PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

この記事に含まれるタグ :
エヴァ  Q  感想  考察  深い  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

エヴァンゲリオン劇場版Qの感想と考察(ネタバレあり)【映画レビュー】

   ↑  2013/02/12 (火)  カテゴリー: 映画レビュー
今回の記事は観ていない人向けには書いていないのでネタバレがあります。まだ観ていない方はブラウザバックして劇場へと向かってください。

池袋の映画館にて一人で観てきました。自由席だったのでいい席がとれるか不安でしたが、平日のレイトショーだったからか、公開からだいぶ日がたっているからか、チケットの購入が早かったからか、ほぼ一番乗りで劇場に入ることができました。一人で映画観に入る気分は最高ですね、独占したような、貸し切ったような、そんな気分になりました。そして流れる宇多田ヒカルの「桜流し」、名曲だと思います。上映前からかなりエヴァの世界に入り込めた。

で、肝心の本編。まず始まったのは、特撮による巨神兵ムービー。映像はともかく流れる詩がラノベ的軽さ、稚拙でうすら寒く感じてしまった。なんかいいこと言おうとしてますよ的な。壮大さよりも独善的な狭くるしさを感じてしまった。若い人が書いたのかなっていう。

良かった点。造り物の犬がぴくぴく動いているのはなんだかNHKの教育テレビのハッチポッチステーションなどのオープニングを思い出し懐かしくなった。これぞ特撮。CGは使っていないらしいが映像はすごかった。巨神兵は、おっきくなったエヴァという感じ。臨場感はあった。文章はどうしても受け付けられなかった。

エヴァ破の感想


で、いよいよ本編が始まる。なかなか唐突。内容も唐突。いきなり、新キャラのオンパレードに、大規模戦艦のバトルシーンと、ガンダムやらマクロス的な展開に。これは確実に狙ってますな、と思った。
「メガ粒子砲(マクロスキャノン)、発射!」
みたいな。前回は萌え要素をふんだんに取り入れていたりと、結構自由な造りの映画だと思った。改めて、エヴァにそういうのはあまりいらないなと思った。空飛ぶ超級戦艦が登場することでエヴァにあるリアルな世界観が損なわれた。エヴァの生物っぽいリアリティがいいのに、エヴァ以外で(一応エヴァの一部だけど)ああいった強い兵器が出て来ると、ワクワクというよりもむしろガッカリする。ガンダムで、脇役までガンダムに乗ってガンダムだらけの展開になっちゃった、みたいなガッカリ感。

話についていけないおいてけぼり感があったが、同じようにおいてけぼりを喰らったシンジの登場で、自分の観客としての立ち位置が理解できるようになる。シンジに共感しながら観ていった。

シンジに首輪、似合いすぎ。状況の説明もそこそこに「あなたはエヴァにのらないで!」と言うミサトやアスカは、大人げなさすぎる。詳細に説明た上で理解させる努力ぐらいはするべきだと感じた。シンジに対してあまりにも説明不足な上に冷たすぎる。これでは少年が拗ねるのは当たり前。元々自分たちの我儘で連れ回した少年に対してこの仕打ちはどうなんだろうか。こうした周囲の無理解さがシンジの屈折を加速させている。まるでシンジが悪いかのように周囲はふるまうが、むしろ周囲の無理解さが一番の原因であると感じる。序盤のわけのわからなさからシンジに共感していたのもあり、周囲のそうした身勝手さと無理解さにややイラつきながら観てしまった。とにかくマトモな人が出てこない。Qでは加持のようなマトモっぽい大人、トウジのような年齢相応な友人が一切出てこないので、結果的にキチガイパラダイスになっている印象。時間の関係か、ミサトやアスカ達のキャラの掘り下げも一切ない。行動における迷いや葛藤も見えてこない。巨神兵というオナニーを入れるならその時間でもう少し掘り下げてほしかった。この作品でのミサトやアスカはただキチガイなだけで人間らしさが全く見えてこなかった。そういうのが少しでも見えれば、シンジが戦艦を脱出した時に、別れの切なさを感じることができたはずだが、全く無かったため、むしろただただスッキリした。

そしてそこからのネルフ本部。月日がたっていたこともあり本部は大きく変わってしまっていたが、本部の登場で安心した自分がいる。この暗さこそがエヴァだと。そういった暗さや重厚さを求めて観ているのだと感じた。ネルフ本部の空気の重さ、暗さとミステリアス感は他のアニメにはない魅力だろうと思う。前回(破)でシンジが少年漫画的アツさで必死に救いだした綾波は再び無機質な入れ物に変わってしまっていた。これはシンジが可哀想。
「ポカポカしたい」
と言っていた綾波が懐かしい。本も読まない、本当にただの人形になっていた。そしてそうした絶望の中でのカヲル君の登場。相変わらずセクシーな声で、耳が妊娠しかけた。これは多くの他の観客も感じたことだろう。明らかにホモォな描写が目立ったが、そういうのが好きな自分にはたまらないと感じた。しかし、アニメ版にあったクラシカルで大人な雰囲気は劇場版になることでやや削がれたかな、という印象もある。ただそれでもカヲル君のキャラクターは魅力的だなと思った。アニメにあった、どうせ苦しんで死ぬからと動物を殺すシーンをカットしたのは残念だと思ったけど。冷たく感じる程の合理性と人間味のないところも魅力の一つだと思っていたから。

出番が少ないのが残念だった。シンジはとにかく可哀想。今回の映画で、アニメに感じた深さや切なさが損なわれたように感じてしまった。同時に、破で感じたような大衆性も損なわれていたために、どちらの意味でも物足りなさを感じた。破の大衆性を壊すならもっとトコトンやってほしかったし、そうでないならそうでないで、シンジや周囲の成長を魅せて欲しかったという感想。とにかくカヲル君、カヲル君を観るためだけの映画。とそう割り切れば楽しめるだろう。自分はカヲル君が好きなのでそういう意味では楽しめたが、他の人はどうかんじたか気になるところ。

Qはキャラクターの成長が一切ない。綾波がやや変化するぐらいで、
「身勝手なシンジ(被害者であり加害者でもある)」
「無理解で説明不足なミサト」
「傲慢にしか見えないアスカ」
「相変わらずのゲンドウ」
とそうしたそのままの人間が動いて、前回と比べ変わった世界を見せられる、というだけ。破ではシンジが成長し、綾波やアスカとの人間関係が少しずつ変化し、という王道要素があったが、そうしたものが一切なかった。成長や変化は全てカット、その後の姿をいきなり見せられるというだけ。これは次回補完されるのか否か。どうなんだろう。

今作で見せられたのはただ絶望で、希望の要素も殆どない。続きのある作品としてはまあ理解できるが、単品で観た場合にはやや物足りなさが残るのは仕方の無いことだと思う。この作品単品でみると単なる駄作のように感じた。

一方でカヲル君とのやりとり、カヲル君の自己犠牲はとても美しく、素晴らしいと感じた。ここでカヲル君がいなくなることで、アニメ版とは違う結末になることが決定的になった。先が読めない。この先シンジが、世界がどう変わるのかいまいち読めない。ミサトは無理解だしアスカも我儘、加持もカヲル君も友人たちもいなくて、この先どう成長するの、と思う。展開が読めない。展開が読めないからこそ次回が楽しみでもある。楽しみなのはいいことだが、大作を期待していただけに、ややがっかりもした。

今回のQで残念だったのは、桜流しが名曲だったので、流す場面で自分は泣くか鳥肌がたつと予測していたが、そうしたものが無かったこと。ぽかーんとしているところで流れてしまった。これはせっかくの名曲が勿体ないという風に感じた。しかし次回への期待感を残してくれたことは素直に嬉しくも思った。またがっかりするのは怖いが、そうした怖さを超える名作を生み出してくれることに期待する。

考察することで再認識するQという作品の価値


【エヴァQネタバレ注意】ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q考察part1
を観ることで、様々な発見があった。自分では気付かなかったことばかり。毎度のことながらネットは便利だ。

交わされる様々なループ説

カヲルの「また会えるよ」発言と
次回の「:|┃」が楽譜の反復記号になることから
十中八九、次回のラストで最初に戻る展開、繰り返しになる。


QはO字ループと抜け出せる道があることを暗示してるってことか
つまりQ前後はループの分岐点と

その発想はなかった

序破Qそれぞれ2通りのNOT有りバージョンと無しバージョン真逆の物語がある
パラレルの別々な世界でハッピーエンドルートとバッドエンドルートに別れる
それぞれを交互に映像化して放映してる

序はNOTありバージョンを放映(これは逆かも)
破はNOTなしバージョンを放映
QはNOTありバージョンを放映
シンはNOTなしバージョンを放映と予想

それぞれ映像化してないバージョンは次回予告で脳内補完て事で
予告が序の時も破の時も使われてないシーンだらけなのは映像化してないバージョンの予告を流していためだと思われる
つまり序→破は違和感ないけど実はパラレルの別世界
破→Qもパラレルの別世界で矛盾点が多々目立つシーンがある
Q→シンは全く話が繋がらないけど破並のエンタメで締めてくれるはず

からの
破のラストはどう見ても被害最小でサードインパクト阻止してる
Qではサードインパクトで大規模な被害が出てる

破のラストではミサトさんが「行きなさい」と煽ってる
Qでは煽ってなんかいませんと言う風にシンジを拒絶してる

>>237説を考慮するとこの変な混乱具合とか矛盾を綺麗に説明できる
ちなみに追加でNOTバージョン後のNOT無しバージョンへのループ説も同時に説明可能


でもって次回作の終止記号か繰り返し記号かのダブルミーニングはNOT有りをするかNOT無しをするか分からなくしてるって事だな
お前らエヴァファンの反応がどっちを欲するかで終止とするか繰り返しとするか選ばせてるんだ


アスカのプラグスーツが旧版だとか、怪我の箇所が一緒
旧で治療棺桶に入ってたところと、破で治療棺桶に入ってたところがリンクするのかねえ

ループ無し派

1)序→破→Q→シン
素直に続き物。この場合カヲルの思わせぶりなセリフはシンに丸投げ

新劇でループ派
2)Q→シン冒頭→序→破→シン本編
新劇内でループ。この場合は序、破でのカヲルの台詞は一応回収。
Qからループする理由付けはシンの冒頭に丸投げ
破でインパクト抑えたのに世界が崩壊しているQ冒頭の不自然さを説明できる(破のラストはループ後だったというオチ)

旧劇交えてループ派

3)旧劇→序→破→Q→シン
カヲルの台詞や序の月にかかる血線、白い巨人跡等説明できる
ただしQでのカヲルがピエロに

4)旧劇→Q→シン冒頭→序→破→シン
一応Q冒頭のシンジへの酷い扱いや、巨人跡、突如復活したアスカの不自然さ、ゼーレのやり遂げた感等は説明できる
この場合はQに登場する人物はサードインパクト後に赤い海からあがってきたことになる
また、ループの構造自体はやはりシンに丸投げ

この中だと4っぽい?


エヴァ考察
↑わかりやすすぎる

現実とリンクするメタ構造説
目が覚めたら14年たってた→新劇から14年、知ってた?もうあれから14年もたったんだぜ?え?って感じだろ?
エヴァの呪縛→未だエヴァに囚われたまま精神が成長しないお前ら
14年の空白期間を見せない→何も築いてこなかったお前らの14年間、失われた時は取り戻せないんだぜ、時も世界も不可逆なんだよ

ちょっとメタ的な上に既出かも知れない考察で申し訳ないけれど、
ニアサードインパクト→旧エヴァ放送
その後の混乱とインフィニティの成り損ないの誕生→エヴァが間接的に影響して大量に生まれるようになった深夜アニメ群
またはエヴァによって触発された何度目かのアニメブーム
その後に起きたサードインパクトと荒廃した世界→エヴァによって間接的に発生したアニメブームと深夜アニメ大量生産体制の結果起こった、
目先の利益しか求めてない見どころが萌えしかないようなアニメの粗製乱造とアニメ業界の荒廃
シンジが綾波を助けようとした結果、世界が崩壊→当時のア二メ界を変えようとエヴァを造って、結果荒廃させてしまった
という、自虐的なメタファーなのかな?
んで、周りから何もしないでと言われて、結局やらかしておかしな事になっている、というのもそうなのか?

後、エヴァの呪い→14年エヴァに縛られ続けて子供のまま世間に揉まれて精神だけ荒廃した俺ら(と庵野監督はじめ製作スタッフ)か?


マリの正体
【マリ=ゲンドウ、ユイと同期のNERV初期メンバー】

・『EVAの呪縛』によって実年齢が不明
・冬月が渡したシンジの赤ん坊の頃の写真にマリらしき人物
・「ゲンドウ君」と呼ぶ
・Qレイに「オリジナルはもっと愛想が良かった」と発言。オリジナル=ユイ


残る疑問
Qで明かされていないと思われる疑問
・11、12使徒の正体。11は最初の宇宙の時のパターン青?12使徒はマーク6?
・各元ネルフ職員の微妙な変化。リツコのベリーショート、ロンゲとメガネの微妙な変化、マヤの豹変っぷり
 マヤの変化ぶりは何か理由があるとして外見的な変化をつける理由
・加持の行方。他にもトウジ、委員長、ケンスケ、ペンペンも登場せず。何故かトウジの妹だけ無事?
・ゲンドウがキールみたいに変なやつを目に装着している理由
・7号機と10~12号機の存在。
・DATの曲番号が28だか29にまで進んでいた。破までに登場した多くの伏線は登場すらしないものが多かったがDATだけはQでも何度も登場
・カヲルがシンジに見せた外の世界で3rdインパクトによって荒廃した地球とものすごい近い距離にあった謎の天体
 →月?網目状に赤く何かが張り巡らされていた。少なくとも3rdインパクト以降に起こった出来事の模様
 赤い地球にエヴァと思われる物体の亡き骸がいくつもあった理由。
・結局ゲンドウは世界がどうなろうとユイを助けたいだけ?
・最初の宇宙戦で14年間沈黙していた初号機が、アスカの「なんとかしなさいよバカシンジ!」という呼びかけに対し何故か一瞬だけ覚醒した理由
・結局マリの目的って?アスカがコネメガネと言っていたがコネとはなんのコネ?
・アスカが使徒の浸食から逃れられた理由。眼帯の理由。最後の戦い時に眼帯が青色に光っていた
・新キャラの必要性
・毎度のことながら新レイの特に最後の方の葛藤。「綾波レイならどうするの?」
・ヱヴァンゲリヲンではなくシン・エヴァンゲリオンの理由

・加持さん行方不明
・初号機に槍が刺さったのに、限りなくサードインパクトに近い大惨事が起きた理由
・何故か六号機に槍が刺さる展開に
・ネルフの内部分裂の経緯
・ミサトさんの人格豹変、新キャラは誰だお前ら
・ポカ波さん何処に行ったよ
・マリとアスカの馴れ初めが皆無



考察を観るとものすごくいい映画に思えて来る。上映中は一切気がつかなかったことまで考察が出ていて面白い。そういう意味では深い映画なのかな。そうした気持ちを代弁するようなコメントがあった。↓

今回はオタのための考察のための作品だな
一般大衆はぽかーんだろ
でもこれを畳めるなら、破の時点でも思わなかったEOE超えあるで!



期待。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


この記事に含まれるタグ : エヴァ Q 感想 考察 深い 

FC2スレッドテーマ : 日本映画 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-449.html

2013/02/12 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: エヴァンゲリオン劇場版Qの感想と考察(ネタバレあり)【映画レビュー】

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。