PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

日本語でロック。Youtube動画アリ。

   ↑  2010/10/18 (月)  カテゴリー: バンド活動
こんにちはーこんにちはーー

最近Siberiaはライブをやらずに何をやっているのか?

ライブをやらずに毎日オナニーやゲームや仕事ばかりしていると思ったら大間違いだ。ファック。

曲を作ったり曲を練ったりゲームしてるんだよ。

前のライブで、かなり改善点が見えてきたからね。
このままじゃ駄目だな、的なところがさ。
やっぱ、緩急が足りなかったと思うんだな、決定的に。
曲にカタルシスがない、という意見とかもらったりして色々考えたんだけどさ。

だから、ここでブレイク入れてみようとか、フレーズ変えてみようとか、そういうことをやってる。ライブも意識しつつね。練る中で、どんな音楽を目指すのか、目指すべきもの、やりたいものが見えてきた気もする。

最近は結構、シンプルな曲が増えてるかも。

テクはあるし、複雑だったりややこしく音埋めたり展開増やしまくることもできるんだけど、
シンプルな方が頭に残りやすい気もするし、
音がない部分が生まれることでメリハリとか緊張感も出ると思う。

だから積極的にブレイク入れたりとか、音数の少なさを活かしていこう的な。
そこらへんがおれ達の味になってくんじゃないかな、これから。

日本だとトライセラトップスなんかが既にそんな感じのシンプルな音楽目指してやってる気がするが、俺たちはそれよりもうちょい攻撃的な音楽をやってける気がする。

あとは、適当にジャムで曲つくったりね。聖オバマとかぺーるじゃむとかはそんな感じでできた新曲。
まだアップしてないけど。
今のメンバーでやってちょうど1年ぐらい経つけど、Siberiaらしさってのが、ようやく曲に出てきたんじゃないかな。

…と俺は思うがどうだろう。


あと、報告だけど、
『これからは全部日本語で曲をつくる!』
的な宣言したけど、日本語だとなんかイマイチ音の流れにのれないから、
両方使ってく方式にします、多分。いい日本語が見つかれば、随時使ってこうと思うけど。

まぁなかなかみつからないんだよ、これが。それは俺の実力と経験の不足も原因のひとつにあるかな。

最近は、江戸川乱歩の芋虫、空中紳士、鏡地獄、火星の砂、淫獣とか、大江健三郎の洪水はわが魂に及び、とか、武田泰淳の快楽(けらく)とか、結構いっぱい読書してるんだけどね。
「快楽」は坊さんが煩悩と戦う話なんだけど、ユーモアもあってマジでオススメ。ヘタな漫画より全然いいね。

一日2冊くらい読んでる気がする。
そこらへんの価値観や洗練された日本語を、音楽に活かせたら最高なんだけどね。
椎名林檎とかすごいよね。桜井さんもすごいなって思う、#2601とか虜とかニシエヒガシエとか、
日本語でもロックだったもんなぁ。

後はSyrup16gとかゆらゆら帝国の歌詞も日本語だけど好き。

うお座 / Syrup16g(Youtube動画へのリンク)


秀逸すぎる歌詞でしょ。
「意味もなく君はあの時寂しくて
嫌いじゃない僕を受け入れただけ
雨音が胸のボタンに染み込んで
さりげなく「帰れないな。」っていえただけ」
この歌詞が好きだ、と思える人とは、結構気が合うと思う。


そしてコードふたつだけ。超シンプル。でも雰囲気すごい出てる。この曲すごい好き。


最近若いヤツラに流行ってる9mmの曲は、演奏はともかく歌メロが日本ロック的なノリを押しすぎてあんまり好きじゃないけど…Sleepwalkって曲だけは例外でめちゃかっこいい日本語だと思う。
Sleepwalk / 9mm Parabellum Bullet (Youtube動画へのリンク)


日本人ならではって感じだよね。他の曲は、日本語のせいで演奏激しいのに歌が柔らかくなっちゃってて嫌いだけど。中高生とかは結構その柔らかさとか聴きやすさがすきだったりするんかな。
そこらへんは好みの問題だから、どっちがいいとか悪いっつーのは、個人の価値観の範疇の問題だと思う。
だから、俺が「嫌い」と言ってても、その音楽を好きな人を馬鹿にしているわけではない。

まぁ、日本語でロックするのはなかなか難しいと思う。
どうしても「言葉の意味」「単語のそれぞれの音」が強すぎて、柔らかくなってしまうんだ。

日本語でロックといえば…
俺的に戦時~戦後の無頼派(安吾とか太宰)あたりの文学者はかなりロックしてると思う。
俺も、彼らに負けないくらいロックに生きたいし、自分なりの哲学を大切にしていきたいね。
ロックって、形式だけじゃなくて、俺は人生哲学であり在り方だと思ってる。
ポップロックとは全然違うし、そんなのは話にならない。そもそもカテゴリが違うんだ。

ロックってのは権力、常識、世間、形式、慣習、伝統、そういう価値観そのものに対して、
アゲインストな立場でいる勇気そのものだと思ってる。
その勇気や強さ、時にそういう不器用なところや弱さが、他の誰かに勇気を与えるんだと思う。
俺も、そういうのに与えられて生きてきた人間だから、与えられるだけじゃなくて、与える立場になりたいんだ。
俺みたいに弱くて、でも分け与えたいものがある人間にとって、ロックってのは、神みたいなもんだ。
刹那・F・セイエイにとってのガンダム、ティエリア・アーデにとってのヴェーダみたいなもんだ。
江頭2:50分にとってのタイツみたいなもんだ。
ヒゲ男爵にとってのワインみたいなもんだ。
上野動物園におけるパンダみたいなもんだ。
モンモンモンにおける下ネタみたいなもんだ。たとえが微妙すぎるか?


とにかく、俺はそう考えてる。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


FC2スレッドテーマ : 音楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-313.html

2010/10/18 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: 日本語でロック。Youtube動画アリ。

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。