3
 

PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 ( ← 2010年01月 → )

total 3 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

戦うセバスチャンバトン

   ↑  2010/01/12 (火)  カテゴリー: バトン

戦う!セバスチャンバトン

Q1 どうもーこんにちわ!シロネコ運送でーす!
A1 黒猫って不吉だって言われてるだろ?でもそんな迷信、猫にとっちゃ、迷惑なだけだよな。可愛いベーベ、子猫の赤ちゃん。
Q2 このバトンは戦う!セバスチャンってジャンルなんですけどー知ってます?
A2 そういえば俺の執事は、セバスチャンて名前だったな…彼も、いつも何かと戦っていた。自分自身のアイデンティティーと、職務の狭間で。
Q3 あっそうでしたか!
A3 妄想だけど。
Q4 そういえば遅くなっちゃいましたけど、お名前は?
A4 パトリケイジ、重度の厨二病患者さ。ジーザス!
Q5 へー!いい名前ですね!あ、僕は白猫っていいます^^
A5 にゃにゃ~にゃんにゃ~にゃにゃにゃにゃにゃ、にゃにゃ!猫ならわかるだろ。
Q6 ココだけの話、デーデマンさんのお家ってどう思います?
A6 デーデマンてあれか、ダウンタウンと坂本龍一がやってた、パンツにう○ちついてる下品すぎて黒歴史なキャラクターか?
Q7 ですよね!僕もそう思います!
A7 それはアホアホマンか。ネタが古すぎてわからんか。
Q8 今からまたデーデマンさんの家に配達なんですよ~
A8 じゃ、ついでに私の下心、届けておいて下さいよ。キシシシ
Q9 それじゃーもう時間なんで!ではまたっ!
A9 キシシシ
Q10 あ、忘れてました(汗)荷物は4605-15-15、シロネコ運送、アナタも是非ご利用くださいね!!
A10 シロネコ運送がシコネコ運送に見えた。シコとつくだけで下ネタを連想しちまう俺は結構やばい病気かもな。
なんかさ。
1Q84てやたら流行ってんじゃん。



流行もの=俗

ってイメージがあって、いったん廃れるまでいまいち好きになれない俺の天の邪鬼な性質から、村上春樹はノルウェーの森とねじまき鳥と、海辺のカフカしか読んでないんだけど、どうなのかね。


文学部の女の子が春樹について語るのを聞くと、やっぱ女子大生だな、って感じてしまうのはなんでだろう。

でも、昔同級生で村上春樹を崇拝していたやつは、俗とは正反対なやつだった。

その両端に愛されてるってのは、素直にすごいことだ。売れてるからすごいってわけじゃないけど。
というか、俺が意固地になってるだけか。

個人的には、あの説明口調と、シンプルな描写と、所々入るエロ描写は、好きではないが…


読む前にあーだこーだ言うのも、プレイする前にクソゲーって評価したりするAmazonのドラクエ最新作のレビューみたいでだせぇし、とりあえず読んでみるかぁ。

なんだかんだ、戦後の文豪にひかれちゃうんだよなぁ。妙に美しくて、脆くて、精一杯で、荒削りで、でも洗練されている、無頼派。

無頼派かっけぇよ。
ロックだよ。

太宰好きって、ナルシズムと自虐の狭間で彷徨ってる(ミスチルの歌詞)ような痛々しいやつが多いけどさ、

安吾って今実際いたら多分かなりラリった人だけどさ、

狂気っぽい中に見える真実とか、武骨さとか、恥ずかしさとか、弱さとか、なんか全部さらけ出してる感じって、当時ならではだと思うんだよなぁ
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : モブログなんでも (ジャンル : モブログ

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-138.html

2010/01/12 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。