PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

この記事に含まれるタグ :
パズドラ  悪魔パーティー  使い方  反撃  耐久    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

微妙といわれる悪魔パーティーの使い道【パズドラ攻略】

   ↑  2013/04/01 (月)  カテゴリー: ゲームレビュー
今日もパズドラ記事。
2013年3月のアップデートにより追加された「悪魔タイプ」。現在「天使vs悪魔フェス」で悪魔タイプ強化のリーダースキルを持った新モンスター(以下大悪魔と呼ぶことにする)が手に入り易くなっているが、巷では「微妙な性能」「今回はレアガチャ回さない方がいいな」などと言われていたりする。

実際のところ悪魔パーティーの性能はどうなのか。現在いる30種あまりの悪魔タイプの性能を見ながら解説していく。

新しく追加された大悪魔の大きな特徴は、
・ステータスはバランスが良く尖っていない。悪く言えば平凡。良く言えば高バランス型。
・ルシファー以外は属性反撃(ダメージの3倍)スキルを持つ
・全員闇の複属性を持つ
点。

闇属性を持つことから、ロキやヴァンパイアを中心に闇パのような使い方をしようと考える人が多いかもしれない。しかし結論を先に言うと、性能・火力的に、その使い方はかなり微妙。

闇悪魔パーティーが微妙な理由


新しく追加された悪魔が皆闇属性を持っているため、闇パのような使い方をしたい人が多いかもしれない。しかし、ドロップ変換を持つカオスドラゴンナイトが悪魔タイプでないのが痛すぎる。そのため、火力を重視した場合は闇パの方が使いやすい。

そこで、闇属性を持たない悪魔タイプのモンスターを利用することで、属性ダンジョンで弱点をついて攻略を容易にする使い方はどうだろうか。と考えてみた。

現状で闇属性を持たない悪魔モンスターを調べてみた。
・究極進化オーガ系統
・シャイターン
・最終進化デーモン
あたりはゴミなので、あえて組み込む価値はないだろう。アパンダは許容範囲内だが、敢えて入れるほど強いかといわれると微妙、いらない。

となると、残りはクラーケンとカオスブリザードドラゴンになる。これらはステータスも高めなのでダンジョンに挑む場合組み込む価値はおおいにある。ということは、現状ほぼ火ダンジョンに挑む場合専用のパーティーになるが、その場合水パーティーで挑んだ方がよほど楽(そりゃそうだ)になる。そのため闇属性以外の悪魔系が少ない現状では、弱点を突くならば属性パの方が推奨される。

しかし劣化闇パになるのは、火力を重視した場合に限ったこと。この記事の最後の方で説明する悪魔耐久反撃パーティーは、悪魔タイプの特性を存分にいかした戦いができる。また、属性パーティーと大きく違うのは、戦国龍や歴龍のように属性指定ダンジョンでも活躍できるところ。悪魔タイプを集めるのは大変だが、属性パではできない戦い方もできるという点はかなり大きな利点。

それではまずは詳しく悪魔タイプのモンスターの性能をみていこう。

悪魔パーティーのリーダー候補

まず、悪魔パーティーでリーダー候補となるのは
・闇属性と悪魔タイプの攻撃力と回復力を2倍にできる「終焉の狡知神・ロキ
→闇・悪魔パが作れる。といっても、闇属性を持たない悪魔があまりに少ないので、この追加は殆ど意味がなかったりする。ロキ自体はスキルも便利でステータスも高く、かなり使いやすい。

・悪魔タイプの攻撃力と回復力を2倍にする「逆心の神魔王・ルシファー
→リーダースキルは完全にロキの劣化。ステータスはどっこいどっこい。スキルは光に300000ダメージらしいので、光タイプのボスに挑む場合は有用だが、使える場面が限られ過ぎて微妙。しかし、光ダンジョンに挑む場合、20ターンに300000ダメージの全体攻撃ができるため耐久パで光ダンジョンに挑む場合エース的存在になり得る。光ボスキラーとしても有用。

・悪魔タイプの攻撃力を2.5倍にする「邪炎の魔神将・べリアル
→2.5倍はかなり強力だが、火力を重視する場合はヘラ・イースを中心に組んだ闇パの方が、カオスドラゴンナイトを入れられる分使いやすい。反撃スキルが重要な悪魔パーティーと攻撃2.5倍はやや相性が悪い。ステータスは高めなのでサブとしては活躍できるかもしれない。反撃スキルは、ドロップ変換や強化と比べると火力面ではいまいちに見えるが、耐久パでかなり活躍できる。

・悪魔タイプの攻撃力と回復力を1.5倍にできる「義侠の魔神将・アモン
→悪魔インド神といった感じ。ステータスはバランスがよく回復も高いのでリーダースキルとの相性がいい。悪魔は全体的に尖ったステータスがなく回復が高めなので、アモン×アモンで組んでも回復は十分こと足りることも多い。

・魔神の加護 悪魔タイプのHPと回復力を2倍にできる「予見の魔神将・アスタロト
→ノエルドラゴンや天使と似たリーダースキル。反撃スキルを持つ悪魔が多いので、LF耐久×反撃パーティーを組むのはかなりアリな線だ。大悪魔の持つスキルと耐久向けのリーダースキルの相性が良いため、今回一番の当たりかもしれない。


とまあ、見る限りリーダースキルはいい具合に揃っている。問題は悪魔タイプの少なさだ。つまり、今後アップデートで悪魔タイプが増えた場合、活躍の場が拡がってくる可能性が高い。今のところ火力を重視した場合は劣化闇パだが、ダメージの3倍で反撃するスキルを活かし耐久パを組んだ場合、悪魔特有の戦い方ができそうだ。

また、今後サタン降臨で手に入るサタンが、回復-9999の、悪魔攻撃3倍スキルを持つらしいので、LFサタンを利用した悪魔9倍特攻パーティーを組む人も増えて来るかもしれない。問題は、回復できないことによりスキルが貯められないこと、回復できない分、ゼウスと比べるとかなり使いづらいパーティ-になるだろうと予測されること。また、回復できない場合反撃スキルも役に立たなくなる。サタンはなんとも使いづらそうだ。

悪魔タイプのモンスターはどれだけいるのか。

2013年4月1日時点。

・常夜の魔女・リリス

最大ステータスはHP: 1277 攻撃: 1088 回復: 638と、回復が高くHPが低いのが特徴。回復の高さからパーティーに組み込むと安定はするが、スキルの毒は使う場面が限られる。大悪魔耐久パを組む場合は、毒スキルと回復の高さが活きて来るので候補に入れてもいいが、その場合HPの低さがネックになってくる。

・カオスデビルドラゴン
ご存じカラドラ。最大ステータスはHP: 2940 攻撃: 1316 回復: 172とバランスはよく手に入りやすいので組み込みやすい。しかしこいつよりカオスドラゴンナイトがいて欲しかった。

・ドラウンジョーカー
闇パではカオスドラゴンナイトとドロップを喰い合うため入れない人が多かったが、悪魔パの場合十分選択肢に入る。ステータスは微妙だが貴重な防御態勢持ちの闇モンスター。悪魔耐久反撃パを組む場合は必須だろう。

・究極オーガ系
あえて入れるほどのことはない。

・怒りと炎の精霊・シャイターン
・死と闇の精霊・タナトス

はっきりいってゴミ。HPが低すぎる上に、スキル的にも敢えて入れるメリットが無さ過ぎる。

・冥界神・インフェルノハーデス

ステータスが高くスキルのギガグラビティも強力。組み込む価値はおおいにあり。こいつを組み込むなら闇パで十分とかいわない。火力パでも耐久パでも入れる価値がある能力。

・大洋の悪魔・クラーケン
あえて入れるほどのこともないが、闇属性以外を入れないと火力重視悪魔パーティーを組んだ場合ただの劣化闇パになってしまう気がするので、こいつとカオスブリザードドラゴンを入れることで火ダンジョンを攻略しやすくなる効果を狙うのはありだろう。

・地獄の番犬・ケルベロス
闇ドロップ強化のスキルが便利。回復が下がるが、回復が高めで回復2倍を持つルシファーのパーティーと相性が良く、非常に使いやすい。しかし、火力重視で組む場合闇パで十分な気もするがどうだろうか。問題は手に入れるのが大変なことだが、有用な悪魔は殆ど全てレアモンスターなので、悪魔パーティーはパズドラマニア向けといえるかも。

・アパンダ
HP: 2215 攻撃: 1438 回復: 0と性能はまあまあ。手に入れやすいのでベリアルパーティーあたりに組み込んでおいてもいいかもしれない。その場合木ダンジョンの攻略が楽になる。ベリアルが二匹いるならベリアルの方が全然強い。微妙な性能。

・デーモン系
HPが低すぎて使いづらい。攻撃もそこまで高くない。スキルを限界まで上げたボムは雑魚チラシに役立つので、相手の攻撃を一度も受けずに特攻するサタンパーティーを組む場合入れてもいいかもしれないが、ステも微妙なので他の悪魔が手に入るまでのつなぎ程度の認識で十分だろう。

・魔王・ヴァンパイアロード
バランスの良いステータスと、悪魔タイプと相性のいいドロップ変換。サブ筆頭候補。二体入れてもいいくらい。問題は、こいつを中心に闇悪魔パーティーを組むと、「ふつうに闇パでいいじゃんソレ」ということになること。反撃スキルを活かした戦い方をする場合はいらない子になる。

・邪炎の魔神将・べリアル
スキル的にもステ的にも、火パに組み込むほどのポテンシャルは無いが、ダメージの3倍で反撃というスキルの特性上、根性や耐久パーティーの場合かなり活躍できそう。

・義侠の魔神将・アモン
ステータスはライダーとどっこいどっこい。リーダースキルは悪魔インドという感じ。5ターンの間、ダメージを受けると水属性で反撃のスキルの使い道が難しいが、サブで使う場合はやはり耐久パで活きるだろう。しかし水属性、耐久パで有用となると、ヘヴンズやアビスネプチューンの持つヒュドラの毒の方が有用な気もするが、こちらは効果が5ターンなので雑魚散らしにも使えそう。

・予見の魔神将・アスタロト
新しく追加された悪魔タイプのスキル(~の呪い)が耐久パーティーで活きそうな性能なので、大悪魔パーティーを組む場合実はこいつが一番リーダーに向いているかもしれない。ステータス的に、大天使が耐久、大悪魔が攻撃パーティーのイメージが強かったが、よく見てみると実は悪魔も耐久パーティー向きに作られているのかも。反撃スキルで火力を補いつつ、回復して粘る。これは地味ながらダンジョン攻略の幅をかなり拡げてくれそう。ノエルを中心に組む属性パよりも、反撃スキルが充実していてステのバランスのいいこちらの方が強いかもしれない。

・閃剣の魔神将・バアル
HPが50%以上の時、攻撃力が2.5倍になるという、なかなかな可能性を秘めたスキルを持っている。50%を維持するのは楽なので、ほぼ常時2.5倍でいけることになる。しかし問題は五右衛門やエンシェントといった、もっと強力な無課金で手に入るモンスターがいること。3倍だったらゼウスを超えるポテンシャルになり今回一番の目玉と成り得たが、さすがにそれはなかった。

・逆心の神魔王・ルシファー
見た目はかなりかっこいい。光に対し20ターンで30万ダメージのスキルは、汎用性が無いがゼウス相手など強い光ボスキラーとしてかなり活躍できそう。しかしギガグラの方がダメージが出せてしまうことも多い。終盤までの光ボス相手だとかなり役立ちそう。ステータスのバランスもいいしリーダースキルも使いやすい。スキルの関係上光ダンジョン以外でサブで入れるにはちょっと微妙。

・終焉の狡知神・ロキ
北欧神。悪魔の中で一番使いやすい。闇パで使う人が多いだろうと思う。さすが神というべきか。こいつがいるせいで悪魔パーティーが闇パの劣化になってしまっている。エンハンスも便利すぎる。

・カオスブリザードドラゴン
カラドラと同じノリで使える。水属性のため闇パと差別化できる意味ではありがたいが、こいつ程度ではそこまで嬉しくない。


新しく追加された大悪魔たちのスキルは、どれも癖があり使いどころを選ぶ。そのため、属性強化エンハンスをもつ北欧神やホルス、ゼウスのような超火力パーティーに活きるモンスターが人気な現在、
「悪魔は微妙、ハズレ」
と言われている。

しかし大悪魔の持つ反撃スキルは、使い方を考えれば強力だと思う。そこで、まずは火力重視で考えた基本的な悪魔パーティーのテンプレを紹介し、次に悪魔の特性を活かしたパーティーを紹介していこうと思う。

悪魔パーティーのテンプレ


(1)劣化闇パとしての使い方
魔王ヴァンパイアロード→必須。攻撃態勢が便利すぎる
ドラウンジョーカー→貴重な防御態勢持ちの悪魔。闇パのように光ドロップを喰い合う相手もいない。
ケルベロス→ドロップ強化が便利。
インフェルノハーデス→スキルが強力でステも高い
の闇パ中心に、行くダンジョンによってベリアルやアスタロトやロキ、アモンをリーダーやフレンドに使えばいいだろう。サタン降臨が実装されれば更に可能性は増える。CDKがいない分闇パより使い勝手が悪くなるが、ロキやペルセポネが出なくて闇パが組めないが悪魔のリーダーがガチャで出た、という人は、こちらを組んでみるのもアリだ。しかしこれでは劣化闇パにしかならない。

悪魔パーティーのネックが、ヴァンパイア以外の属性変換もち(忍者、魔剣士)が組み込めないこと。そのため魔剣士変換のいる属性パーティーと比べると結果として劣化となってしまう。敢えて悪魔を使う場合、効率を考えると活躍の場は属性指定ダンジョン(戦国、歴龍、土日等)に限られてきてしまうように思う。しかしそうしたダンジョンの場合イシスやホルス、ラーの方が倍率も高く便利だったりする。なんとも残念。

悪魔は全体的に手に入りづらいので課金者向けともいえるが、課金者で火力を求める人はゼウスやホルス、五右衛門、或いは北欧神×新ギリシャ神の属性パを使うことが多いと思う。

というわけで、火力重視の単属性パーティーより、もっとトリッキーで悪魔らしい戦い方がしたいという人向けに、大悪魔の持つスキルや特性を存分に活かしたパーティーを考えてみた。

(2)悪魔の特性を存分に活かしたパーティー

ルシファー以外の大悪魔が持っている
「~の呪い」
は、3倍の属性攻撃で反撃するスキル。場面によっては強力だが、ターン数が多く使いどころが非常に難しい。この癖のあるスキルが一番活きるのは、火力不足に悩む耐久パーティーだろう。というわけで、HPと回復が上げられ耐久パが組めるアスタロトをリーダーにして耐久反撃パーティーを組んでみるのはどうだろう。Lアスタロト×Fロキ、或いはLFアスタロトで、メンバーに「~の呪い」を持つベリアルやアモン等を組み込んだパーティーにするとなかなか強いかもしれない。

リーダー・フレンド:アスタロト→HP、回復4倍でひたすら耐久。悪魔パの場合6万以上ダメージを与えて来るようなボス相手だと耐えきれないがそれは仕方ない。4倍耐久パーティーなら、バインドされると厳しいが殆どのボスの攻撃を耐えきれる。
ピエドラ→防御態勢要因
を基本に、相手の弱点に合わせてアモン、ベリアル、バアル、ルシファー等の大悪魔を組み込むのがいいだろう。インフェルノハーデスも選択肢としてはアリだ。悪魔は全体的に回復も高めなので、ゴーレム系の反撃耐久パーティーよりも安定する。

せっかくある反撃スキルを活かすには、この「耐久×反撃パーティー」しかない。反撃スキルで、耐久パーティーに足りない火力を補うことができるし、耐久パーティーの場合は攻撃態勢はあまり意味がなく、究極進化二属性持ちなので耐久パにとって鬼門となる仮面や精霊等の「高防御高攻撃力」の敵もせん滅しやすい。光タイプのボスに対してはルシファーのスキルが活きて来る。耐久パーティーの場合スキルもためやすいので相性もいい。光属性に対して全体攻撃なので、光ダンジョンの場合雑魚、中ボス散らしにも十分使える。耐久パは、バインドに弱いところがネック。

ロマンはあるが、果たして強いのか!?といわれると、、微妙な気もするが、余裕がある人は耐久悪魔パーティーを組んでみると、新しい戦略がうまれ、もっとパズドラを楽しめるかもしれない。火力一辺倒の方がサクサク勧めて強い気もするが、それだとプレイが単調になりがちなので、ガンホー側も耐久パーティー使いを増やしたかったのかもしれない。今後は耐久パ向けの性能を持ったモンスターが増えて来る可能性もある。

何より、反撃スキルは戦略性があって楽しい。火力パーティーに飽きた人は、敢えて悪魔耐久反撃パーティーを使ってみるのもアリだろうと思うがどうだろうか。いずれにせよ、悪魔は揃いにくく、課金者向けのモンスターな気がした。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


この記事に含まれるタグ : パズドラ 悪魔パーティー 使い方 反撃 耐久  

FC2スレッドテーマ : パズル&ドラゴンズ (ジャンル : ゲーム

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-469.html

2013/04/01 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
この次の記事 : きゃりーぱみゅぱみゅの推し曲
この前の記事 : 主夫になりたい男

Comment

コメントを投稿する 記事: 微妙といわれる悪魔パーティーの使い道【パズドラ攻略】

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

この次の記事 : きゃりーぱみゅぱみゅの推し曲
この前の記事 : 主夫になりたい男
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。