PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: Q の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

エヴァンゲリオン劇場版Qの感想と考察(ネタバレあり)【映画レビュー】

   ↑  2013/02/12 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
今回の記事は観ていない人向けには書いていないのでネタバレがあります。まだ観ていない方はブラウザバックして劇場へと向かってください。

池袋の映画館にて一人で観てきました。自由席だったのでいい席がとれるか不安でしたが、平日のレイトショーだったからか、公開からだいぶ日がたっているからか、チケットの購入が早かったからか、ほぼ一番乗りで劇場に入ることができました。一人で映画観に入る気分は最高ですね、独占したような、貸し切ったような、そんな気分になりました。そして流れる宇多田ヒカルの「桜流し」、名曲だと思います。上映前からかなりエヴァの世界に入り込めた。

で、肝心の本編。まず始まったのは、特撮による巨神兵ムービー。映像はともかく流れる詩がラノベ的軽さ、稚拙でうすら寒く感じてしまった。なんかいいこと言おうとしてますよ的な。壮大さよりも独善的な狭くるしさを感じてしまった。若い人が書いたのかなっていう。

良かった点。造り物の犬がぴくぴく動いているのはなんだかNHKの教育テレビのハッチポッチステーションなどのオープニングを思い出し懐かしくなった。これぞ特撮。CGは使っていないらしいが映像はすごかった。巨神兵は、おっきくなったエヴァという感じ。臨場感はあった。文章はどうしても受け付けられなかった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : エヴァ Q 感想 考察 深い 

FC2スレッドテーマ : 日本映画 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-449.html

2013/02/12 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。