PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

韓国政府は広告代理店を使いK-POPが人気のように工作していると木村太郎が暴露、について。

   ↑  2011/03/07 (月)  カテゴリー: コラム
韓国政府は広告代理店を使いK-POPが人気のように工作していると木村太郎が暴露
POP UP(2011年2月26日の記事)
http://popup777.net/archives/17184/
の記事を読んだ。

(以下引用)
>>木村太郎氏の発言によると、韓国政府の中にはブランド委員会というのがあり、K-POPをブランド化するために広告代理店にYoutubeなどにあるK- POPの動画をたくさん再生しろと依頼しているのだという。
(引用終わり)

はたしてこれは本当なのか。
ブランド委員会なんてものが本当にあるのか?
ググって(Googleで検索して)みた。

国家ブランド委員会のサイトがあった↓
国家ブランド委員会について
Korea brand.net
http://www.koreabrand.net/jp/util/util_about_pcnb.do

どうやら、国家ブランド委員会自体は、現実に存在し、別にその存在自体も隠してはいないようだ。

Korea brand.netのサイトからちょっと引用してみよう。
国家ブランド委員会とは…


(以下引用)
国家ブランド委員会は、国際社会における韓国の地位向上に向けて体系的かつ総合的に取り組むため、2009年1月22日、大統領直属の機関として発足いたしました。

企業ブランドにより製品の価値が大きく左右されるように、国家ブランドによってその国の国民、企業、商品への評価も変わります。 このような現状をふまえ、世界の人々に韓国への理解を深めてもらうために国家ブランド委員会が設立されました。


そういうことらしい。
なるほど。

ちなみに、
「K-POPの流行は韓国政府が操作した詐欺」…日本放送
中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=137817&servcode=A00§code=A10

によると、国家ブランド委員会は、この木村太郎氏の発言については、ねつ造であると反論しているそうだ。

(以下引用)
国家ブランド委員会対外協力局のイ・ジンスク事務官は木村太郎氏の「韓国政府の中にはブランド委員会というものがあり、K-POPをブランド化するために広告代理店にユーチューブなどのK-POP動画をたくさん再生するよう依頼している」という発言について、反論をしている。

「大衆文化を国家がコントロールするのは常識的にありえない。あきれてしまう」と述べた。イ事務官は「どうすれば地上波でそのような謀略をろ過なく放送できるのか、不快だ」と語った。

(引用終わり)

果たして何が真実なのだろうか。
個人的には、どの程度のアクセス数かわからないので何ともいえないが、
POP UPのコメント欄に興味深いコメントがあったので載せてみる。

(以下引用)
コメント by 笑う 2011 年 3 月 1 日 6:18 AM

まず、放送内容が真実なのかを確認するのが先じゃないでしょうか。再生地域を見たら、明かに世界地図の全体から再生されてるのです。そんなに代理店が沢山ある???(笑)、、、右翼の焦りはよく分かるはずなのだが、捏造はほどほに、、、

コメント by kan 2011 年 3 月 1 日 9:47 AM
>笑う
NETの知識が無ければ黙っていたほうがいいよ。その国の串噛ましたらいくらでもこんなことは出来る。プロクシとかスクリプトとか田代砲とか、最低限の知識があったらそんな文はかけないんだけどねw

コメント by 笑う 2011 年 3 月 1 日 10:00 AM
kan>
自分の無知は?、、、自分の意見を書けばいいわけ、YOU TUBEの地域グラフを見てまでそういうんだったらそれはどうぞ、、、見ればどっちが捏造に走ってるのかは確実である。(笑)

コメント by kan 2011 年 3 月 1 日 11:20 AM
>笑う
その地図見て疑問に思わないのかね?それだけ色々な地域から総数でLADYガガを上回るほどのアクセスがあるくせに、該当地域のヒットチャートにまったく載らないのはなぜ?人気があるのにワールドツアー組んでコンサートしないのはなぜ?韓国のサイトにヒット数の上げ方、ネガティブコメントの削除方法等のノウハウが載ってるのはなぜ?
人に知識を問うんだったらちゃんと韓国のサイトとか調べたの?


(引用終わり)

…何が真実かは、判断をゆだねます。


仮にこれが事実だとして、単純に韓国のやり方責める前にまず、
「流行を意図的に作り上げること」
の是非について考える必要があると思う。

国家を挙げて自国の文化、技術、製品などを持ち上げるのは、これまでも行われてきたことだと思う。
実際韓国が国を挙げて注力しているサムスンは、現在ではGALAXYなど最先端のスマートフォンを開発するなど実績を挙げている(GALAXYは日本だけでなく世界中でヒットしているモデル)。
これは、ひとつには、単に企業としてだけでなく、国が一丸となって推進していることが背景にあると思う。
結果論として見てみても、このケースにおいては、国策として国の企業を応援することは成功していると考えていいと思う。日本はIT分野に関しては韓国に遅れをとっている。

現在日本では、AKB48が破竹の勢いで快進撃を続けているが、これは裏に広告代理店がいるとみて間違いないだろう。それは別にあえていまさら言うほどのことでもないが。
様々な事務所に所属する人がまとまるため、番組によって出演するメンバーを調整することで他のアーティストとの折り合いもつけられる。人数が多いため、接待要因なども容易に用意できる。
要はプロデュース側にとってとても使いやすいグループであるということだろう。
そして代理店がタイアップやCMなど次々と企画を考え、実行する。

その結果、ネットのニュースでは連日のように「ブログでキス画像が」「ブログで寝顔公開」などのAKBのニュースが上がる。

メディアと連携し露出を増やすことで認知度を高め、認知度が高まることで
「旬のグループ、流行しているグループ」
というイメージがつく。
俺たち視聴者側は、テレビや雑誌といったメディアからの情報がほぼ全てなので、
それらでの露出が増えることが
「流行している」
ことになる。たとえばもともとCDがあまり売れていなくても、そうして露出を増やすことで
「流行している」
イメージが結果的に人気も高め、結果的にCDの売上も伸ばしていく。
流行しているグループを取り上げれば部数も増やせるため、メディアは更に喜んで取り上げる。

盛り上がれば盛り上がるほど、ニュースも取り上げる機会が多くなり、テレビやラジオ等の露出が増える。
そうしたスパイラルで、更に知名度が上がる。そして国民的アイドルになる。

一時期は国民的アイドルとしてもてはやされていたハロプロアイドルは、AKBの台頭と共に半分干され活躍の場を減らす。ファンというのは、そういう印象に簡単に左右されて他に行く、勝手な存在だ。そんなもんだ。
嵐は人気がない時期が長かったが、人気になってから突然嵐ファンになる女と同じようなもんだ。
そういった現実がある分、今でも熱心にモーヲタをやっているファンの純粋さと誠実さには頭が下がる。w
「アイドル」
というもの自体、イメージが殆どで、そのイメージを作り上げるのが、広告代理店の関わるテレビ、CM、雑誌など様々な媒体による情報だと思うので、日本でもアイドル市場ではこれまでもよく行われてきたことだと思う。

チャート一位をとるためにCDの発売日をB'zなどと被らないようずらしたり、入荷数で順位が決まるオリコンで高い順位をとるために、自分の事務所のCDを買い漁ったり、そうしてブランディングして力をつける事務所もあると聞く。相対性理論は口コミで広がったと聞くが、風とロックの編集長が仕掛け人だとか、そういう話もある。
常に印象、イメージに煽られCDの売れ行きやアーティストの人気が大きく左右されることを考えると、そうしたイメージなどを形作るブランディングは、戦略としては正しいことなのだろう。

木村太郎氏も言うように、ファッション業界でも、毎年流行のカラーが定められたり、流行を意図的に左右する存在があり、それ故に一般の客が流行に合わせ定期的に服を買い替えることで業界全体が生き延びることができるという面もあると思う。

それと同じようなことを、国家的、世界的に行っているのがK-POP、と考えれば、なるほど、そういうことがあってもおかしくないな、と俺は思う。

ただここで問題になるのが、常にそうした売れ行きが「プロデュース側によって」意図的にコントロールされ作り上げられる環境が出来上がることによって、本当に良質なパフォーマンスを行っているアーティストが表に出にくい環境ができる可能性がある。そしてその結果、市場に質の低い音楽が溢れ、全体として市場の価値自体が下がる。長期的な目線で見た時に、そうした流れが全体の売れ行きの低下を招く可能性がある。

現在の日本のチャートがまさにそれにあたると俺は考えている。

2010年の年間ランキング特集
1 791,295 Beginner / AKB48 10/10/27
2 698,542 Troublemaker / 嵐 10/03/03
3 696,022 Monster / 嵐 10/05/19
4 683,703 ヘビーローテーション / AKB48 10/08/18       
5 647,144 ポニーテールとシュシュ / AKB48 10/05/26
6 611,859 Lφve Rainbow / 嵐 10/09/08
7 564,737 Dear Snow / 嵐 10/10/06
8 514,744 To be free / 嵐 10/07/07
9 439,736 Love yourself ~君が嫌いな君が好き~ / KAT-TUN 10/02/10
10 388,680 桜の栞 / AKB48 10/02/17

このチャートを見て、何も感じなかった人がいるだろうか?
完全に事務所、広告の力に左右されている。と俺は思った。
事務所側が、自分たちでコントロールしやすい市場を意図的に作った結果が、このチャートに表れている。

ちなみに10年前のランキング
2000年間シングル(単位 1万枚)
1 288.6 TSUNAMI サザンオールスターズ 2000/1/26
2 228.0 桜坂 福山雅治 2000/4/26
3 166.2 Wait & See~リスク~ 宇多田ヒカル 2000/4/19
4 138.5 Love,Day After Tomorrow 倉木麻衣 1999/12/8
5 136.2 SEASONS 浜崎あゆみ 2000/6/7
6 128.4 らいおんハート SMAP 2000/8/30
7 122.9 恋のダンスサイト モーニング娘。 2000/1/26
8 112.8 今夜月の見える丘に B'z 2000/2/9
9 112.3 ちょこっとLOVE プッチモニ 1999/11/25
0 110.3 NEO UNIVERSE ラルク・アン・シエル 2000/1/19

売れ行きにも注目。

韓国と日本、同じように意図的なコントロールが行われているにも関わらず、俺は日本のアイドルの方が韓国のアイドルより質が低いと感じる。これまでアジアではJ-POPが圧倒的な優位・知名度に立っていたが、台湾やインドネシアでの知名度も人気も、この数年で韓国に追い抜かれる可能性がある。

その理由は、日本はほぼ国内目線でのブランディングにしか注力しておらず、鎖国市場ができあがっている点。
結果的に日本のリスナーの感覚は世界からどんどんと取り残され、国内目線のアーティストは国内にしか通用しなくなる。サッカーでいうと、欧州リーグに出るような選手がいない状況になる。
韓国は世界目線でのブランディングを行っているため、意図的に市場を左右したとしても、結果的に質が向上していく可能性がある。質がついてくれば、誰も文句を言わなくなる。ある意味賢い戦略だと俺は思う。(ただ、わかりやすい形で行うと、必ずバッシングと共にその国自体の信用を落としイメージ低下を招くという結果になるだろう。)

もちろん、日本にも、表に出てこない中でも良質なアイドル、アーティストはいっぱいいる。
しかし、事務所でコントロールしやすい環境ができている以上、そういった良質なものがなかなか表に出てきづらい状況にあると思う。

なかなか的を得ている議論をしているサイトがあったので紹介しておく。

世界に通用しないJ-POP
2ちゃんねるのスレッド
http://unkar.org/r/music/1255258492
(以下引用)
104 :名も無き音楽論客[sage]:2009/10/15(木) 17:02:01 ID:???
メジャーシーンは金をかけても売れない確率の方が高い海外市場を狙うより
国内に照準を定めて国内向けの音楽を量産している
これはこれで合理的な判断だろう、日本市場はでかいのだから

106 :名も無き音楽論客[sage]:2009/10/15(木) 17:10:14 ID:???
>>104
サムソンに惨敗した日本の家電メーカーと同じだな、スタンスが。
現状をこのまま放置していたら、いつか必ず恐ろしい事が起きるぞ。

109 :名も無き音楽論客[sage]:2009/10/15(木) 17:31:52 ID:???
>>104
それより日本はリスナーが酷いんだよ。
国内向けと言っても、
いつでも世界に出て行けるようなレベルならいいが

110 :名も無き音楽論客[sage]:2009/10/15(木) 17:41:32 ID:???
>>109
結局そこだよな。日本人のリスナーさえまともならこんなランキングになるわけない。
日本の音楽シーンは悪い意味で独創的になっちゃった。

112 :名も無き音楽論客[sage]:2009/10/15(木) 17:54:13 ID:???
とはいえ、リスナーの耳を良くするのもやっぱり音楽業界の責任もあるじゃないだろうか。
どのような音楽を宣伝して売り出すかという意味で。
朝鮮人なんて本来は絶対日本より音楽に興味なんてなかったと思うよ。
ところが、音楽業界に関わってる人間が世界に照準を合わせた音楽を生産し、
スタイリングしてるため、日本のようにセンスが悪くならないんだよね。

113 :名も無き音楽論客[sage]:2009/10/15(木) 18:02:01 ID:???
>>112
そうなんだけど、日本って長期的な戦略がまるで無い国だからなあ・。
なまじ国内で飯喰っていけるおかげでここまで世界から取り残されてしまった。

こうなったらとことん日本の音楽市場が崩壊しまくって、レコード会社が
海外に目を向けざるを得ない状況になるまで待つしかないね。残念だが。

297 :名も無き音楽論客:2009/11/12(木) 12:59:39 ID:tcIUAA47
日本にもこういう十代のアイドルがいるんだがリスナーが支持しないから消えちゃうんじゃないか
http://www.youtube.com/watch?v=5gdNUzbsDHo
http://www.youtube.com/watch?v=vJcEbQhGZyQ

387 :名も無き音楽論客:2009/11/29(日) 08:51:13 ID:clIlKBQm
「不良」とか「反抗的」なのもを排斥したから「良い人」ばかり残っちゃった。
388 :名も無き音楽論客[sage]:2009/11/29(日) 10:09:37 ID:???
大丈夫。必ず謀反が起こるから。
作り手も業界に対する信用度がかなり落ちてるし。

389 :名も無き音楽論客[sage]:2009/11/30(月) 07:02:20 ID:???
そう言われてはや30年

864 :名も無き音楽論客[sage]:2010/01/27(水) 18:49:16 ID:???
頑張れ

YouTube閲覧地域は操作可能
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/music/1264585647/

868 :名も無き音楽論客[sage]:2010/01/27(水) 19:49:03 ID:???
>>866
韓国は確実にやっている
あいつらはYouTubeで人気ってことで世界に売りだそうとしてる
ただ他が手薄だからアマゾンやらLast.fmやらmyspaceやらでは影が薄く不自然

871 :名も無き音楽論客[sage]:2010/01/27(水) 23:23:59 ID:???
何でJpopの話で極左とか在日とかの単語が出てくるの?話がぶっ飛びすぎでしょww

日本音楽の独自化路線は、レコード会社やアーティストが日本市場だけで満足して、
海外受けを気にしてないから、自然と曲の雰囲気とかが日本独自のものになってしまうってだけだと思うよ
日本では、韓国の音楽市場と違って、国内で売れればそれなりに元取れるからね
近年では、CDが売れないだの何だのと言ってるけど、着うたとか音楽配信とかはそれなりに売れてるみたいだし
ヘキサゴンとかお笑い芸人の駄曲ですら、レコード会社のゴリ押しで着うたDL1位とかになる
日本の音楽業界にとってこれほど美味しい市場はないでしょう

前にメル友の韓国人に聞いた話だけど、韓国ではネットでの違法DLが多くて曲が売れないから
レコード会社とかがアメリカや日本で海外展開していくために洋楽の要素を取り入れて海外受けの良い曲作るんだとさ
日本も曲が売れなくなって市場が小さくなれば、いずれこうなると思う

890 :名も無き音楽論客[sage]:2010/01/28(木) 02:38:07 ID:???
日本人は、最初から成熟しきっているものより未成熟なものを好むっていうか、人が成長していく様子を見守るのが好きって感じだね
歌にしてもダンスにしても、ドヘタなパフォーマンスに文句も言わずに
「一生懸命やってるからそれでいい」とか「今はヘタでもそのうち上手になるよ」って人が多い気がする
聞き手やファンがこんな姿勢だから、歌手やアイドルからも競争心・向上心は全く感じられないし、
いつか世界に進出してビッグになってやるっていうようなハングリー精神を持った人もいない

29 :名も無き音楽論客[sage]:2010/10/11(月) 17:17:40 ID:???
とりあえずどうしていくべきかを考えていきましょう。
今まで色んなスレで見た問題点を纏めてみた。
追加改編と他スレでもよろしく。

・芸能事務所とメディアと広告代理店のズブズブの関係
・テレビ局や子会社の支配や力の強さ
・JASRACや著作権関連問題やYoutubeなどでの削除問題
・批評や言論など、権力と対抗する場や勢力の弱さ
・売れる売れないの決まり方
・ごり押しなどのプロモーション
・市場縮小傾向と、多彩なジャンルが失われていること
・新しいシーンや社会的存在力の小粒化
・良いアーティストが売れない・スポットライトが当たらない
・大人は今の音楽を、若年層は昔のを聞かないこと
・国際的展開の少なさ
・アイドルの質の低さ
・ジャニやAKB支配
・萌えアニソン
・バラエティー出身歌手や芸能人歌手

(以上引用)

国内市場がなまじでかいだけに(アメリカに次いで2位といわれている)、世界目線でやる必要性がない→
→国内目線のみのブランディングの方が楽、世界用に質を底上げする必要もない

こういうことなのかな。
ただ、事務所や代理店が意図的に市場を動かしていくと、その力が強ければ強いほど、市場の自由な流れが阻害され、市場の腐敗を招くと思う。昨年ミリオン・ヒットがひとつもなかったのがいい例だ。
売上は確実に低迷している。
それを単にYoutubeやネットのせいにするのは短絡的だと思う。そもそも、表に出てくるものに魅力がなくなっているのだと俺は思う。

確かに意図的に市場をコントロールしたり持ち上げるのはこれまでも行われてきた手法ではあるが、そうした不自然な手法、レーベルやプロデュース側に都合のいい「市場の過度なシステム化」は、長期的な目線で見た時に、確実に市場の縮小を招くと思う。

そして、現実にそれが起こっている。
では、どうすべきか?

ひとつのアプローチとしては、
「フジロック」のようなフェスに近い音楽番組を作ること。
これが考えられる。
売上が低迷している、といわれている現在でも、フェスに参加する人は後を絶たない。
そうしたエネルギーのあるフェスのような音楽番組を作ることで、ムーブメントを作り上げ、日本全体の音楽の人気を上げていこうという考えである。
ユーザーに迎合するのではなく、新しい価値を作り上げることを考える。
2週間に一回番組主催でライブを企画し、それを1時間ずつに分けて放送。
出演者は、洋楽枠、他はポルノ、アジカン、バンプ、ラッド、ビークル、ミスチル、テナー、ハイエタス、トライセラトップス、コールドレイン、アンドロップス、スネオヘアー、シャンペイン、ギターウルフ、9mmなど邦楽バンド系。んで出れんのサマソニ的に、新人部門も少し設け前座でやってもらう。
「アイドル」とされるジャンルのアーティストは敢えて出さないことで番組のカラーをはっきり打ち出す。
(理由:日本のテレビ番組は、あえて切り捨てて逆にブランディングするタイプの番組が少ない。必ず数字が取れそうなものを優先するあまり、番組自体がチープになり、視聴者が他番組に分散することがある。)


こんな番組あったら見たい!番組のライブ見に行きたい!
そうは思わないか?
やっぱ視聴率とれないのか?

みんなの意見待っています。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


FC2スレッドテーマ : 社会問題 (ジャンル : ニュース

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-355.html

2011/03/07 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: 韓国政府は広告代理店を使いK-POPが人気のように工作していると木村太郎が暴露、について。

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。