3
 

PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 ( ← 2013年08月 → )

total 3 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

パシフィック・リムの感想と考察

   ↑  2013/08/20 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
まだ観ていない人のために、前半はネタバレ無し、後半は ネタバレありでレビューしていきます。

監督は「ギレルモ・デル・トロ
メキシコ出身の監督で、10年以上特殊メイクに関わった後に監督になるという異色の経歴の持ち主。
その経歴も活きてか、本作も「怪獣(Kaiju)」の造形のリアルさ、デザインの特殊性が大きな見どころのひとつになっています。彼の有名作の一つであるパンズラビリンスに出て来るパンのような、妙に人間味の感じられる独特の雰囲気をもったデザインの怪獣が数多く出てきます。妙にリアリティがあったりグロテスクに見えるのは、まさに特殊メイク業界での経験が活きているといえるでしょう。怪獣の血が吹き出る場面や脈うつ場面、しっぽが巻きつく場面など、非常にリアリティがありのめりこめます。

ただし、内容的には「パンズ・ラビリンス」的なリアル志向のグロテスク作品とは大きく異なり、近年の映画作品でいうとバトルシップに近く
「アクション性の高い近未来SF映画」
的な作品に仕上がっています。日本人が活躍する、海での戦闘が中心、未知なる生物が相手と、類似点がいくつかあります。

日本の要素が出る映画は非常に多くありますが、その多くが
「ワイルドスピードX3」
のように、どうみても日本じゃなかったり、日本人役の出演者がカタコトの日本語を喋ったりする中、この作品では
「菊地凛子」さん
「芦田愛菜」ちゃん
ら二人の日本人がきちんと日本人を演じてくれます。しかも、ヒロイン。
こうした大作で日本人が準主役級をやるのは非常に珍しいことだと思います。まずそこが見どころです。

公開前からわかる人はわかると思いますが、ウルトラマン等の日本の特撮や、エヴァやガンダムのようなロボットアニメのオマージュがわんさか、監督の男のロマンを体現したような映画です。そういう意味では「当時」ウルトラマン世代だった結構年齢層の高めな大人が観ても楽しめると思います。作品中にも、怪獣マニアの博士が出てきたりしますが、そういう人のこの映画の評価が気になるところではあります。ロボットアニメ、ロボット映画好きの自分にとってはかなり楽しめる映画でした。こいつバルタン星人じゃね?とか、特撮モノと比べて観ると更に面白いかもしれません。当時観ていたものがかなり高いクォリティになって劇場で観られる、となると、観くなる人はたくさんいるはずです。

この世界では、未知なる存在「Kaiju」と戦うロボットは「イェーガー(ドイツ語で狩人の意味)」と呼ばれています。このイェーガーのデザインや動きに関しては、賛否両論あると思います。

まず、ロボットアニメによくあるような派手な変身シーンや合体シーンは一切ありません。ガンダムのような尖ったアンテナやシャープな造形でも無し。戦闘もパンチが中心で、デザインも非常に地味でリアリティを重視しています。そういう意味ではややフロントミッションやアーマードコアに近いですが、何しろ巨大。巨大ゆえにかなり鈍重です。その上アーマードコアやフロントミッションのようなバーニアスラスターが無いため、基本的にスラスターは使用せず歩行での移動になります。歩く度街を踏みつぶす様はまるでウルトラマン。笑

日本のロボットアニメでいうと、ビッグ・オー的な重厚感があり、その重厚さ、鈍重さこそがイェーガーのウリですね。デザイン的には主人公機よりストライカー、チェルノの方が好きでした。ただ、肉弾戦中心の近距離タイプというポジションなのは男気があって素晴らしいと思います、「ジプシー・デンジャー(主人公機)」。

運転システムは、過大な負荷を分散させるため2人のパイロットによるシンクロ「ニューラル・ハンドシェイク」が必要という斬新なもの。それゆえコックピットも特殊な形になっている。その際に記憶の一部もパイロット二人で共有することとなり、そこが本作品の一つの大きなカギとなっている。

シンクロというとエヴァを思い出すが、そうしたロボットアニメのロマンを感じさせます。操縦システム的には、どちらかというとエヴァよりはアクエリオンの方が近いけど。
アクエリオンでは
「あなたと合体したい」
という下ネタがあったが、こちらの作品でも、
「君と結合したい」
「結合で大切なのは、心の繋がりだ」
というようなどう解釈しても下ネタに聴こえるような台詞がいくつか。

舞台は香港中心ですが、日本人の女優が出演するロボット映画ということで、日本人もワクワクでき共感できるポイントがいくつもあるため、必見。個人的にはかなり面白かったです。特撮オタク、ロボットマニアにとっても楽しめる映画だと思います。どちらかというと、女性よりは男性、しかもややオッサンの方が楽しめる映画かも。登場人物の心理描写はやや薄く内容も薄めですが、それを補ってあまりある「イェーガー」そして「Kauiju」の織りなすアクション。魅力的です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : パシフィック・リム 感想 考察 アクション 怪獣 菊地凛子 ネタバレ 映画 レビュー 

FC2スレッドテーマ : 映画情報 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-491.html

2013/08/20 | Comment (2) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。