PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (タグ: Siberia の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

【音質改善】バンド活動日記

   ↑  2010/05/28 (金)  カテゴリー: バンド活動
どうも、パトリックです。
今日は天気がいーね。
イイネイイネも好きのうち。

ん?

…違うか。

----------------
バンド活動日記。

バンドに関してだけど、最近かなりいい感じだと思う。

ベースのぐっさんが、グロッケンクラングというドイツのメーカーのキャビネットと、なんとかラインとかいうヘッドアンプを手に入れて、かなり音質的にいい感じに。スッと直で聞こえる感じ。
黒人にもBassいいねと褒められてたし、更に音質良くなるとなると、もはやBECKでいう平君状態


くりのギターも、相変わらずかなりいい。
今までオーディオインターフェイス(タスカム)に直でさして録音する方法だったんだけど、アンプの音をマイクで拾う録音方法にすることで、音質が良い意味でクリアに変わると思うし、これからの録音がかなり楽しみ。

俺も少しずつ上手くなってると思うよ。腹筋って大事だな笑

Siberiaは、メンバー的にかなりキテると思う。ほんとこれまで、俗、不俗含めて色んな音楽を聴いてきたけど、そこらで一過性のロックやって、歴史にも残らず国内で埋没してる星の数ほどあるクソバンドよりは、段違いでメンバーにセンスがあると思う。これはお世辞抜き。

センスってのは、目には見えないけど、確かなものだと俺は思う。特に音楽の世界じゃ、実力や経験よりも、最終的に活きてくのはセンスだと思う。それを磨くためには、色んないい音楽を聴いたり、文学や芸術に触れるしかないと思う。そのセンスが浮かべたイメージを形にする幅を拡げるのがテクニックだとか経験とか基礎で、それらも勿論大事だとは思うけど。



今はかなりハイペースで作曲して、未完成の曲をどんどんアップしてる感じだけど、今後録音状況を改善しつつ、歌詞やメロが固まってきて、それをアップするようになれば、かなりいい流れが来る予感がある。


なにしろ曲ができるペースが早い。2月16日のライヴでやった曲が、ほぼ没になってることからも、この三か月がいかに濃密だったかがわかる。

最近なんかは、一日で3曲新曲のデモができたりすることも。

仮タイトルは、

UNO、エルビー、ジャングル。

UNOはウノやりながら作った曲だからUNO、エルビーは目の前にあったアップルティーのメーカー、ジャングルは、まぁジャングル系だよねってことで。

曲としては、
UNOはフレーズ押しの、ジミヘン色が出てるマリファナ系の曲。

エルビーは、大人しめでメロがある、後期のレッチリ的な世界観のある曲。

ジャングルは、黒人系の、ファンキーなノリ重視の曲。二分ぐらいの曲で、かなり遊べるので、ジャム的なノリでライヴで相当はじけられそうな曲。

そんな感じ。

HPのトップ画像、今のやつじゃバンドの雰囲気が伝わり辛いので、楽器が写ってる写真に変えるかも。変えたら報告します!ちゃお。


手始めに、
myspace
トップ画像変えてみた。


今まではこんな感じの画像だったんだけど…
マイスペプロフ1
普通すぎて埋没する可能性があったのと、写真が横長で小さくて目立たなかったので。

ロゴマーク使ってみるかと思ってこれにしたけど、
マイスペプロフ2
なんかいまいちデザイン的にかっこよくないかも。
写真を何枚か透明にして重ねてみたんだけど、それが伝わりにくいかなってのもある。

ということで…
マイスペプロフ3
これにした。

黒人をルーツにファンクの黄色と、重みを表現したブルーを混ぜたけどどうかな。
Siberiaの文字は割と大人しめに、白くして、多少光らせて目立たせたけど、あまり主張しない大きさにした。
個人的には結構気に入ってるデザインだよ。ジャケットもこんな感じでいくといいのかも。
感想待ってます。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : Siberia バンド活動 練習 曲作り myspace トップ画像 

FC2スレッドテーマ : バンド活動♪ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-250.html

2010/05/28 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

【ライブアーカイブ】5月19日@渋谷Takeoff7

   ↑  2010/05/20 (木)  カテゴリー: バンド活動
■5/19(水)
2010年5月19日(水)渋谷Takeoff7

3rddemoアルバムジャケット

公演日:5月19日(水)
公演名:「東京FREE企画、世界の足音」

open:18:00
start: 18:30
出演:シスル / HONEY MAPLE / GOKURAKU SOUNDS / Vermeil / Siberia
1バンド30分。

対バンは、1バンド1人可愛い女の子がいるのが特徴的だった
男クサイのはSiberiaだけ。どんだけ。

Vermeilのキーボードは、恐らくツンデレだ。そんなことを勝手に思ったりした

メンバーいわく、演奏が劇的に上手いバンドはいなかったらしいが、ポップとしては曲がまとまってて、素直に楽しめた。クォリティは高めだった

一番驚いたのが物販。物販がかなり充実していてびびった
Siberiaの物販コーナーは汚すぎる。靴下とかゴミが置いてある、最低
そういう意味で、物販の重要さを感じた
物販スペースに、はき古した靴下が放置されているバンドは、観に来たくはないだろう

他のバンドは、ライターだとかオリジナルでできてたし、CDのジャケットなんか、きちんとしたテロテロの印刷で、どうやってるか知りたかった
どうやってんのよ
金かけてんのか?うらやましいねえその資金力

1バンド目はSiberia。つまり俺ら

Siberia以外はポップ要素が強く、やりづらい雰囲気だったが、かわらずやりたい放題やった

ライブ前に、神奈川のテレビ局に寄っていたため、移動が多く、メンバーが疲れていたこと、
ベースの山口が風邪気味でフラフラだったことなど、条件は最悪だったが…

当初は、「マリファナ」を一曲目において、ジャム無しでイントロから始める予定だったが、テンションを上げるために、急遽ジャムを取り入れた
ベースの山口とギターの栗本が向かい合って激しいジャム
ボーカルはステージのはじっこで隠れてコーラショックを飲みながらシンバルを叩く。
そんなボーカルをチラッと見ながらドラムのD.D.鵜浦が笑う。
そんな状況で始まった
ちょっと楽しかった

対バンのVermeilはかなりいい人たちで、可愛いキーボードの人と爽やかなボーカルの人が前列で見てくれてありがたかった

ジャムによって、一気にテンションが上がった。
2曲目からは、もう、絶叫

どんなときでも手は抜かないし音楽を楽しむ
そういう姿勢が大事それが大事、大事マンブラザーズ

ステージから降りて熱唱。
上では激しいギターとベース
ステージで転がる。
おもいっきりマイクを叩きつける。買ったばかりのマイクがさっそくへこむ

スタンドに絡まったマイクをスタンドごと引きずってステージから降りる。

たまにドラムが笑う。

倒れたスタンドをスタッフが直しにくる

また倒す

最終的にステージのヘリのところで絶叫

あまりに激しすぎ、18禁だったため、途中退出者が出てしまった。ちょっとおもしろかった

その日のバンドの中で明らかに浮いていた
しかし、この日のSiberiaは、もし俺自身が客だとしたら、好きなバンド、またライブに行きたいと思えるバンドだった。それほど激しく、印象的だった。
ビデオを撮らなかったため、動画には残らなかったのが、もったいないと思った

そういう風に自信たっぷりに言えるほどのアドレナリンが出ていた

酔っぱらっていたせいではない




多分…




終わった後は、きてくれた人も一緒に、居酒屋で打ち上げ
飲み放題だったので、ギターの栗本はつぶれて色んな人に絡みだすわ、

「音楽とは何だ?魂だ、叫びだ」
「宇宙を飛んでいる…真実だよ…」
とかよくわからないことを語りだすわ、鵜浦は寝転がるわ、
俺は傘を投げたり、道のど真ん中で傘を投げて
「アメリカに行くんだーーー!!」
と言ったり、知らないおじさんに
「シベリア頑張れ!」
といわれたり、山口が病気なのに他酔っ払いだから一番まともだったりと、物凄かった。
渋谷の路上で叫んだりと、漫画的で面白い状況だった気がする

楽しすぎる打ち上げだった

というわけで、写真も動画も残らなかったが、なんだかんだで思い出に残るライブだった。もっとたくさんの人に見せたかったけど
もったいないな。


終わった後は、全員でうちで雑魚寝

爆睡。

この日の
Siberiaセットリスト
1.マリファナ(新曲)
2.バジリスク(新曲)
3.ニコチン(新曲)
4.Run to a Cheap(新曲)
5.Overdose
6.Orion


前回のライブから1ヶ月しか経っていないが、4曲も新曲を持ってくることに成功した
すごいペースで新曲ができているバンド、それがsiberia、別名ソマリア、もしくはカナリアカナリアカナリア
ガダルカナルタカ。


以上、ライブレポートおわり。

次回ライブの情報は
ライブ告知記事
にて。

この記事に含まれるタグ : インディーズバンド ファンク・ロックバンド 渋谷takeoff7 テイクオフ7 ライブ Siberia シベリア ライブレポート ライブの感想  

FC2スレッドテーマ : インディーズバンド (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-245.html

2010/05/20 | Comment (2) | Trackback (1) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

4月11日ライヴが終わっての感想とライヴ集客方法について

   ↑  2010/04/12 (月)  カテゴリー: バンド活動
どうも、ライヴ終わってヘトヘトなパトリックです。気分爽快!

4月11日、新宿wildsidetokyoでライヴしてきました。ライヴ動画は気まぐれでアップするかも。

■ライヴハウスの雰囲気
地下にあるライブハウスで、入口の受付のお姉さんが優しかったり、照明さんがかなりセンスよかったり、楽屋の雰囲気、演奏の音がよかったりとかなりいい印象でした。スタッフの方もノリがよかった。
すごく感謝しています。

中は狭めで、100人くらいでぎゅうぎゅうになりそうだけど、皆が近くてちょうどいい広さだと思った。

駅から若干遠い(徒歩10~15分くらい)し場所わかりづらいけど、200円で目の前までバスも通ってるし、またやりたいと思えるハコだった。

■ライヴの感想
前よりお客さんの人数が多くて、ノリノリの方もいてかなりやりやすかったしやってて楽しかった。来てくれた人はマジでありがとう。

予約なしの方やブログやaudioleaf、myspaceを見てくれて来たとか、そういう方を増やすのが今後の課題かな。そのために俺らがやるべきことは音源の充実と、圧倒的なライヴをすること。

飲み過ぎたのが原因で、音はひどいことになってたけど、前回よりハジけ度は上ったし楽しかった。曲もクォリティ上ったし、やる度に楽しめたり成長してるのはいいこと。
途中客席入ったり脱いだり激しかった。

かなり良かった、音がかっこいいなど色々いい感想ももらえて、嬉しかった。客が音とかライヴを楽しめるにはどうしたらいいか?ポップで安っぽい感じにならない範囲で色々考えて新しいことを実践したいな。

次はもっと音のクォリティ上げることを目標にしてやります。
当日配った音源CD、もしかしたら今後価値上がるかもしんないから大切にしといてね!もしSiberiaの知名度上がったらヤフオクで売れるようになるかもよ!笑

■出演バンドについて
・Dear Drop
女ボーカルが可愛い。メロディーがあり邦ロックといった感じで、ガリレオガリレイみたいに高校生~大学生ぐらいに人気のバンドに化けるかもと思った。ギターもかっこよかったし、耳に残る。
もう一個個性があるといいのかも。

追記:4月11日のライブを最後にボーカルが脱退したらしい。楽屋でもメンバーとあまり話していた印象がなかったので、そこらへんの、メンバー同士のコミュニケーション不足が原因かも?メンバー同士敬語というのはやりづらそうだなって思った。そういう意味でSiberiaは同年代でよかったと思う。

・Siberia
相変わらずMC下手くそだった。次のライブではもうMC見られないかも!?ある意味貴重だったね笑
ギターが渋くてベースもスラップのノリが良かった。ボーカルのTシャツがよかった。
ライブのライン音源はひでぇもんだった。

客観的に書いてみたがどうかね笑

・Merhen hills
インストバンド。雰囲気があり、バンド名がかなりしっくりくる演奏だった。泣けた。
ギターが、コード弾きのジャカジャカ系が多かったが、曲調的にジョン・フルシアンテのソロ的な叙情的なストリングスプレイがあったらもっと良かったのにと思った。曲はだいぶ長かったな。7~8分。

MCがシュールで面白かった。地味だけどセンスがあると感じるバンドだった。

・M虎社中
全体的にルックスがよく、雰囲気もあり、聞き易さもあるため、やり方次第でファンがかなり増えそうなバンドだと思った。東京事変的なノリだった。

MCうまかったし面白かった。
パンドラの箱って曲が一番良かった。実力的にも高い水準で、メロも覚えやすかった。サックスがリズムに合わせた空き埋め的な単吹きが多かったが、もっとジャズィーでもったりとしたセクシーなサックスソロがある曲があってもいいんじゃないかと思った。
歌詞と歌メロはかなりセンスあると思ったし、勉強になった。
ぐっさん曰くベースが、曲に徹しているが実は上手かったらしい。

・Band Brothers
MCが親しみやすく面白かった。全体的にバンドの個性というか色が出てて、そこがかなりいいと思った。

メロも聞きやすくおぼえやすい。歌メロに懐かしい系邦ロックの要素があり、若い人よりはおっさん受けしそうな感じがあるが、ベースはスラップなどもあり渋かった。

一曲目二曲目など、シンセの音もっと大きくていいんじゃないかと思う曲もあった。埋もれちゃってたので。

でもなかなか絡みやすくていい人たちだった。人柄がよく、優しいんだろうなぁというのが伝わってきた。
面白いバンドだった。

■The one trackers
ルックス的に今回ピカ一の存在感。若く、シド・ヴィシャスのようなボーカルは女性ウケがよさそうだしパフォーマンスも派手で面白かった。声はあまり通ってなかったけど声質は好みだったしカリスマ的要素と存在感があったし、すごくいいボーカル!だと思った。

ギターは30~40才くらいのベテランで渋かったし面白かった。レフティーのギターの人の演奏ばかり見てしまった。見た目渋い人好きなので。

売れる要素があるバンドだと思った。ジャンルは俺らと違うがバフォーマンスなど勉強になるところがあった。

宣伝はあまり力を入れてなさそうだがレーベル所属してそこらへん補ったら人気でそう。

・ALGIANO
ボーカルがかなりイケメン。歌上手いしメロも覚えやすい、歌い方もキマってた。クセがありセクシーな声で、男ファンよりは女性ファンが増えそうなバンドだと思った。

爆発的なところや若々しさや強烈な存在感はないが、落ち着いた中にもカリスマ性を感じた。

ジャンルは違うが、ポップな面もあり、売れる要素はあると思った。


■今回のライヴでSiberiaがしたこと
・音源の配布
ライヴ曲のデモCD-R配布しました。QRコードをジャケットに貼っておいた。20枚用意してたのが一瞬で在庫なくなって、感動した。

・フライヤー配布
効果なさそうだった。でもライヴ終わった後バンド名前思い出したくても忘れちゃって思い出せない人がフライヤー見て確認できたり、そういう効果はあるかも。邪魔にならないように小さいサイズにしたが、ハガキサイズにしてるバンドもあって、それもいいかもと思った。

・アンケート
今後もっといいライヴやるためにアンケートやってみた。文字が見づらいのと鉛筆足りないなど不備だらけだったが、アンケート書いてくれた方ありがとう。活かしてもっと楽しいライヴやります。


そんな感じ。
全体的に年配が多く実力の高い人が多く、人柄も良かったので楽しいライヴだった。共演バンドの方、ありがとうございました。

バンドやっててライヴの集客に悩む人は多いと思うんだけど、(有料でライヴ集客方法とかいうマニュアルが売ってるぐらいだし)
ライブって、1000~2000円ちょいで色んなバンド見れるし、生音はやっぱ迫力が違うし、ライブハウスに遊びに行くのは意外と楽しいよって思う。
今は夜はクラブ!って若い人が多いと思うけど、クラブにはないアツさとか興奮とか、音を利用した上辺だけじゃないコミュニケーションがライブハウスにはあると思うし、そういうのを伝えられたらいいなと思うんだよね。

日本は長らく平和で、政治も精神もみんな腐敗、崩壊気味だし、ヒットチャートもクソマンネリ化してるし音楽番組もマンネリ化。テレビにも厭きがきてる。

そういう時だからこそアングラだったり精神性や革命意識を爆発させたロックの時代がくるんじゃないかと俺はみてる。ビートルズが流行った頃みたいにね。



俺たちは皆、革命家に飢えてるのさ。

この記事に含まれるタグ : DearDrop Siberia Merhenhills M虎社中 BandBrothers Theonetrackers ALGIANO ライブ 新宿WildSideTokyo  

FC2スレッドテーマ : バンド活動♪ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-221.html

2010/04/12 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

ライブ告知 :: Siberia

   ↑  2010/03/18 (木)  カテゴリー: バンド活動
■Siberiaのライブインフォメーション記事■
Siberiaはボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人からなる、激しいロックバンド。グランジに縦ノリを足したようなチンチン音楽。不謹慎なバンドなので真面目な人は来ない方がいいね。

前回のライブ動画

ジャムが好きなんだよね

ここではSiberiaのライブ情報を紹介。

【ライブスケジュール】
2013年6月16日(日)池袋adm:自主企画ライブ
人はかなり集まる予定

2013年6月16日(日)池袋adm:自主企画ライブの詳細

【公演日】
2013年6月16日(日)

【公演名】
池袋admでのsiberia自主企画。
グランジ系のバンドを中心にいいと思うバンドに声かけて集めた。なので出演バンド全部いいと思う

【場所】
池袋adm(池袋東口のサンシャイン近くにある東急ハンズの手前の道を右にすすんだところにあるすた丼の中。)
立地はかなりいいと思う

【Open-Start】
OPEN 17:30 -> START 18:30予定

【出演者】
Siberia、BaxWax、Revivalclubが今のところ決定。両方とも若い、グランジ系のバンド。
後2~3バンドはまだ未定だけれども、なるべく系統のあった好きなバンドを誘う予定なので楽しいライブになることだろう。出たいバンドはメールをください。

【料金】
あんまり高くても行く気が失せると思うので、1500円以内に収めるつもり。
予約あると人数の目安がついて割引率の計算もはかどりもっと安くできることもあるので、なるべくはやめに予約してください。

当日いきなり来ると箱側が定価の2000円くらいで対応してしまうので、、前日でもいいので予約お願いね。なるべく早い方がありがたいけどね。
宛先はsiberiainfo@yahoo.co.jp
で、件名に6月池袋admライブ希望とかそんな感じでわかりやすく書いてください。

【どんなライブか】
ライブ動画を見てどんな感じか判断してね。


Siberia
----------------------------------------------------------------------
▼SIBERIA OFFICIAL WEB SITE←(Siberiaホームページ)
----------------------------------------------------------------------

この記事に含まれるタグ : Live ライブ ライヴ 告知 Siberia シベリア ライブ情報 インディーズロックバンド ライブハウス ファンクロック 

FC2スレッドテーマ : バンド活動♪ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-196.html

2010/03/18 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。Do it!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。