PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

この記事に含まれるタグ :
東電  隠蔽  政府  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

中性子線の検出ミスは、東電による隠蔽ではないのか?

   ↑  2011/03/23 (水)  カテゴリー: コラム
地震の余波は、いまだに集束の気配を見せない。
震度5弱の余震についてではない。
福島の原発の放射性物質について、日本の人々は今最も注目している。

事態が進展するに従い、政府、そして東電の情報伝達、対応の遅さについて、不信感が募る。
海外メディアより情報が遅かったり、あと後になって「実はこの時こうでした」といったように後出しで隠しきれなくなった情報を開示しているような印象がある。
うまく集束できれば何事もなかったかのようにそのまま隠し通そう、という意識が見え隠れする。

放射性物質自体を目で見ることができないから、なおさら不信感が募る。
情報を受ける側の人間は、東電から与えられた情報を信じるしかないが…。

しかし、そんな中で次々と信用を失うようなニュースが飛び込んできている。
それを紹介していこうと思う。

中性子線検出、12~14日に13回
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00534.htm?from=navr


>> 東京電力は23日、東電福島第一原発の原子炉建屋の約1・5キロ・メートル西にある正門付近で、これまでに2回だけ計測されたとしていた中性子線が、12~14日に計13回検出されていた、と発表した。
観測データの計算ミスで見落としていたという。

言いたいことはいくつかある。
・多くの国民の今後を大きく左右する可能性のある重要な要素において、計算ミスをする、ということが許されるのか?(しかも、ミスはこれが初めてではない)
・本当に、計算ミスなのか?…検出されていた事実を隠蔽しようとしていたのではないか?
俺はこの件で、東電の出す情報への信用できなくなった。

>>中性子は検出限界に近い微弱な量だった。東電は、「中性子は、(核燃料の)ウランなど重金属から発生した可能性がある。現在は測定限界以下で、ただちにリスクはない。監視を強化したい」としている。
とあるが、これまでも、何度も、
「問題はないが、念のため」
と、政府と東電が言い続けてきたことに反し、事態は益々最悪の方向へ向かっている。
今回の「微弱な量」が本当にリスクはないのか、俺は信用できない。
「ただちに」リスクはない、という言葉が、今後
「実は大変な事態になっていた。当時はリスクはないと思っていた」
と弁解するための布石のようにすら思えてしまう。

中性子線はなぜ人体によくないか?
常識ぽてち
http://www.tamagoya.ne.jp/potechi/1999/19991222.htm

どうやら、室内退避ではどうしようもないらしい。
これが大変な数値になった場合、東電は一体どう責任をとるのか。

よくわからないが、中性子線はウランやプルトニウムが核分裂する際に発生するってことなので、中性子線が出ているってことは、すでに核反応を起こしているってことじゃないのか?メルトダウンってことなんじゃないのか?もしわかっていて、その情報を隠蔽していたとしたら、これは国民への裏切りというか、もはや正気の沙汰とは思えない。
メディアはこのことについてもっと深く追求すべきだ。スポンサー云々言っている場合ではない。
口を閉ざすべきではない。
日本のことを考えてほしいと思う。

また、保安院の会見によると、プルトニウムについては、測定が難しく検討中とのこと。


更に、ツイッターでこんなつぶやきを発見した。
SeiichiMizuno いわき市の佐藤市議の証言。10分50秒~「昨年6月に福島第一原発第2号機が、発電機の故障で緊急停止した際、非常用 ディーゼル発電機がすぐに作動せず、あわやメルトダウン(炉心溶融)しかけていた …」
http://www.youtube.com/watch?v=-BqyzKOCpy4

昨年。
これはいったいどういうことだ?何を意味している?
そしてそのあわやメルトダウンしていた、という事実を、何故誰も知らなかった?
今回の事故は、起こるべくして起きたんじゃないのか?

何を信じればいい?

あらためて冷静に、情報を精査し、信じるべきもの、疑うべきものを考える必要がありそうだ。
これまで、「念のため」が全て悪い方向に行っている以上、楽観視してはいられない。
特に福島の近辺に住む人は、最悪の事態を想定して、用意は万全にしておいた方がいいかもしれないね。室内退避している人は特に。
まず、どれくらいの量の放射線が危険なのか、今公表されているのはどれくらいなのか、何をすれば助かるのか、どうやって避けるのか、そうした情報を予め調べておくというのは大切だと思う。
そんな風に思った。


現場の社員の方、レスキュー隊の方、その家族の方、被災者の方、本当にお疲れ様です。
隠蔽を指示した人、情報を捻じ曲げた側の人、お前らはクズだ。




[福島第1原発]2号機で放射線量が最高値…タービン建屋内
毎日.jp
http://news.livedoor.com/article/detail/5435559/

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


この記事に含まれるタグ : 東電 隠蔽 政府 

FC2スレッドテーマ : 東北地方太平洋沖地震 (ジャンル : ニュース

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-367.html

2011/03/23 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: 中性子線の検出ミスは、東電による隠蔽ではないのか?

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。