PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

自分の中で最高のゲームシステム。

   ↑  2010/01/06 (水)  カテゴリー: 日記・妄想
小泉今日治さんの手掛けるゲームは、総じてシステムが面白い。
いや、河津神の手がけるゲームが面白いのか。
それもあるだろうなぁ。サガフロ2のシナリオは神だったし。


単にレベル上げ作業をすれば簡単に先に進めるようになることがない。

そんな彼のゲームの中で俺がシステム的に最高傑作だ!!
と思っているのは、アンリミテッド・サガです。


え?あのアンサガ事件(クソゲーと評判になり中古に溢れた商業的な大失敗)で有名なアンリミテッドサガ!?

と思う人がいるかもしれない。が。
アンサガは単なるクソゲーではない。かなり人を選ぶゲームだとは思うが、ハマる人はハマる。
良質なクソゲーだ。

確かに俺も、買ってプレイしてみてすぐ「クソゲーだわこれ」と思った。
サガフロ2が楽しすぎたので、それに期待してプレイした、という理由も多分にあると思う。

アンサガは、
・ストーリーが想像補完
・マップも想像補完
であり、薄い。
(メインストーリーがもう少し厚ければ、神クラスになったかもしれない。が、スクエニはffにばかり開発費をかけているので仕方ないかも)

という点で、従来のサガ、特にフロ2より大幅に劣る。
(ちなみにサガフロ2も俺の大好きなゲーム。)

このゲームの一番の失敗は、ナンバリングタイトルで出したこと。(ナンバリングタイトルでなければ、俺も手に取ることはなかったかもしれないが)


では何故最高傑作といえるのか?

買ってからまず、
キャッシュ編で始めた。
序盤の
「剣難峡」
で、仲間分断。
→難易度高すぎて詰む。
必死にクリア。クリア時のキャッシュのLP2。

むずい。
ストーリー薄い。
マップない。
敵と戦いまくっても能力あがるわけじゃないから不毛。
飽きた。
やめよ。


そう思っていた俺も、今では、人生で一番繰り返しプレイし楽しんだゲーム=アンサガ
になっている。

アンサガってクソゲーじゃないの?
そう思うあなたにアンサガを楽しむ秘訣を教えよう。

確かに説明書が薄く、システムもわかりづらすぎる。

だがそれが、試行錯誤する楽しさを与えてくれる。説明が多すぎると、ゲームの中の未知の要素が明らかになり、スリルがなくなる面もある。


キャラではなくプレイヤーが成長することで、みるみるうちに難易度が下がる。

特に、
・戦えば強くなる
従来のRPG通りの考えをもっていたらそう思うが、
このゲームは違う。

・高レベルの宝箱を空けると強くなる。なるべくザコ敵とは戦わない。
こうすることで、高レベルパネルが来やすくなり、戦闘の不毛さも改善され、プレイのサクサク感がグッと上がる。
最重要スキルは
鍵空け
罠外し
で、能力アップ用に体術をつけたりする。

制限ターン内で鍵を空けるスリル。クリア直前でタイムアップする悔しさ。高レベルパネルがきたときの喜び。

何より、楽にレベル上げができないこと。ランダム要素が強く、相当鍛えていても苦戦することが多いこと。

個性のあるキャラクターグラフィックと、美しい戦闘グラフィック。リールによる連携で、弱い技の存在価値が生まれ、目押しが上手くなることで、自分の実力アップを感じる。

説明がない分、システムを理解してきた時の楽しさは格別。

・実は剣が弱い
それを知った時は、くそやろう!!と思うと同時に少し嬉しくもあった。

軽体術や体重の概念、術レベル、魔道盤、合成術の概念を知った頃には、虜になっていた。ボスのLPを3とか4削った時の喜びは半端ない。

それから、ジュディをクリアして一旦放置。→ヴェントをクリアして一旦放置→ミンサガを挟み、ミンサガに飽きた頃にローラ編を挟み、ラスボス前でセーブしてしまったせいで詰み、また放置。

→再びキャッシュ編。

で、マイス編を始める。
と、完全に中毒に。


久し振りにやってみると、このゲームの良さに気付くかも。ネットでクソゲークソゲー書かれすぎているけれど、全くクソゲーではないと俺は思う。

数あるゲームの中で、一番ハラハラして、一番ワクワクして、一番イライラしたのは、このゲームだ。

ミンサガは、無足、加撃のシステムはよかったけど、強い技の価値が高すぎて、パネルシステムの方がいいなぁ、と思った。BPシステムもなかなかよかったけど、BPなくなるとグダるし、戦闘が一気に地味になるから。

あと、自由度は高いが、楽に強くできる分、簡単すぎ。皇帝の奇病やテンタクラーは苦戦したけど、クイックセーブあるから簡単にやり直せるし。

俺的に、アンサガの続編が出て欲しい。キャラ絵と音楽とグラフィックとシステムはそのままで、ストーリーやムービーや、技や武器、パネルの種類を増やして。


でも、世間から相当叩かれてるから、無理なのかなぁ…

残念です。


まぁ、散々ほめちぎったけど、
このゲーム、やっぱりクソゲーです。
でも、時間のある時、暇なときにやると、驚くほどハマれます。
お試しあれ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


FC2スレッドテーマ : ゲーム (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-130.html

2010/01/06 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: 自分の中で最高のゲームシステム。

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。