PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 ( ← 2010年03月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

イジメについて、さかな君さんのコラムと、日記。

   ↑  2010/03/16 (火)  カテゴリー: 日記・妄想
なんか、ニコニコ動画に中学生のいじめ動画がアップされてたってことで…。

いじめについて、魚と絡めた素晴らしい記事があったので紹介する。
著者は、さかな君さんだ。

「広い海へ出てみよう」
asahi.vcom:いじめられている君へ
http://www.asahi.com/edu/ijime/sakanakun.html
(以下、引用)
中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

 でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

 広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

 ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

(朝日新聞2006年12月2日掲載)


さかな君さんさすがだな…
大人な意見だ。
いじめするやつは許さんぞ。
いじめ、かっこ悪い。って言葉があるが、まさにそれだよな。
いじめとかダサいことしてんなよ。
そこに使うエネルギーを、音楽とかスポーツに向けたほうが、よっぽど生産的だぜ?
そう思わないか?
少なくとも、俺はそう思うね。いじめられているやつも、いじめるような人間のいるコミュニティーに拘らずに、
自分で世界を作り出しちまってもいいんじゃないか?例えば、HP作るとか、こういう風にブログ作って、自分の作品でもアップしてみたりさ。
応援するよ、口だけみたいに思われるかもしれないけどな。
まぁ確かに、自分でなんとかしなきゃいけないときもある。
誰も頼りにならないときは、頼りにできる人がいる場所を探すだとか、色々方法を模索して、頑張ってくれ。
それでもくじけそうになったら、メッセージでもいいし、コメントでもいいから、相談にのるよ。
力にはなれないかもしれんがね。



以下、日記↓
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : 日記 (ジャンル : 日記

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-194.html

2010/03/16 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。