PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: Hick の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

HICK ルリ13歳の旅がいまいちだった件について【映画レビュー】

   ↑  2013/03/26 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
HICK~ルリ13歳の旅~
なんとなく、予告を観て名作感が出ていたので借りてしまった。しかしこれはオススメしない。単純につまらなかった。結構最近運よく面白い映画を連続で引き当てていたので、久々にハズレ映画をひいて残念。

感想としては、ルリ(クロエ・グレース・モレッツ)がとにかく可愛くて、人物描写が下手クソすぎる。登場人物の行動にとにかく一貫性がない。一貫性が無いのが現実の人間だと言う人もいるかもしれないが、それにしても行動が殆ど唐突すぎてついていけない。現実の厳しさを突きつけるという点でよくあるエンターテインメント映画とは一線を画しているともいえるが、その癖人物の描写にリアリティが無いために入りこめなかった。クロエの可愛さが見られたという点においてレンタル料金350円分の価値はあったが、本当にそれだけなので、1800円払って劇場で観た人は本当に残念な気持ちになったことだろう。素材は良かったので、作りようによっては傑作になっただろうという点が残念。

他の人の感想はどんなものかとレビューサイトを観てみたら、
・本当に暇なときに見る映画
・アメリカの恥のごった煮みたいな代物
・ひたすらクロエちゃんを見るためだけの映画。
・終わり悪くて全てナシ
・この映画に関わった総ての人にとって、キャリアの汚点となる忘れたい作品
・はっきり云って、あれれれ?なストーリー
・年齢も相まって青春ものと勘違いしそうだが、旅行自体ちっとも面白くない
・見所はクロエグレースモレッツの可愛さだけ

と散々なもの。いい評価をつけているのも、殆ど全てが
・物語のショボさは別にして、やはり、この映画の魅力はクロエ・グレース・モレッツそのものにある
・クロエ・モレッツのプロモーションビデオ
といった「クロエが可愛かった」というもの。決して人にはオススメできない、お粗末な映画だった。

解説

「キック・アス」「ヒューゴの不思議な発明」のクロエ・モレッツが初の単独主演を務めた青春ロードムービー。アメリカ中西部の荒廃した農村に住む13歳の少女ルリは、トラブルを抱えた両親に相手にしてもらえず、友だちもいない孤独な日々を送っていた。そしてある日、両親が何も言わずに蒸発してしまう。ひとり取り残されたルリは、誕生日にもらった拳銃を手にあこがれのラスベガスを目指して旅に出る。原作はアメリカの女性作家アンドレア・ポーテスのベストセラー小説。共演にブレイク・ライブリー、ジュリエット・ルイス、エディ・レッドメイン、アレック・ボールドウィンら。
(映画.com『HICK ルリ13歳の旅』より引用)
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : Hick ルリ クロエ クソ映画オブザイヤー ゴミ映画 つまらない  

FC2スレッドテーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-463.html

2013/03/26 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。