんいると思います。杉本彩さんなんかも、こうした猫を保護しているらしいですね。

野良猫の場合、回虫やウイルスをもっている場合がありますので、保護してすぐに動物病院に行って虫下しを貰うといいと思います。ウイルスの注射等大体初診料も含め5000円前後でやってもらえると思います。

また、幼年期に親から離された場合、じゃれる時の噛み方を親猫が教えていなかったりするので、じゃれて噛みついてきて痛かった場合、飼い主である人間が親代わりになって「痛い!」と大きな声で叫ぶといいらしいです。

・ペットショップ
飼うとなるとまずここを選ぶ人が多いでしょう。
ペットショップでは、子猫期間が過ぎて売れなくなると前述の保健所へ送られ殺処分されるところも多いらしく、それもペット業界の残酷な現実。悪質な店舗や良質な店舗等、店によっても違うとは思いますが。

・里親募集中
TwitterやGoogleで「里親募集中 猫」と検索してみましょう。
里親を求めている猫さんがたくさんおられます。
ブリーダーのように、何匹も保護しては里親を募集している良心的な方もいるようで、そうした方に連絡をとり交渉をするのもいいでしょう。中にはしつけ等も予めしっかりとしてくれている人もいるようです。

・ブリーダーと交渉
現在ではブリーダーの方が個人でブログやHPをもっている場合も多くあります。
例えば「ターキッシュアンゴラ ブリーダー」「アメリカンショートヘアー ブリーダー」
のように検索してみるのもいいでしょう。


自分が飼い始めた猫は、元々野良でした。
友人の上司がカラスに襲われていた子猫をいったん保護し、里親を募集していたところ、自分が引き取ることにした、というわけです。

この記事に含まれるタグ :  イヴィー 画像 写真 飼い方 用意するもの トイレ 爪とぎ しつけ 

FC2スレッドテーマ : 猫のいる生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-437.html

2012/11/27 | Comment (2) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

吾輩は猫になる。

   ↑  2011/10/18 (火)  カテゴリー: 日記・妄想
月曜日。猫と秘密の散歩をした。このエントリーをはてなブックマークに追加
猫は、元々好きだった。猫の、好奇心旺盛で、気まぐれ、甘え上手な生き方に憧れる。
自分は、猫のような人間が好きだ。自分も、常に猫のようにありたいと考えている。
昔、恋人に
「猫っぽいよね。」
と言われた時に、
「ああ、前世、猫だったからね。ねこうかん日記つけるか。」
といって、表紙が猫の交換日記をつけ合っていたことがある。
それくらい好きだ。
だがそれ以上になにより、猫は可愛い。とにかく可愛い。
そうした理由で猫は元々好きではあったのだが、近年、以前にも増して猫が好きになりつつある。
理由は、帰り道、寄ってくる猫の存在だ。
深夜歩いている時、猫が寄ってくる経験は、前にも二度ほどあった。
しかし正直、昨日ほど猫を可愛いと思ったことは無かった。
順を追って話そう。

一度目は、自宅の目の前。


帰りがけ、道路のわき道を歩いていると、にゃあ、にゃあ。
という声がした。
振り返ると、そこには白い子猫がいた。
かよわい声でにゃあ、にゃあ、と鳴きながら、その猫は自分に寄ってきた。
可愛い!
一目で、その子猫の虜になった。
Patrik(以下、P)「こんばんは。お元気ですか。」
猫『にゃあ。』
P「親はどこですか?」
猫『にゃあ。』
P「おなかすいてるんですかね?」
猫『にゃあ。』
餌、持ってないぞ。でも、こんなに人に懐くってことは、どっかの家の猫なのかな。
俺が立ち止まると、その猫は自分の周りをくるくる回り始めた。
ウワ、ウワ、ウワ!
かわいすぎて失神しそうになる自分を抑えながら、その猫の相手をすることにした。
歩いてみると、にゃあにゃあ鳴きながらついてくるので、
とりあえず車通りのない公園に移動し、座ると、猫が自分の足にすりすり顔をこすりつけてきた。
なで、なで。
そしてその後、自分の周りをぐるぐる回る子猫。

可愛い!

あまりに可愛いので、これを誰かと共有しようと、
近所に住む幼なじみに、
「マンションの公園に猫がいる!可愛い!」
メールをすると、すぐさま幼なじみがやってきた。猫が見てみたくなったのだろう。
幼なじみもかなり可愛い(人類ではトップレベル)のだが、猫は人間とはまた違った、異様な可愛さがある。
人間の赤ちゃんのような愛くるしさが、生まれてから死ぬまでずっと続くのが猫だ。そのため自分は猫ばかり見ていた。言うまでもなく幼なじみも猫ばかりを見ていたと思う。
何しろ、甘えん坊で、悪魔的に可愛い猫だったのだ。
幼なじみも、この猫の可愛さの虜になっているようだった。

(どうする?このまま猫を連れ去るか?いや、待て。ここまで人懐っこいということは、近所の誰かが可愛がっている猫に違いない。倫理的に問題だ。しかし、、)

そんなことを考えている時だった。
幼なじみと自分の親が登場し、さ、夜遅いし帰ろう、そんなムードが。
後ろ髪をひかれながらも、泣く泣く猫とバイバイし、子猫との幸せな時間は終わりを告げた。
最高に癒された時だった。
それ以来、その猫の姿は見ていないが、きっと、近所で飼われている猫なのだろうと思う。
あぁ、飼い主が羨ましい。

それ以来、帰り道で猫を探しては、積極的に挨拶をするようになった。
もちろん、挨拶を返してくれる猫だけではない。
殆どの野良猫は、近づくと警戒して離れて行ってしまう。
そのため、少し距離を置きながら、様子を見る。
しかし、距離を置いたまま寝てしまう猫や、こちらには目もくれずどこかへ行ってしまう猫も多く、
なかなか「なでなで」まで至らなかった。
女性と似ている。笑。

とにかく、寄ってくる猫というのは、珍しい。
いろんな猫に出逢う度、それを実感した。

二度目、三毛猫さんの巻。


深夜、歩いて帰っていると、家と家の隙間の奥の方に、三毛猫がいた。
目が合うと、
「にゃあ。」
と言いながら、こちらに寄ってきた。

人懐っこい!

俺の膝に、顔をすりすり!
そしてくるくる周りを回り出した。
でた!すりすり&ぐるぐる。
しばらく二人で濃密な時間を過ごす。(時刻は実に23時過ぎ…完全に変質者。)

三毛殿、有難う。
幸せな時を過ごすことができましたよ。

帰る時は、正直離れ離れになるのが辛かった。

、、、そして、ここからが重要、月曜日の話だ。
昨日、自分は素敵な猫様と出逢い、二人で長い長い散歩、探検をした。
思い出深く、語るべきことの多い散歩だ。
それをこれから語っていこうと思う。




この記事に含まれるタグ :  ターキッシュアンゴラ 野良猫 飼い猫 懐く  

FC2スレッドテーマ : 猫のいる生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-411.html

2011/10/18 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。