PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

この記事に含まれるタグ :
  キャットフード  ペットフード  悪質  良質  おすすめ  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

キャットフードの危険性!?~良質なフード・危険なフード~

   ↑  2013/02/28 (木)  カテゴリー: 猫のいる生活
今日はちょっと趣向を変えて、猫画像ではなく、キャットフードの危険性について書いていこうと思います。

というのも。たまたま書店で『食べてはいけない!ペットフード大解剖』という本を手に取ったことがきっかけ。もちろん、全てのペットフードが危険というわけではないようなのですが、危険なペットフードがあるというだけで、ちょっと驚きました。


本を読んでいると、
総合栄養食。もしそのようなものがあったら、世界で飢え死にかけている子供にあげたい。加工品のドライフードは即席ラーメンと製法が似ている。お湯を注ぐだけで栄養がまかなえる総合栄養食と書いてあってもあなたは信じないだろう。(やや文章を省略して引用)』
というようなことが書かれていた。確かに、保存がきいて、それを食べるだけで栄養がまかなえる食事というのは夢のようであり、実際にそのようなものが有り得るのかと不安になった。それから気になって色々なフードの成分表を見ると、怪しげな化合物が入っているフードが結構ある。

日本ではあまり報道されないが、海外ではサルモネラ菌の温床であるとか、メラミン事件だとか、大手メーカーも含め結構回収事件が起きている(アメリカや台湾)らしい。具体的な例を挙げると、
・2007年:ナチュラルバランス (米)がボツリヌス中毒の恐れで犬用フードをリコール(日本ではリコール無し
・2007年:サンライズ社の「ほねっこ」「ふっくらソフト」の偽造表示が内部告発で明らかになる、BSEプリオン回収劇、マスターフーズカビが生えて回収、等々
その他にも数多くの偽造、回収問題があった。

詳しくは『ワンコLOVE/セカンド/リコール・偽造』のサイトをどうぞ。個人ブログだが、さまざまな事例が載っていた。

ペットフードの危険性(犬猫自然食本舗)のサイトにも危険性について詳しく載っていた。

こうした事実を知ると、ペットフードに対して懐疑的にならざるを得ない。確かにペットフードが導入されてからペットの平均寿命は延びたといわれている。塩分過多な人間のねこまんまや残り物を食べていた頃よりは幾分マシなのは事実だろう。しかし寿命が延びたのがペットフードのおかげとは一概に言えない。飼い方が広く浸透したこと、室内飼いが増えたことや動物病院が増えたことも原因としてあるだろう。ペットフード安全法が施行されるなど法整備も進んでいるようだが、『悪質なペットフードがある』という事実は知っておいて損はないと思う。

では、どうすればいいのか。大きく分けて二つの方法があると思う。

良質なフードを見分ける


素人が運営しているPATRIK TIMESより、詳しく書かれているサイトを参照するのがいいだろう。

良いキャットフード・悪いキャットフードの見分け方
非常に分かりやすく見分け方が載っていたのでまずはここをご覧になるといい。

また、
あなたが減らせる不幸な命【猫ちゃんのご飯は危険?】
このサイトでは、ペットフードの危険性と、オススメのフードを紹介していた。

Beginners-cafeでは、
・材料がを厳選されている
・栄養のバランスが良い
・無添加フードである(無添加に近いフードも含)
・自然派フードである
という観点でおすすめのフード及びサイトをご紹介しています。


犬猫自然食本舗:着香料、着色料、酸化防止剤、膨張剤不使用、細やかな説明が良い
SGJプロダクツ:化学薬品や合成添加物は一切不使用、食品基準をクリアした材料のみ使用
アズミラ:予防こそ最善の治療であるという理念のフード、高品質
アーテミス:ヒューマングレードの肉と新鮮な野菜、果物で作られたフード』
あまり聞いたことのないブランドばかりだが、シャンプ-もCMをバンバンやっている大手よりも零細の方が良質なものが多いと聞くので、好感が持てる。

基本的に約1kgあたり1300~2000円ぐらいするので、やや高いかもしれないが、病気になるとその何倍以上もの費用がかかることを考えると、猫にも人間にも、こちらの方がいいかもしれない。大袋で買うとややコストパフォーマンスが良くなる。






また、『Angel's heart』というサイトに、各メーカーごとの特徴が書いてあった。参考にしてみるといいだろう。

動物病院のドッグフード~獣医おすすめペットフード~というサイトでは、主に犬向けの記事が書かれているが、『サイエンス、ユーカヌバ(アイムス)、ロイヤルカナンの三社のドッグフード。これらはAAFCOの基準をクリアしています。』(※AAFCOとは……AAFCOと日本のペットフードを参照ください)と、AAFCO基準をクリアしていることを理由に三社勧めている。また、国内ではやはり『犬猫自然食本舗』を勧めていた。

いいフードを見分けるのは大変だが、購入する前に一度評判を調べてみるのは大切なことだろうと思う。特に過去に不祥事があった会社のものなどは大変印象が悪い。

手作りフードを与える


手間がかかる。暇な人や料理の勉強をしている人はやってみるといいだろう。しかし、麻布大学のサイトには以下ようにあった。手作りする際は注意が必要だ。
手づくり食が流行っているようですが、タウリンを必ず入れなくてはならないこともあって猫のエサを作るのは相当難しく、栄養士さんでも困難なほど。可愛いあまりごはんも作っているつもりで、猫の健康を損なうこともありえます。最近ではペットフード安全法も施行され、エサの情報がきちんと開示されるようにもなってきていますから、安全なフードを選ぶことが賢明だと思いますね。』(【猫のなぞに迫る!】麻布大学獣医学研究科より引用)
同じような理由から、タウリンの入っていないことの多いドッグフードはよくないとされている。

また、猫は食べられないものが多くある。まずすぐに避けるべき食品は以下に挙げるもの。
・ネギ類(長ネギ、タマネギなど)
・カカオ類(チョコなど)
・人間用のサプリメント
・キシリトール
・ブドウ
・ナッツ類
・生の豚肉(人間もそうだが焼けばOK)
・アルコール・カフェイン(与える馬鹿はいないだろうが)
・アワビ(耳がおちる)
・生卵の白身(加熱すれば問題無し)
・植物系(駄目なものが多い)元々食べ物ではないので敢えてあげる人はいないだろうがきをつけて
・スルメ(体内で膨張する危険性がある)
ここらへんだろう。

その他、
・イカ、タコ、貝、甲殻類、淡水魚(コイ、マス、ニシン等)青魚(とりすぎると黄色脂肪症になる)など猫が好きそうなイメージがあるものでも案外駄目だったりする。あげすぎなければ平気なものも多い
・牛乳(平気な猫もいるが、腹を壊す猫が多いため専用ミルク推奨。ヨーグルトは一部可で、好きな猫も多い)
・キノコ類(消化に悪い)
・パン(塩分が多いので控えめに)
・トウモロコシ(うまく消化できない)
・大豆
・清涼飲料水
・レバー(とりすぎるとビタミンA過剰になる)
・海苔や煮干し(食べ過ぎると結石になりやすくなる)
・野菜類(消化がうまくできない)
・ホウレン草(多量に摂取しなければ問題はない)
等もあまりオススメできない。その他にもあるかもしれないので与える前に調べてみた方がいいだろう。そう考えると、食べられないものが結構多い。人間も、何でも食べるようで、案外毒されているのかな、と思ったりもする。結局ササミや豚肉、まぐろがいいんじゃねえか!と思うかもしれないが、基本的に猫は雑食の犬と違って元々が肉食なので間違っていない気がする。肉のみだと栄養素が偏るので、ニンジンやゴボウなど混ぜてあげている人も多いようだ。味付けはしない方がいい。

お食事 : ねこ様に手作りごはん』にて手作りごはんのサイトが紹介されているので、興味がある人は参照してみるといいだろう。

須崎動物病院のHPを見てみると、このように書いてあった。
臨床の現場では、ペットフードだけで健康で長生きしている子もいるし、生まれたときから手作り食で育ったのに病院通いから抜け出せないというケースが少なからずあります。もちろん、その逆もあります。
結局、合う合わないはあるということだろう。ただ、選択肢として、悪質なペットフードを避けるだとか、たまに手作りごはんをあげてみるだとかいうことをやってみるというのは、ペットと長く共生していく上でただしい判断だと自分は思う。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


この記事に含まれるタグ :  キャットフード ペットフード 悪質 良質 おすすめ 

FC2スレッドテーマ : 猫のいる生活 (ジャンル : ペット

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-458.html

2013/02/28 | Comment (1) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  2014/09/23 (火) 07:35 No.1267

コメントを投稿する 記事: キャットフードの危険性!?~良質なフード・危険なフード~

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。