PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: 考察 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

パシフィック・リムの感想と考察

   ↑  2013/08/20 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
まだ観ていない人のために、前半はネタバレ無し、後半は ネタバレありでレビューしていきます。

監督は「ギレルモ・デル・トロ
メキシコ出身の監督で、10年以上特殊メイクに関わった後に監督になるという異色の経歴の持ち主。
その経歴も活きてか、本作も「怪獣(Kaiju)」の造形のリアルさ、デザインの特殊性が大きな見どころのひとつになっています。彼の有名作の一つであるパンズラビリンスに出て来るパンのような、妙に人間味の感じられる独特の雰囲気をもったデザインの怪獣が数多く出てきます。妙にリアリティがあったりグロテスクに見えるのは、まさに特殊メイク業界での経験が活きているといえるでしょう。怪獣の血が吹き出る場面や脈うつ場面、しっぽが巻きつく場面など、非常にリアリティがありのめりこめます。

ただし、内容的には「パンズ・ラビリンス」的なリアル志向のグロテスク作品とは大きく異なり、近年の映画作品でいうとバトルシップに近く
「アクション性の高い近未来SF映画」
的な作品に仕上がっています。日本人が活躍する、海での戦闘が中心、未知なる生物が相手と、類似点がいくつかあります。

日本の要素が出る映画は非常に多くありますが、その多くが
「ワイルドスピードX3」
のように、どうみても日本じゃなかったり、日本人役の出演者がカタコトの日本語を喋ったりする中、この作品では
「菊地凛子」さん
「芦田愛菜」ちゃん
ら二人の日本人がきちんと日本人を演じてくれます。しかも、ヒロイン。
こうした大作で日本人が準主役級をやるのは非常に珍しいことだと思います。まずそこが見どころです。

公開前からわかる人はわかると思いますが、ウルトラマン等の日本の特撮や、エヴァやガンダムのようなロボットアニメのオマージュがわんさか、監督の男のロマンを体現したような映画です。そういう意味では「当時」ウルトラマン世代だった結構年齢層の高めな大人が観ても楽しめると思います。作品中にも、怪獣マニアの博士が出てきたりしますが、そういう人のこの映画の評価が気になるところではあります。ロボットアニメ、ロボット映画好きの自分にとってはかなり楽しめる映画でした。こいつバルタン星人じゃね?とか、特撮モノと比べて観ると更に面白いかもしれません。当時観ていたものがかなり高いクォリティになって劇場で観られる、となると、観くなる人はたくさんいるはずです。

この世界では、未知なる存在「Kaiju」と戦うロボットは「イェーガー(ドイツ語で狩人の意味)」と呼ばれています。このイェーガーのデザインや動きに関しては、賛否両論あると思います。

まず、ロボットアニメによくあるような派手な変身シーンや合体シーンは一切ありません。ガンダムのような尖ったアンテナやシャープな造形でも無し。戦闘もパンチが中心で、デザインも非常に地味でリアリティを重視しています。そういう意味ではややフロントミッションやアーマードコアに近いですが、何しろ巨大。巨大ゆえにかなり鈍重です。その上アーマードコアやフロントミッションのようなバーニアスラスターが無いため、基本的にスラスターは使用せず歩行での移動になります。歩く度街を踏みつぶす様はまるでウルトラマン。笑

日本のロボットアニメでいうと、ビッグ・オー的な重厚感があり、その重厚さ、鈍重さこそがイェーガーのウリですね。デザイン的には主人公機よりストライカー、チェルノの方が好きでした。ただ、肉弾戦中心の近距離タイプというポジションなのは男気があって素晴らしいと思います、「ジプシー・デンジャー(主人公機)」。

運転システムは、過大な負荷を分散させるため2人のパイロットによるシンクロ「ニューラル・ハンドシェイク」が必要という斬新なもの。それゆえコックピットも特殊な形になっている。その際に記憶の一部もパイロット二人で共有することとなり、そこが本作品の一つの大きなカギとなっている。

シンクロというとエヴァを思い出すが、そうしたロボットアニメのロマンを感じさせます。操縦システム的には、どちらかというとエヴァよりはアクエリオンの方が近いけど。
アクエリオンでは
「あなたと合体したい」
という下ネタがあったが、こちらの作品でも、
「君と結合したい」
「結合で大切なのは、心の繋がりだ」
というようなどう解釈しても下ネタに聴こえるような台詞がいくつか。

舞台は香港中心ですが、日本人の女優が出演するロボット映画ということで、日本人もワクワクでき共感できるポイントがいくつもあるため、必見。個人的にはかなり面白かったです。特撮オタク、ロボットマニアにとっても楽しめる映画だと思います。どちらかというと、女性よりは男性、しかもややオッサンの方が楽しめる映画かも。登場人物の心理描写はやや薄く内容も薄めですが、それを補ってあまりある「イェーガー」そして「Kauiju」の織りなすアクション。魅力的です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : パシフィック・リム 感想 考察 アクション 怪獣 菊地凛子 ネタバレ 映画 レビュー 

FC2スレッドテーマ : 映画情報 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-491.html

2013/08/20 | Comment (2) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

エヴァンゲリオン劇場版Qの感想と考察(ネタバレあり)【映画レビュー】

   ↑  2013/02/12 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
今回の記事は観ていない人向けには書いていないのでネタバレがあります。まだ観ていない方はブラウザバックして劇場へと向かってください。

池袋の映画館にて一人で観てきました。自由席だったのでいい席がとれるか不安でしたが、平日のレイトショーだったからか、公開からだいぶ日がたっているからか、チケットの購入が早かったからか、ほぼ一番乗りで劇場に入ることができました。一人で映画観に入る気分は最高ですね、独占したような、貸し切ったような、そんな気分になりました。そして流れる宇多田ヒカルの「桜流し」、名曲だと思います。上映前からかなりエヴァの世界に入り込めた。

で、肝心の本編。まず始まったのは、特撮による巨神兵ムービー。映像はともかく流れる詩がラノベ的軽さ、稚拙でうすら寒く感じてしまった。なんかいいこと言おうとしてますよ的な。壮大さよりも独善的な狭くるしさを感じてしまった。若い人が書いたのかなっていう。

良かった点。造り物の犬がぴくぴく動いているのはなんだかNHKの教育テレビのハッチポッチステーションなどのオープニングを思い出し懐かしくなった。これぞ特撮。CGは使っていないらしいが映像はすごかった。巨神兵は、おっきくなったエヴァという感じ。臨場感はあった。文章はどうしても受け付けられなかった。

この記事に含まれるタグ : エヴァ Q 感想 考察 深い 

FC2スレッドテーマ : 日本映画 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-449.html

2013/02/12 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

ライフ・オブ・パイ考察と感想~作品に込められた隠喩の数々~【映画レビュー】

   ↑  2013/02/04 (月)  カテゴリー: 映画レビュー
ライフ・オブ・パイ、観てきました。非常に面白かったと思います。予告では全く想像できなかった拡がりが待ち受けていました。いい意味で裏切られた、という感じ。予告にあるような、虎と少年の友情感動物語を期待すると、面喰らうことになるでしょう。推測により補完する内容が数多くあるので、行間を読めないような人が観るとただのわかりづらいクソ映画になるかも。レビューを観ていると、内容を全く理解しないで糞と言っているものもあり、それは残念だと思った。

この記事は、映画の感想と考察のまとめになります。後半はネタバレになってしまいますので、ご注意ください。

おおまかなあらすじ(ネタバレ無し)


1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙っていて……。(シネマトゥデイ)

以降完全にネタバレになるので、
まだ映画をご覧になったことがない方は、まず
映画ライフ・オブ・パイ公式サイト
を参照の上、映画を観てから、以下を読むようにしてください。このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に含まれるタグ : ライフ・オブ・パイ 隠喩 考察 感想 

FC2スレッドテーマ : 映画の感想 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-447.html

2013/02/04 | Comment (11) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

ミストの感想と考察【映画レビュー】

   ↑  2012/09/04 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
最近結構たくさんの映画を観ているが、その中でも特に面白かった
『ミスト』
について考察していこうと思う。ネタバレ有りだから注意。

壮大なテーマを、世界を巻き込んでやるような映画は、安っぽい娯楽映画になりがちだと思う。家族やカップルで観るのには最適だが、観終わった後に面喰ったり考えさせられたりという深みは残らない。
逆に、この映画のように、
「壮大なテーマを、狭い場所を中心に語る」
話は、場面展開が少ない分、人物の心理描写が深くなり、結果的に深みをもった作品が多くなるように思う。ドストエフスキーの罪と罰なんてのは、まさにその代表格。
家族連れやカップルには薦めたくないが、映画が好きな人には薦めてみたくなる映画だ。


この記事に含まれるタグ : ミスト 映画 批評 評論 感想 考察 宗教 

FC2スレッドテーマ : 映画 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-430.html

2012/09/04 | Comment (5) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Vフォーヴェンデッタの感想と考察【映画レビュー】

   ↑  2012/08/21 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
個人的に復讐譚は好きです。
最近ハマったダークナイトもある意味そうですし、長いことハマっているベルセルクなんかも。
作品で取り上げられている岩窟王もそうですが、最近読んだものだと江戸川乱歩の「白髪鬼」なんかも非常に面白く読めました。
というわけで、ヴェンデッタ(復讐)の名の通りの見事な復讐譚、
Vフォーヴェンデッタ、個人的にはかなりツボでした。
ネタバレあります。これから観る予定の人は気をつけて。
といってもVの正体など核心的な部分には触れませんが。

これを聴きながらどうぞ。
JULIE LONDON - CRY ME A RIVER

劇中で、Vの部屋(シャドウ・ギャラリー)で流れた曲。

不満な点はいくつかあります。
例えば冒頭の爆破シーン。少々合成がわざとらしすぎる点が気になりました。アクションシーンはスマートでなかなかよかったんだけれども。
後は、少々ユーモア場面が少なかったかな。上映時間多少伸ばしてもいいから、もう少しギャグというかウィットにとんだセリフ要素を増やしてもいいのかな、と思った。それほどVとイヴィのやりとりやVの台詞、キャラクターに魅力があったので。そこをもう少し出していってほしかった。ただこれはやはり上映時間の問題があったので仕方ないとも思う。原作だと他にも二人が絡むいろんなシーンがあったようだ。

最後の殺人シーンですが、常時スローモーションではなくもう少し速い部分も織り交ぜてほしかった。
一番気になったのが、政府側が個ものっぽすぎた点。ヒトラーをモジるなら、もう少しカリスマ性を出してほしかったかな。でも相手に正当性というかあまりに魅力があるとVの行動の正当性が薄れるので、ここはVの魅力を引き立たせるためには仕方がなかった面なのかもしれないとも思いますが、個人的には悪役にも魅力がある作品が好きなので(幻想水滸伝2など)、ここは少々不満。
後は、時代や国の設定が多少チープな印象があった。弾圧の仕方も少々幼稚というか、、これは結構昔の漫画だからしょうがない面もあるだろう。

しかしそうした不満点を補ってあまりあるような印象深い場面がいくつもありました。

この記事に含まれるタグ : Vフォーヴェンデッタ VforVendetta 映画 映画レビュー 考察 感想  

FC2スレッドテーマ : 映画 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-429.html

2012/08/21 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。