PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

この記事に含まれるタグ :
イチロー  WBC  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

WBCの決勝をみて。

   ↑  2009/03/25 (水)  カテゴリー: 日記・妄想
3月24日…つまり今日。
日本国内はWBC決勝の韓国戦で盛り上がっていた。
あまりスポーツ観戦はしない俺でも、WBCの動向は気になっていた。

特に気になっていたのが、イチローの存在だった。
WBC開始前までは、
「神」「リーダー」「天才」
ともてはやされ、持ち上げられ、
いざ、WBCが始まってみて調子が悪いとみられると、
「先発からはずせ!」「ゴロー」「イチローのせいで負けた」
と散々ないわれよう。

世間というのは冷たい。
熱しやすく冷めやすい。
冷めたときは、それはもう残酷すぎるほどに無関心になる。

期待が大きければ大きいほど、
裏切られたときの反動はデカくなる。

バブルのようなものだ。
虚像が破裂したときの衝撃は凄まじい。

イチローのすごいところは、
期待されて、それをやってのけて、それ以上のことをやり遂げるところだ。
「虚像」として誇張されるようなスペシャルを、「実像」として、やってのけてしまうところ。


人柄だって変わった。昔はもっと無愛想だったそうだ。
バッティングフォームだって変わった。メジャー仕様に変更した。
だがそれは、自然に変わったんじゃないだろう。
彼は、変わろうと努力したのだと思う。それはもう、血の滲むほどに。

「色々妥協した、でも、野球だけは妥協しなかった」

そんなようなことを言ったことがあるそうだが、偽りはないと思う。
かっこよさげな言葉だが、妥協しないことほど難しいことはない。
彼は、それをやってのけた。
確かに天才だけど、努力もするから、たとえ研究されても、警戒されても、
結果を出すことができた。
シーズン中に不振になった時もあったけれど、そういった時でも、
我慢強くプレイした。

WBCの時、彼への期待は頂点になった。
メジャーでの実績は、他の日本人選手を寄せ付けないものになっていた。
日本の歴史上でも、凄まじい記録をもつ、まさに、希有の天才として、
世間はイチローを持ち上げ、その一挙一動を気にした。大げさなほどに。
それほど期待される実績と実力があった。

だが、WBCで、彼は、不調だった。シーズン初めは不調になることが多い彼だが、
ファンの多くは、
「イチロー、何故打てない」「天狗の鼻が折れたとき」「そろそろ潮時か」
イチローに対して疑念を抱き始めた。
チャンスでアウトになるたびに、それを記憶した。
他の選手がそうなった時以上に、イチローのアウトは、ファンの脳裏によぎった。
ニュースでは、打っているときのイチローしか映らない。
内野ゴロ?
イチローは、こんなはずじゃない、と。



イチローのWBCにかける思いは、なみなみならぬものがあったはずだ。
それは、発言に表れている。

スーパースターは、考えた。
盗塁に失敗したり、ゴロでチャンスを無駄にしたこともあった…不調だった。研究もしつくされていた。だが、なんとかチームの勝利につなげようと、考えた。
ゴロで、犠牲ヒットもあった。送りバントもあった。
守備でも、全力疾走した。
気合が空回り、エラーや、スライダーに手を出して三振してしまう時もあった。
だがそれほど、「したたかなスター」にも、大きな重圧がかかっているということだ。

彼はわかっていたはずだ。
もし、決勝でも結果が出せなかった場合、叩かれる。
よぎったはずだ。その姿が。
だが、彼は負けなかった。
決勝で、見事に結果を出してみせた。

スクイズの構えをみせ、盗塁を助けた直後、華麗なバントヒットを決めた。
だが、そのバントは、自らがアウトになっても、送れるからよい、という計算のもと行われたはずだ。
犠牲になってでも、勝利につなげる。
イチローだけじゃない。日本の強さは、そういった、打撃成績、防御率ではなく、
勝利を最終目標に掲げた選手がたくさんいたことにあると思う。
とにかく、みんなすごいと思った。
スター選手の中で、過度に期待されるもんだから、余計に大変だったと思う。

最後、イチローが2点タイムリーを放ったとき、
俺は、野球の神様、ありがとう!と思った。
日本の勝利に対してだけではない。

イチローのひたむきさを、裏切らないでくれて、ありがとうという意味も込めたありがとうの気持ちだった。
イチローの実力が引き寄せたヒットだったとは思うが、打てないという「運」も当然含まれていたはずで(例えば、読みが外れるとかね)もしあそこで打てない運がきていたら、イチローに対するバッシングは凄まじいものになっていたはずだ。
でも、そうならなかった。

本当に、よかった。
ビールかけの時にはしゃぐ姿を見て、本当に幸せな気持ちになった。
本当に嬉しいんだな、という気持ちが伝わってきた。

驚きだったのは、選手たちの仲のよさだ。
短期間であそこまではっちゃけられるというのは、それだけ濃密な時間を過ごしてきた仲間ということだと思う。


最後に。
「先輩を思いやらないこの感じが、勝ちをうんだんです」(←あやふやだが)
イチローのこの言葉。
企業においても、サークルにおいても、大切なことかもしれない。
礼儀は大事に、しかし、壁を作らない。作らせない。
そうすることで、風通しのよいコミュニケーションを生み出し、意思の疎通を生み出し、
結果、まとまりを作り出す。
もちろん、それは心の中での敬いがないということではなく、場によって、垣根を越えて来る、この或る意味でずうずうしいような部分、そういったものは組織において大切なことだと思う

WBC日本代表は、紛れもない、最強のサムライ軍団だ。
サムライが軍を為すと、強いということが証明された!
明治政府に敗れたサムライの精神は、まだここに残っているぞーー!
なんてことを考えるネット右翼、パトリック。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


この記事に含まれるタグ : イチロー WBC 

FC2スレッドテーマ : 雑記 (ジャンル : 日記

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-12.html

2009/03/25 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: WBCの決勝をみて。

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。