PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: 隠喩 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

ライフ・オブ・パイ考察と感想~作品に込められた隠喩の数々~【映画レビュー】

   ↑  2013/02/04 (月)  カテゴリー: 映画レビュー
ライフ・オブ・パイ、観てきました。非常に面白かったと思います。予告では全く想像できなかった拡がりが待ち受けていました。いい意味で裏切られた、という感じ。予告にあるような、虎と少年の友情感動物語を期待すると、面喰らうことになるでしょう。推測により補完する内容が数多くあるので、行間を読めないような人が観るとただのわかりづらいクソ映画になるかも。レビューを観ていると、内容を全く理解しないで糞と言っているものもあり、それは残念だと思った。

この記事は、映画の感想と考察のまとめになります。後半はネタバレになってしまいますので、ご注意ください。

おおまかなあらすじ(ネタバレ無し)


1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙っていて……。(シネマトゥデイ)

以降完全にネタバレになるので、
まだ映画をご覧になったことがない方は、まず
映画ライフ・オブ・パイ公式サイト
を参照の上、映画を観てから、以下を読むようにしてください。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ライフ・オブ・パイ 隠喩 考察 感想 

FC2スレッドテーマ : 映画の感想 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-447.html

2013/02/04 | Comment (11) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。