8
 

PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (カテゴリー: レビュー

total 8 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

パシフィック・リムの感想と考察

   ↑  2013/08/20 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
まだ観ていない人のために、前半はネタバレ無し、後半は ネタバレありでレビューしていきます。

監督は「ギレルモ・デル・トロ
メキシコ出身の監督で、10年以上特殊メイクに関わった後に監督になるという異色の経歴の持ち主。
その経歴も活きてか、本作も「怪獣(Kaiju)」の造形のリアルさ、デザインの特殊性が大きな見どころのひとつになっています。彼の有名作の一つであるパンズラビリンスに出て来るパンのような、妙に人間味の感じられる独特の雰囲気をもったデザインの怪獣が数多く出てきます。妙にリアリティがあったりグロテスクに見えるのは、まさに特殊メイク業界での経験が活きているといえるでしょう。怪獣の血が吹き出る場面や脈うつ場面、しっぽが巻きつく場面など、非常にリアリティがありのめりこめます。

ただし、内容的には「パンズ・ラビリンス」的なリアル志向のグロテスク作品とは大きく異なり、近年の映画作品でいうとバトルシップに近く
「アクション性の高い近未来SF映画」
的な作品に仕上がっています。日本人が活躍する、海での戦闘が中心、未知なる生物が相手と、類似点がいくつかあります。

日本の要素が出る映画は非常に多くありますが、その多くが
「ワイルドスピードX3」
のように、どうみても日本じゃなかったり、日本人役の出演者がカタコトの日本語を喋ったりする中、この作品では
「菊地凛子」さん
「芦田愛菜」ちゃん
ら二人の日本人がきちんと日本人を演じてくれます。しかも、ヒロイン。
こうした大作で日本人が準主役級をやるのは非常に珍しいことだと思います。まずそこが見どころです。

公開前からわかる人はわかると思いますが、ウルトラマン等の日本の特撮や、エヴァやガンダムのようなロボットアニメのオマージュがわんさか、監督の男のロマンを体現したような映画です。そういう意味では「当時」ウルトラマン世代だった結構年齢層の高めな大人が観ても楽しめると思います。作品中にも、怪獣マニアの博士が出てきたりしますが、そういう人のこの映画の評価が気になるところではあります。ロボットアニメ、ロボット映画好きの自分にとってはかなり楽しめる映画でした。こいつバルタン星人じゃね?とか、特撮モノと比べて観ると更に面白いかもしれません。当時観ていたものがかなり高いクォリティになって劇場で観られる、となると、観くなる人はたくさんいるはずです。

この世界では、未知なる存在「Kaiju」と戦うロボットは「イェーガー(ドイツ語で狩人の意味)」と呼ばれています。このイェーガーのデザインや動きに関しては、賛否両論あると思います。

まず、ロボットアニメによくあるような派手な変身シーンや合体シーンは一切ありません。ガンダムのような尖ったアンテナやシャープな造形でも無し。戦闘もパンチが中心で、デザインも非常に地味でリアリティを重視しています。そういう意味ではややフロントミッションやアーマードコアに近いですが、何しろ巨大。巨大ゆえにかなり鈍重です。その上アーマードコアやフロントミッションのようなバーニアスラスターが無いため、基本的にスラスターは使用せず歩行での移動になります。歩く度街を踏みつぶす様はまるでウルトラマン。笑

日本のロボットアニメでいうと、ビッグ・オー的な重厚感があり、その重厚さ、鈍重さこそがイェーガーのウリですね。デザイン的には主人公機よりストライカー、チェルノの方が好きでした。ただ、肉弾戦中心の近距離タイプというポジションなのは男気があって素晴らしいと思います、「ジプシー・デンジャー(主人公機)」。

運転システムは、過大な負荷を分散させるため2人のパイロットによるシンクロ「ニューラル・ハンドシェイク」が必要という斬新なもの。それゆえコックピットも特殊な形になっている。その際に記憶の一部もパイロット二人で共有することとなり、そこが本作品の一つの大きなカギとなっている。

シンクロというとエヴァを思い出すが、そうしたロボットアニメのロマンを感じさせます。操縦システム的には、どちらかというとエヴァよりはアクエリオンの方が近いけど。
アクエリオンでは
「あなたと合体したい」
という下ネタがあったが、こちらの作品でも、
「君と結合したい」
「結合で大切なのは、心の繋がりだ」
というようなどう解釈しても下ネタに聴こえるような台詞がいくつか。

舞台は香港中心ですが、日本人の女優が出演するロボット映画ということで、日本人もワクワクでき共感できるポイントがいくつもあるため、必見。個人的にはかなり面白かったです。特撮オタク、ロボットマニアにとっても楽しめる映画だと思います。どちらかというと、女性よりは男性、しかもややオッサンの方が楽しめる映画かも。登場人物の心理描写はやや薄く内容も薄めですが、それを補ってあまりある「イェーガー」そして「Kauiju」の織りなすアクション。魅力的です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : パシフィック・リム 感想 考察 アクション 怪獣 菊地凛子 ネタバレ 映画 レビュー 

FC2スレッドテーマ : 映画情報 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-491.html

2013/08/20 | Comment (2) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

微妙といわれる悪魔パーティーの使い道【パズドラ攻略】

   ↑  2013/04/01 (月)  カテゴリー: ゲームレビュー
今日もパズドラ記事。
2013年3月のアップデートにより追加された「悪魔タイプ」。現在「天使vs悪魔フェス」で悪魔タイプ強化のリーダースキルを持った新モンスター(以下大悪魔と呼ぶことにする)が手に入り易くなっているが、巷では「微妙な性能」「今回はレアガチャ回さない方がいいな」などと言われていたりする。

実際のところ悪魔パーティーの性能はどうなのか。現在いる30種あまりの悪魔タイプの性能を見ながら解説していく。

新しく追加された大悪魔の大きな特徴は、
・ステータスはバランスが良く尖っていない。悪く言えば平凡。良く言えば高バランス型。
・ルシファー以外は属性反撃(ダメージの3倍)スキルを持つ
・全員闇の複属性を持つ
点。

闇属性を持つことから、ロキやヴァンパイアを中心に闇パのような使い方をしようと考える人が多いかもしれない。しかし結論を先に言うと、性能・火力的に、その使い方はかなり微妙。

闇悪魔パーティーが微妙な理由


新しく追加された悪魔が皆闇属性を持っているため、闇パのような使い方をしたい人が多いかもしれない。しかし、ドロップ変換を持つカオスドラゴンナイトが悪魔タイプでないのが痛すぎる。そのため、火力を重視した場合は闇パの方が使いやすい。

そこで、闇属性を持たない悪魔タイプのモンスターを利用することで、属性ダンジョンで弱点をついて攻略を容易にする使い方はどうだろうか。と考えてみた。

現状で闇属性を持たない悪魔モンスターを調べてみた。
・究極進化オーガ系統
・シャイターン
・最終進化デーモン
あたりはゴミなので、あえて組み込む価値はないだろう。アパンダは許容範囲内だが、敢えて入れるほど強いかといわれると微妙、いらない。

となると、残りはクラーケンとカオスブリザードドラゴンになる。これらはステータスも高めなのでダンジョンに挑む場合組み込む価値はおおいにある。ということは、現状ほぼ火ダンジョンに挑む場合専用のパーティーになるが、その場合水パーティーで挑んだ方がよほど楽(そりゃそうだ)になる。そのため闇属性以外の悪魔系が少ない現状では、弱点を突くならば属性パの方が推奨される。

しかし劣化闇パになるのは、火力を重視した場合に限ったこと。この記事の最後の方で説明する悪魔耐久反撃パーティーは、悪魔タイプの特性を存分にいかした戦いができる。また、属性パーティーと大きく違うのは、戦国龍や歴龍のように属性指定ダンジョンでも活躍できるところ。悪魔タイプを集めるのは大変だが、属性パではできない戦い方もできるという点はかなり大きな利点。

それではまずは詳しく悪魔タイプのモンスターの性能をみていこう。

この記事に含まれるタグ : パズドラ 悪魔パーティー 使い方 反撃 耐久  

FC2スレッドテーマ : パズル&ドラゴンズ (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-469.html

2013/04/01 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

HICK ルリ13歳の旅がいまいちだった件について【映画レビュー】

   ↑  2013/03/26 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
HICK~ルリ13歳の旅~
なんとなく、予告を観て名作感が出ていたので借りてしまった。しかしこれはオススメしない。単純につまらなかった。結構最近運よく面白い映画を連続で引き当てていたので、久々にハズレ映画をひいて残念。

感想としては、ルリ(クロエ・グレース・モレッツ)がとにかく可愛くて、人物描写が下手クソすぎる。登場人物の行動にとにかく一貫性がない。一貫性が無いのが現実の人間だと言う人もいるかもしれないが、それにしても行動が殆ど唐突すぎてついていけない。現実の厳しさを突きつけるという点でよくあるエンターテインメント映画とは一線を画しているともいえるが、その癖人物の描写にリアリティが無いために入りこめなかった。クロエの可愛さが見られたという点においてレンタル料金350円分の価値はあったが、本当にそれだけなので、1800円払って劇場で観た人は本当に残念な気持ちになったことだろう。素材は良かったので、作りようによっては傑作になっただろうという点が残念。

他の人の感想はどんなものかとレビューサイトを観てみたら、
・本当に暇なときに見る映画
・アメリカの恥のごった煮みたいな代物
・ひたすらクロエちゃんを見るためだけの映画。
・終わり悪くて全てナシ
・この映画に関わった総ての人にとって、キャリアの汚点となる忘れたい作品
・はっきり云って、あれれれ?なストーリー
・年齢も相まって青春ものと勘違いしそうだが、旅行自体ちっとも面白くない
・見所はクロエグレースモレッツの可愛さだけ

と散々なもの。いい評価をつけているのも、殆ど全てが
・物語のショボさは別にして、やはり、この映画の魅力はクロエ・グレース・モレッツそのものにある
・クロエ・モレッツのプロモーションビデオ
といった「クロエが可愛かった」というもの。決して人にはオススメできない、お粗末な映画だった。

解説

「キック・アス」「ヒューゴの不思議な発明」のクロエ・モレッツが初の単独主演を務めた青春ロードムービー。アメリカ中西部の荒廃した農村に住む13歳の少女ルリは、トラブルを抱えた両親に相手にしてもらえず、友だちもいない孤独な日々を送っていた。そしてある日、両親が何も言わずに蒸発してしまう。ひとり取り残されたルリは、誕生日にもらった拳銃を手にあこがれのラスベガスを目指して旅に出る。原作はアメリカの女性作家アンドレア・ポーテスのベストセラー小説。共演にブレイク・ライブリー、ジュリエット・ルイス、エディ・レッドメイン、アレック・ボールドウィンら。
(映画.com『HICK ルリ13歳の旅』より引用)

この記事に含まれるタグ : Hick ルリ クロエ クソ映画オブザイヤー ゴミ映画 つまらない  

FC2スレッドテーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-463.html

2013/03/26 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

パズドラで音が出ない場合の対策方法と、攻略日記

   ↑  2013/03/13 (水)  カテゴリー: ゲームレビュー
皆さんこんにちは。大人気のアプリ「パズドラ」プレイしていますか?

今回は、アップデート以降、突然音が聴こえなくなったという人へ、その対策法を教えます。実に簡単です。公式サイトを見ていたら原因がわかりました。

【パズル&ドラゴンズ】 【Android】アップデート以降のサウンド設定に関するお知らせによると、

現在、Android端末において、BGMとSEが出なくなったというお問い合わせをいただいております。

パズル&ドラゴンズでは、2月13日のアップデートより、BGMとSEの設定をONにしていても、マナーモードなどでは音がでないようになっております。

とのこと。確かに、電車の中で突然音が鳴ってびっくりしたりということがあったので、このアップデートは有りがたいですね。

対策は以下の方法で行えるようです。
■音を出してお楽しみいただく場合…■
・パズル&ドラゴンズのアプリにてBGM/SE設定をONにしてください。
アプリ下部「その他」⇒「オプション」から設定いただけます。

・Android端末のマナーモードを解除してください。
※マナーモードを設定していない場合、端末のサウンド設定をご確認ください。
一部機種では着信音量の設定ゼロになっていると音が出ない場合があります。

上記をお試しいただき、音が出ない場合には、アプリの再起動や端末の再起動をお試しください。

Androidからお楽しみの方におかれましては、上記をご確認のうえ、引き続きお楽しみくださいますようお願いいたします。

この記事に含まれるタグ : パズドラ 音が出ない 解決方法 攻略日記 ポリン 焔の機械龍 

FC2スレッドテーマ : ゲーム (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-462.html

2013/03/13 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

キャビンの感想と考察~ホラー映画オールスターズ~【映画レビュー】

   ↑  2013/03/13 (水)  カテゴリー: 映画レビュー
予告で気になっていたので、速攻で見に行きました、『キャビン(原題:キャビン・イン・ザ・ウッズ)』。予想に反して、実に大味な映画でした。これほどのお馬鹿映画は久しぶりです。ちなみに一緒に観た友人は「B級映画だったな!」と言っていましたが自分は普通に面白かったです。皆さんの感想も聴いてみたいですね。

この作品、かなりオマージュが詰め込まれています。まず、とりあえず作品を観る前に観ておくと二倍楽しめるであろうホラー映画……→『死霊のはらわた』この作品のオマージュは特に多かったです。他にもitやヘルレイザーなどホラー映画をいくつか観ている人はニヤリとできる場面があるはず。とはいえ全く観ていなくても十分楽しめるとは思います。

映画館で観たいと思っている人は、ひとまずネットなどは遮断し、事前情報など無しに観るのがいいと思います。このブログでは後半からネタバレのオンパレードになりますので、まだ観ていない人はブラウザをそっと閉じてください。

あらすじと解説

夏休みに山に出かけた若者たちがキャビン(山小屋)で謎の日記を読んだことをきっかけに次々と殺されていくが、その背後には“巨大な秘密“が隠されていた。ドラマ『LOST』のドリュー・ゴダードと『アベンジャーズ』のジョス・ウェドンが共同で脚本を手がけた秀作スリラー。スリリングな映像と、次々に提示されていく“秘密“に翻弄される作品だ。



以下、ネタバレ。

この記事に含まれるタグ : キャビン B級 ホラー サスペンス スリラー アクション 映画レビュー 

FC2スレッドテーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-461.html

2013/03/13 | Comment (4) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。