PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 ( ← 2010年03月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

鬱、ペンギン、ゆめにっき

   ↑  2010/03/02 (火)  カテゴリー: 日記・妄想
家がバタバタしている。
僅かに残った自尊心のカケラと、諦めと、3分の1の純情な感情の間でゾワゾワしている。そういう時は、物凄く寂しく、人恋しくなるか、誰とも逢いたくなくなるかのどちらかである。





鬱病か!





人恋しさがあらわれた結果かわからんが、こんな夢を見た。

俺は、
「ペンペン」
というペンギンを飼っていた。
いつも俺についてくる可愛いやつだ。
ある日家族でプールに行った。ドーナツ型のプールの中央には、鯨のいるプールもあった。

ペンペンが乾きをうったえたので、俺は、ペンペンを鯨のプールに入れた。ペンペンは、嬉しそうな顔をしていた。その後俺は、ペンペンと一緒に泳いだりした。

家に帰ると、ペンペンがまた喉の渇きを訴えたので、コップに水を入れ、ペンペンに与えた。我が家は、そんなに大きくはないが、父親が少ない年収で買った誇らしい家だ。そんなことを考えながらリビングに行くと、父親と、知らないおじさんが話していた。知らないおじさんは笑顔で、父親は、引きつった顔をしていた。俺は、3歳ぐらいだったのだろう、幼い言葉で、ペンペンの自慢などをした。

そしてまた俺はペンペンに水をやり、俺はコップに残る水を飲んだ。

俺は、父親が借金をしていたこと、返さないと、大切な何かを失うこと。死にたくない。

そんなことを考えていた。
そこで、夢は終わった。
スポンサーサイト

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-184.html

2010/03/02 | Comment (1) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。