10
 

PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (カテゴリー: コラム

total 10 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

mixiは何故凋落したのか?明らかになってくる国内SNSの限界

   ↑  2013/06/12 (水)  カテゴリー: コラム
こんにちは。
今日はSNS、その中でも凋落著しいmixiについて。
SNSというと、今でこそグリー、モバゲー、mixi、Twitter、facebook、myspaceと多くの種類があるが、ほんの10年程前までは、サービスとしては一般に定着しておらず、殆ど利用者はいなかった。要は、この10年間で急速に発展し定着したサービスといえる。

携帯が流行り出した頃、携帯用ホームページサービスを利用し、自分でホームページを立ち上げ、そこで日記を書いたり掲示板でやりとりをしたりしていた人も多いかと思う。或いはプロフといって、プロフィールサイトに掲示板を載せ、そこでコメントのやりとりをしていた人も多いだろう。そういったものが今でいうSNSの草分けともいえるかもしれない。

しかしそれら携帯HPサービスとmixiやfacebook等のSNSで大きく異なるのは、その手軽さだ。HPやプロフは、凝ろうと思えばタグを利用して装飾することもできるが、掲示板や日記を設置すると、誰でもコメントできる分、荒らしが多く現れたりとその管理が非常に難しかった。

そういう意味では、mixiの登場はやはり衝撃的だった。利用者が常に「任意で公開している個人情報」を晒しながらコメントする形になっているので、それまでの2ちゃんねるやホームページとは大きく異なり、荒らしは殆どいなかった。

mixi創世記の盛り上がり

自分がmixiを始めたのは高校2年生の頃。海外に留学した昔の彼女に誘われ始めたのがキッカケだった。はじめは日記を書いても足跡は数件、コメントも殆ど無かったが、数か月もすると利用者は爆発的に増え、コメントも毎日記数件ほど貰えるようになった。面白い日記を書いて、足跡やコメントを集めるのが楽しみになっていた。利用者が増えたことによる楽しさ。まだ誰も飽きていなかったので、マイミクの殆ど全てがアクティブユーザーだった。招待制ということもあり、ユーザーが増えても荒らしはあまりみられなかった。

そういう面でも非常に利用しやすいサービスだった。mixiは創世記が一番楽しかった。アプリなど細かいサービスは無いが、サービスが少ない分日記やフォトを、ややこしいことをせずとも利用、閲覧できた。皆足跡やコメントを集めるために日記をよく書いていた。足跡サービスがやはり面白く、友人に度々残してしまう時は「なんだかストーカーみたいに思われたらいやだな」などと心配になるデメリットもあったものの、日記を書く度に足跡を残して観に来てくれるマイミクでない人がいたりすると、足跡をつけ合い、そのうちに
「いつも足跡すみません、、日記が面白いもので」
なんてメッセージを送り合ったりして、そうしてネットを介して新しい友人ができたりした。

この頃は今ほど激しい「出逢い規制」のようなものは無く、足跡帳など利用して自由にマイミク、リア友になるやりとりができ、至って健全な出逢いの場として機能していたように感じる。この頃できた友人とは、未だにTwitterでやりとりしたり、たまに飲んだりしている。出逢いを増やすためにも、面白い日記やプロフィールを書こうというモチベーションにもなった。そうした理由から、アクティブユーザーが多かったのだろうと予測。

この頃は
「ログインが常に5分以内」
なんていうネタもあった。

当時は自分も含め、そんな人が結構いた。残念なことに、今ではそんな人は殆どいない。3日以上のユーザーが、日に日に増えていく。その理由は何なのか。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : mixi 検閲 運営事務局 削除 プロフィール 凋落 オワコン 今後 

FC2スレッドテーマ : Webサービス (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-482.html

2013/06/12 | Comment (9) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

乙武洋匡レストラン入店拒否問題を受けて、我々が考えるべきこと

   ↑  2013/05/27 (月)  カテゴリー: コラム
久々の更新。
株の高騰と暴落や人口言語アルカやあまり加熱報道されなかった通り魔事件など、最近とりあげたい話題はいくつかあるのですが、今回はツイッターをやっていて気になった
「乙武洋匡レストラン入店拒否問題」
について取り上げようと思いました。

まず、知らない人のために、どのようなことが起きていたかをザックリ説明。
わかりやすいまとめをご覧になりたい方は、こちら(「乙武騒動」だけじゃない!ツイッター告発が増える理由東スポWEB)をどうぞ。

事の発端は、乙武さんのこのツイート。
@h_ototake
今日は、銀座で夕食のはずだった。「TRATTORIA GANZO」というイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」――こんな経験は初めてだ。


ここで乙武さんがお店の実名をあげたことで、乙武さんのフォロワー(ファンなど)が反応、TRATTORIA GANZOに非難の電話や店主のツイッターへ抗議が殺到。

乙武さんへ、店を晒したことに対する非難も集まるが、
‏@h_ototake
ひどく悲しい、人としての尊厳を傷つけられるような思いをする車いすユーザーがひとりでも減るように。 RT @emuo1983: 何故お店の名前を晒したのですか? RT 銀座「TRATTORIA GANZO」にて、入店拒否。「車いすなら事前に連絡しろ。ほかのお客様に迷惑がかかる」

晒した理由は、「ひどく悲しい、人としての尊厳を傷つけられるような思いをする車いすユーザーがひとりでも減るように。 」とのことで、つまりは、車椅子の人はこの店に行かない方がいいぞ。ということをフォロワーに伝える意図が見えなくもないが、今回の件で、乙武さんに落ち度は無かったのか。

@h_ototake
お店はビルの2階。エレベーターはあるが、2階には止まらない仕組みだという。
「それはホームページにも書いてあるんだけどね」――ぶっきらぼうに言う店主。
「ちょっと下まで降りてきて、抱えていただくことは…」「忙しいから無理」「……」「これがうちのスタイルなんでね」以上、銀座での屈辱。

2階に店があり、階段で昇るしか方法がない場所だったよう。そしてそれはホームページにも書いてあることがわかる。確かに、店側の断り方がこの通りだとしたら(後述するが実際は違ったようだ)、少々ぶっきらぼうすぎるようにも感じる。

ここで、乙武さんが車椅子であることを事前に伝えなかったことへの意見が出て来る。それに対する乙武氏のつぶやき。
@h_ototake
そうですよね。たしかにお店の状況によっては、受け入れがたいケースもあるでしょう。ただ、店主の対応には、まるで“心”が感じられなかった。接客業として、あの物言いはあまりに悲しい…。 RT @kentatu: 事前に伝えなかった乙武氏にも落ち度がある。店だけを責めるのは筋違い。

どうも、対応がぶっきらぼうだったことが原因のようだ。

しかし、今回の炎上を受けてお店側が更新した
乙武様のご来店お断りについて。
を見ると、
「お客様に対して「何々だ」などの強い言葉使いはしていません。」
とあるので、どうも乙武さんがしたツイートのような言葉遣いではなかったように見える。
また店主のツイッターでは、
店内は段差があり車椅子の方は事前に御連絡がないとご案内が難しいと伝えましたが「うちのスタイルなんでね」と言ってはない事です。最後にお断りしてしまい申し訳ありませんでしたと頭を下げ謝罪しました
とあるので、あのあまりにもぶっきらぼうな書き方は、乙武さんによる、店側の印象を悪くするための少々大人げないツイートだったのではないか、とも思える。しかし、後に、乙武さんはこれがうちのスタイルなんでね、と確かに言ったとブログに書いているので、双方の言い分がやや食い違って見える。

続いて店の情報を見ていくと、当日、店主と若いスタッフの二人しか人員がいなかったこと、当日店内が賑わっていたことがわかってくる。土曜のディナータイムだったのだろう。こうなってくると、店側が100%悪かったようには見えない。乙武さんの書き方だと、店側が車いすで障がい者なので、面倒だから冷たくあしらったように見えるが、実際のところ、本当にそうだったのか。

ここで店主が乙武さんにリプライ。
‏@takosin @h_ototake
乙武様、GANZOの高田晋一と申します、私のスキルが なかったばっかりに本日は御無礼申しわけありませんでした。少ないスタッフで営業しており、大変失礼なんですが、車椅子のお客様は事前に御連絡いただけないと対応しきれない作りになっております、

事前に事情がわかっていれば入り口に近いお席にご案内して入店のストレスを軽減したり、ほかのお客様の入店時間をずらしてスタッフがご案内できる余裕を持たしたり対応させていただきました。本日は他のお客様のご案内が立て続いておりまして乙武様には大変ご無礼でしたが

ご案内が困難と判断しお断りさせていただきました。お気分をがいされたと思いますが申し訳ありませんでした。もし次回タイミングが合いましたら是非宜しくお願いいたします。ganzo シェフ 高田 晋一

こうなってくると、事前連絡をせずに、店側の対応を非難している乙武さんにも非があるように見えて来る。実名を挙げてまで数万人に晒されるほどのことだったのか。

@h_ototake @takosin
高田さま、ご丁寧にご連絡ありがとうございます。
また、本日は結果的に予約に穴を開けてしまい、申し訳ありません。
こちらが事前連絡を怠ったことで、お店に不測の事態を生んでしまったことにも、お詫び申し上げます。(続く)

ここで収束かと思いきや。続いて乙武さんは、
@h_ototake @takosin
ですが、15分ほど階下でお待ちしたのち、ようやくホールの男性スタッフが「手が空いたので、いまから下に行きます」
と私の連れに言ってくださったのを押し止めるようにして、わざわざキッチンから出てきて「事前に連絡をいただかないと」と拒んだ意図は理解できませんでした。

また、「忙しいから対応は無理」なはずなのに、店主みずから階下まで降りてきて、こちらの非をなじられたことにも驚きました。「その余裕があるなら、ご対応くださっても…」というのが正直な思いでした。もちろん、こちらもあらかじめご連絡すればよかったのでしょうが。


とツイート。
あくまでも店側の非を語る乙武氏。確かに、15分待たせた上で断るのはどうかとも思うが、はじめに対応したのが若いスタッフなので、運べるかどうかや、店内の状況を見ての対応ができなかったのも無理はないとも思える。

もちろん、こちらもあらかじめご連絡すればよかったのでしょうが
とあるが、とにかくそれに尽きるのでは?とも思う。

ご対応くださっても、とあるが、では、店側はどうするのが正解だったのだろうか。それを考えるのが、今回の誰の立場に立って考えてもどうにも胸糞の悪い問題をポジティブに昇華する上で最も重要な点だと思う。今回乙武さんとGANZOがどうすべきだったのかわかれば、多くの飲食店が同じような問題に遭遇した時の参考にもなるだろう。自分は飲食店で働いていたことがあるので、経験をもとに、店側の立場に立って意見を言ってみることにする。

この記事に含まれるタグ : 乙武 レストラン 拒否 ganzo 

FC2スレッドテーマ : 芸能ニュース (ジャンル : ニュース

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-478.html

2013/05/27 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

桜宮高校の体罰自殺問題まとめ。桜宮高校の特異性について

   ↑  2013/01/22 (火)  カテゴリー: コラム
久々に記事を書こうと思う。
今回は現在橋下知事や生徒、学校と様々な組織や個人を巻き込みメディアも揺れている「桜宮高校の体罰自殺問題」について書いていく。このエントリーをはてなブックマークに追加


桜宮高校の自殺問題がどのような事件であったかについては、
さらに明らかになる実態、桜宮高校体罰問題を振り返る(NAVERまとめ)
をご覧になるといいだろう。

事件の経緯の欄に、
12月18日、母親は息子が顧問に叩かれたと述べ鼻が腫れていることを確認

12月19日、母親は顧問に息子をキャプテンから外してかまわないので体罰を止めるよう訴え、顧問は体罰の中止を母親に約束

12月22日の練習試合で顧問は試合中にミスをした生徒の顔を平手打ち

12月22日、母親が体罰の有無を確認すると息子は30~40発は殴られたと話した

12月23日6時半ごろ、自室にて制服のネクタイで首をつった状態で死亡しているのを母親が発見

母親は遺体の腫れた顔を顧問教師に見せながら指導か体罰か質問した。顧問は「体罰です」と認めたが謝罪はなかった

といった流れが載っている。これを見ると、異常性がよくわかるように思う。事前に母親が顧問に訴えているにも関わらず、顧問は体罰を辞めなかった。顧問がしっかりと対応すれば防げた自殺だと自分は思う。

この桜宮高校の体罰自殺事件を追っていく上で参考になると思うので、他の学校の暴行事件等ではどのような結末になったのか見ていくことにする。

教師の体罰・暴行・犯罪
を見ると、実は体罰によるとみられる自殺は桜宮高校の前にも存在した。

この記事に含まれるタグ : 桜宮 自殺 体罰 教師 まとめ 

FC2スレッドテーマ : "いじめ"問題 (ジャンル : 学校・教育

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-445.html

2013/01/22 | Comment (14) | Trackback (1) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

2012年衆院選、投票先を決めるために政策比較等のサイトを紹介してみる。

   ↑  2012/12/15 (土)  カテゴリー: コラム
いよいよ明日ですね、投票日。このエントリーをはてなブックマークに追加
今回の選挙、ツイッターにおいてスガシカオさんやマキシマムザホルモンのナヲさん、蒼井そらさんなど影響力のある芸能人が投票についてツイートしていたりと、今までの選挙と少しカラーが異なるように感じます。

原発、TPP、尖閣、竹島に震災復興、増税に基地問題と、政治が絡んだ大きなニュースがかなり多かったために、国民の政治への関心が高まっているのも原因の一つだと思います。投票数が上がればいいですね。

当日や期日前に仕事や用事が入って行けない人についてはわかります。
しかし、
「投票したいところがないので投票しない」「嫌な政治家に投票したくないので白票で出す」
という人をたまに見かけます。

そうした意思表示が日本を何か変えるでしょうか?
投票率が下がったり無効票が増えると、結果として、信者の固定票を獲得できる宗教政党や、特定大企業の支持を受けた政党など、
「固定票を受けられる政党」
が強くなってしまいます。

そうしたことを防ぐためにも、投票率を上げることは必要だと思います。白票が多くなっても政治は変わりません。支持する政党が無いのなら自分たちの組織から擁立するのが一番です。それが出来ないのならば、少しでもまともな党に票を入れましょう。政策を比較すると、各党かなり特色があるのがわかります。

しかし、実際のところ、政党がいっぱいありすぎて(政党一覧)、どの政党、どの人に投票すればいいかわからない。
社会人で忙しいし、調べる時間も無いし、わざわざ調べるのも面倒臭い。
という人がおおいと思います。そうした人のために、政党ごとの政策比較をしているサイトを集めてリンクしてみます。以下、参考にどうぞ。


時間の無い人、面倒臭がりな人は
マニフェストマッチ(Yahoo!みんなの政治)
を利用するといいだろう。
分野別に各党が掲げている政策が並べられているので、自分の考えに最も近い政策を選び、「支持する」ボタンを押して次の分野に進み、結果としてそれぞれの分野でどの政党の政策を選んだかわかるというわけだ。
2012年22時現在の参加者は375,218人。結構な人が利用していることになる。

よりわかりやすく政策を知りたいという方は、政党ごとに政策を比較しているサイトを利用することをお勧めする。

2012-12-15 各党の政策の違いを日経で概観してみた(シェイブテイル日記)
個人ブログだが、情報ソースに日経を使っているため信頼できる人も多いだろう。画像が多く線グラフや円グラフで細かく述べられているので非常にわかりやすい。読むのに時間もかからないし詳しく述べられているので、おすすめだ。

その他、
各党の政策比較表参考ページまとめ【2012年衆院選】(NAVERまとめ)
も参考になった。

本ブログ記事が必要ないくらい多くの比較サイトの情報が載せられていた。
・各党の公式サイトと政権公約等PDFページ
・比較総合
・TPP
・経済・金融政策
・原発
・憲法
・消費税
・ジェンダー
・外交・安全保障
・子育て
・地方・地域活性
・公共事業
と、それぞれ項目ごとにまとめられたサイトを紹介していて、非常にわかりやすい。特別気になる項目、たとえば原発関連はもう少し詳しく知りたいという方がいたら、こちらをチェックしてみるといいと思う。

衆院選・主要政党のマニフェスト比較(時事ドットコム)
項目が少ない分非常にわかりすい。時間の無い人はこちらを参考にどうぞ。ただ、維新、未来とみんなの党が無いのが気になる。今回の選挙では、自公と民主以外選択肢を選びたい人間にとっては、社民や国民新党より、みんな、維新、未来の新党の政策を気にしている人も多いはずだ。

2012選挙政党別主要公約比較表(概要)(Multi-Columns)
個人ブログ的な造りではあるものの、グラフになっており非常にわかりやすい。政治が関わる場合、必ずしも大手マスメディアが信頼できるとは限らない。というのも、個人と同じように、メディアごとに利害に絡んだ政党を応援するようになっているため。

予想議席、TPP、原発、消費税、経済政策、日銀、外交、歳入庁、国民番号とそれぞれ政策ごとに政党がどのような立場をとっているかわかりやすく紹介されている。ただ、項目が多い文一つ一つの情報は薄い。賛成反対のみで描かれているところはもう少し細かな情報が必要な気がする。消費税に関しては賛成、反対のみで書かれているが、実際には条件付きで賛成といったところもあり少しわかりづらい。賛成と反対の二つで分けられるほど政治はシンプルではない。

同じことは
第46回衆議院議員総選挙-衆議院選挙2012- 政策比較一覧
のサイトでもいえる。わかりやすすぎる弊害として、各政党の意見が曲解されるおそれがある。

また、賛成か反対かのみを挙げる場合、対案を述べる必要が無いため、やや理想主義的な政党が強くなり、現実路線の政党は印象が悪くなる傾向があると思う。ただ、このサイトでは政策のPDFもリンクにあるので、詳しく観たい人はそちらも参照できる。ただ、そうした根気のある人が果たしてどれだけいるかは疑問。

衆議院選挙2012「政党情報&マニフェスト・公約比較表(政治山というサイト)
写真つきのグラフになっており、見やすい。色々なサイトを調べたが、このサイトは見やすい方といえるだろう。政策もかなり細かく分かれて紹介されている。ただし、維新の党や国民新党、大地やみんななど、主要といえる第三極が欠けているのが気になる。このサイトだけでは不十分だろう。

政党比較してみた (さーしゃさんのつぶやき)
個人ブログだが、各政党のHPから抜粋したものや新聞記事から抜粋した情報を基にわかりやすいグラフを作成して画像にしてアップしてある。政党ごとに非常に細かく書かれており、参考になる。

項目も多く、経済対策、社会保障、TPP、エネルギー、教育、外交から個人的メモまである。また、わかりやすい文章で書かれているためありがたい。このサイトでの比較を観ていると、第三極の中で、ネットでは殆ど政策情報を仕入れられない党もあるようで、今の時代にそれは……と少し思ってしまった。

この記事に含まれるタグ : 政党 政策比較 2012 衆院選挙  政治 

FC2スレッドテーマ : 政治 (ジャンル : 政治・経済

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-439.html

2012/12/15 | Comment (5) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

AKB48河西いきなり黄金伝説リタイアで改めて上がる玉森・道重の評価

   ↑  2012/11/08 (木)  カテゴリー: コラム
このエントリーをはてなブックマークに追加 みなさん、テレビ朝日の『いきなり!黄金伝説』という番組はご存じですか。
この番組の目玉企画である「1か月1万円生活」は、ガス・光熱費込みで1か月1万円以内で生活し、残金を競い合うというもので、
よいこ濱口の素潜りによる「とったどーーーー!!」
が最も有名だと思いますが、他にもキスマイ玉森のタマネギ生活など面白い回があり、毎週楽しみに観ています。

毎回勝負するメンバーが異なるのですが、今回は
「平成ノブシコブシの吉村さん」と「経済アナリストの森永さん」そして「AKB48の河西さん」
の対決……となるはずでした。

しかし!
AKB河西さんが5日目の残金報告から姿を現さず、ネット上では、
「AKB秋元お得意の話題作りのヤラセじゃないか」
「これはガチだろ、来なかったら企画が成立しない」
などなどその時点で様々なうわさがささやかれていました。
AKB河西智美の1カ月1万円生活″リタイア″ 内通者の暴露書き込みが話題に(ライブドアニュース)
という記事にもありますが、内通者らしき人の書き込みまであり、波乱を巻き起こしていました。

そこで今回11月8日放送での折り返し地点での正式報告に注目していたファンもかなり多かったと思うのですが……結果は「リタイア」とのこと。
AKB河西、『1万円生活』史上初のリタイア 5日目で断念していた (oricon style)
理由ははっきり説明されず、ただ「体調不良」とのことでした。
彼女は過去にも何度か体調不良で番組を棄権したり握手会を放棄しているらしく、ただのサボりだろだとか、仕事をなめているんじゃないか、という意見も多くあるようです。普通の事務所なら余裕で干されるはずのところですが、さすが天下の広告代理店の関わるAKBというところでしょうか、今のところお咎め無しのようですね。

若干身体を壊しながら野外生活をするノブコブ吉村がいる分、その「体調不良」という単語がかなり虚しい響きに感じられましたね。番組的にも絵面がひどく、ブサイクキャラの森永さんとホームレス吉村という殺伐とした感じに。女性的に正当派の料理を作る人が一人もいなくなってしまった!これは出演した二人も可哀想。

敢えて河西という人を擁護するとしたら、
アイドルには厳しすぎたか…』や、『まぁ、忙しいからな…
というところでしょうが、実は黄金伝説には、過去にアイドルとしてキスマイの玉森裕太君や、女の子でもモーニング娘。の道重が参加していたんですよね。

しかも二人とも、1万円生活中にかなり大規模なコンサートを挟んでおり、体力的にも相当辛かったはずなんですよね。だからこそ、番組を通して二人の好感度はかなり上がりましたが。

この記事に含まれるタグ : AKB48 モーニング娘。 河西 道重 玉森 黄金伝説 1万円生活 

FC2スレッドテーマ : AKB48(秋葉原48) (ジャンル : アイドル・芸能

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-434.html

2012/11/08 | Comment (6) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。