PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

ラブコメ演劇を見た感想( 磯川家)

   ↑  2010/07/15 (木)  カテゴリー: 日記・妄想
昨日は高校時代からの友人に誘われて演劇を見に行った。漫画に出てくるような御曹司でハムの人と、
演劇やったりたまに映画でたり色々やってる女の子と、
その子の彼氏でイケメンの演劇ホープの人と、俺と四人で見た。


磯川家っつー大阪からきた(?)劇団。

内容は、隣同士に住む幼馴染みが窓越しにやりとりして、すれ違ったり三角関係になりそうになったりするけど、最終的に付き合ってハッピーエンドになるという、かなりコッテコテのラブコメ話。


…久々に「三次元で」こんなにキュンキュン(死語)したわ、という感想。まぁ演劇は2.5次元的な感じもあるけど。


セットのリアルさというか完成度の高さにまずびっくり。
主役の人の演技がすごいいい感じだったのと、ヒロインの母親がかなり美人でハマりキャラだった。

ストーリーがとにかくコテコテのラブコメで甘酸っぱいんだけど、第三者の目で「さむっ!」とみることはなかったな。結構俺なんかはよくそういうひねくれた視線で見ちゃって楽しめないことが多いんだけど。

所々小笑いをはさんでいたのが、よかったんだろう。シリアスにやるとセカチュー的なDQNラブラブなクソ物語なんだけど、そこに笑いが入ってたことで、そうならなかった。むしろ微笑ましいと思えたな。


会話のテンポもよくて、眠くもならなかったし。

最後に、もしかしてヒロインが死ぬオチじゃねーかと予測していたが、そのフラグを回避して見事に全てまるくおさまるハッピーエンドになったのがよかった。

耳をすませばでたとえると、
「雫…結婚しよう!」
的なね。

痒い痒いと思いつつも、ニヤニヤしてしまった。


登場人物のキャラがすごくわかりやすいのと、自然に好感がもてたので、主人公たちに感情移入できて、懐かしい中学高校時代の甘酸っぱい経験を思い出した。

『うわー!
中学に戻ってこんな恋愛してえーっ!幼馴染みと結婚を約束してえぇぇーっ!』
と思うことうけあい。


機会としてオルタナティブな演劇見ることが多いし、そういうのが好きではあるんだけど、たまにはこういうコテコテラブコメもいいなぁと思った。

ギャグは案外少なかったから、噴出す場面は2~3回だけだったけど、何回かクスッとかニヤニヤッとなったし、何より、見終わった後、素直に
「ほわぁぁ~

若いものはいいのう…


ってなったからね。
いい気分だったよ、難しいことは一切考えなかった。


まぁ俺は男子校だから、そんな絵に描いたようなコテコテ体験は実際は体験してないんだけどね…笑

舞台は、ライブにも参考になることが多かったな。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-276.html

2010/07/15 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: ラブコメ演劇を見た感想( 磯川家)

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。