PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

この記事に含まれるタグ :
ライブ  盛り上がり  暗い  インディーズ  つまらない  面白い  フェス  フジロック  サマソニ  ウドー  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

オクトーバーフェスの盛り上がり具合を参考に、ライブイベントを盛り上げる方法論を考えてみる。

   ↑  2013/06/16 (日)  カテゴリー: バンド・PR,SEO
あなたはオクトーバーフェスをご存じだろうか。
日本語に訳すと十月祭り。しかし春だろうが夏だろうが一年中そこらでやっているドイツのお祭りだ。はっきりいって日本のオクトーバーフェスはすべての飲食物がクソみたいに高い。俺は長いことドイツに住んでいたが、あんなに高いビールやソーセージは観たことがない

量は多いが一ビン1300円+グラス保障1000円、ソーセージも大したことないおおきさのもの一本で600円くらいしたりする。刑務所のアルバイトでしゃぶるチンコの値段よりも高いかもしれない。普段だったらこんなものクソッタレだ馬鹿野郎このボッタクリ野郎が馬鹿野郎この野郎お前、、となるところ。

しかしオクトーバーフェスは違う

ビールの値段など気にせず何杯も飲み酔っぱらってしまう。貧乏人も含めてお祭り騒ぎ。財布の中に5000円しかない俺が、その場でビールを二本空け、ソーセージを食べ、気がついたら帰りの交通費しかないという状況になっていたこともある。

とにかく皆テンションが高いのだ。酔っぱらった知らない女性に話しかけられたこともある。美人だった。普段では有り得ないことだ。知り合いは行った後そこで出逢った人とファックして帰ったという。日本では考えられないランチキ騒ぎだ。何がそんなに楽しいのか。

ライブステージでは日本では全く知名度の無いドイツのオッサンバンドがよくわからないドイツの曲を歌っていたりする。別に特別上手いわけでもない。同じ日に、同じ曲を何回もやったりする。日本の小さいライブハウス同じことをやっても、恐らく大して盛り上がらないだろう。しかしオクトーバーフェスだとみんな飛び跳ねて大声をあげてビール瓶を持ち上げて騒ぐ。

ステージ上で乾杯の音頭がかかる。

「アインス!ツヴァイ!ドライ!ズッファ!プロースト!Yeahhhhhhh!!」

みんな合わせて掛け声。お前らほんとに日本人かよ。といった感じ。ノリが外国。

さて。そこで俺は疑問に思った。ライブハウスとオクトーバーフェス、何が違うのか。
酒のうまさなんて大したことはない。ビールなんてどこにだってある。ソーセージが出れば盛り上がるのか。そんなわけはない。ライブハウスでソーセージを出しても同じようなことにはならないだろう。ソーセージを出せば盛り上がるのなら、俺だっていくらでもソーセージを出す(直球)

問題点1:殆どのライブハウスは地下にある

まず第一の違いは、屋外か屋内か。オクトーバーフェスやお祭りのいいところは、野外で太陽を浴びながら盛り上がれるところだ。解放感があるとないとではかなり違う。

確かにライブハウスは殆どが地下にあるがゆえに、アングラな空気がある。そこが良さでもあるが、それゆえに初見が委縮し盛り上がれないこともある。地下独特のジメジメ感の中、最高にいいバンドを観た時は、グラマラスな美人に監禁して飼われているかのような特権性を感じることができるが、地下にあるライブハウスでは、オクトーバーフェスのように、
行けば無条件に楽しめるようなワクワク感
はない。

特に普段ライブハウスに行き慣れない女の人なんかは、緊張しながら、
「ここ大丈夫かな、、場所あってるよね、、」
なんて不安を抱いて地下に降りるケースが多いだろう。まずここが大きな違いであるように感じる。つまりは、地下でジメジメしたところにあるが故に、テンションが低く、盛り上がるためのハードルがあがってしまっている。

地下に降りながら、
「ウヒ~アングラでロックな空気!サイコーだぜ。今日はどんなバンドが出てくれるんだ!?」
なんてことを思いながら、何も知らないバンドを観に行くファンキーな人は、日本には少ないだろう。外国ではそういう人はたくさんいそうなイメージがあるがなかなか日本はそういった面でライブ向きではない。

ハードルがあがってしまっているので、出演バンドのレベルがかなり高くないと盛り上がれない。客煽りや曲構成の工夫をしている実力のあるバンドが出ていればそれでも盛り上げることができる。しかし多くのライブハウスは箱埋めのために適当なブッキングを組む日も多いため、そんな日に来てしまった人はもう二度と小さなライブハウスには行きたくないという気持ちになるだろう。

そうならないためには、いいイベントに出るか、あがってしまったハードルを下げる努力をするしかない。どうやって下げるかは難しいが、例えば、酒をある程度飲んでから来てもらう、というのも一つの手だ。酔っぱらうことでハードルが下がり、イベントをより楽しむことができる。ライブハウス内でのドリンクも、シラフの人は1、2杯しか飲まなかったりするが、既に酔っぱらっている人はたくさん飲むことも多く、酔うことで周囲の目を気にしず楽なるため、ノリがよくなり、イベント全体が盛り上がりやすくなる。

自分も、ライブを観に行く時は予め飲んでから行ったり、ライブハウス内で2、3杯は飲んでから観ることが多い。その方が周りの目を気にせず音楽にノれて楽しいからだ。未成年を呼ぶことの多い高校生バンドはそれがしづらいので難しいが、その分、同級生の知り合いを呼びやすく雰囲気作りは楽だ。ハードルの下げ方は他にもたくさんあり、敢えてダサいSEをかけるとか、オムツでギターを弾くだとか、ふざけるのも一つの手だし、そういうライブ前の雰囲気作りまで考えられるバンドは強いだろうと思う

殆どのバンドは、高くなったハードルを無理矢理乗り越えようとするが、それができるほど実力のあるバンドは、本当に僅かだ。もちろん、いいバンドはすべからく、それを越えるスキルを持っているし、自分はそういうバンドが大好きだが、ライブを盛り上げる方法論としては、他にも様々なアプローチを摸索する努力をしてみてもいいんじゃないか、ということ。

問題点2:フラッと来づらい雰囲気

先ほどライブハウスは地下にあるといった。それゆえに空気がジメジメしており、暗く、アングラな空気が強くなっており、行き慣れた人はともかく、初見が行きづらい空気が形成されていると思う。知らないバーやクラブイベントにフラッと足を運んでみた、という人はいても、知らないライブハウスにフラっと入ってみた、なんて人は殆どいないだろう。

ライブハウスに行くのは好きなバンドが出るからというのが第一条件の人が殆どであり、オクトーバーフェスのように、初見の人がフラっと行って楽しめるような空気があるかというと疑問が残る。いいイベントを定期的にやりイベントに固定客をつけようと努力するイベンターもいるが、バンド目当ての客がいても、イベント目当てでライブを観に行くという話はあまり聞かない。そういうのは、あってもフジロックやサマソニなどの本当に大規模なものばかりだ。

だから、小さなライブハウスでのライブは集客が非常に難しくなってくる。何も知らないで箱に入ってくるような客はまず来ないので、集客はバンドの求心力や知名度、人気のみで勝負しなければならないことが殆どだからだ。しかしインディーズで知名度と人気をもったバンドが果たしてどれだけいることか。結果、成長しきるまでは集客はメンバーの求心力頼りになることが多い。

初見でふらっと来て楽しむ人がたくさん来て楽しめる空気があれば、最高のライブを定期的に続けることでリピーターファンを少しずつを獲得し、バンドが大きくなる環境もできる。

しかし現状では、初見はまず来ないので、集客は、求心力や行動力があるか否か。ということが最も重要になることが多い。それ故に、求心力がかなり重要なビジュアル系やポップバンド、イケメンが多いバンドが強くなりがちだ。もちろんそれだけではリピーターは増えないので長続きしないが、はじめから集客が多ければいいイベントに呼ばれやすくなり、結果バンドのステップアップはかなり早く済む。

口下手で人間関係が全然だがいい曲を作るような人は、地道に地道にファンを増やさなければならないため、コネでも無い限りはステップアップが遅く、才能があるのに非常に遅咲きになったりする。そういうバンドは実力が高いためデビューしてからが強いが、今はそういうバンドは少ない気がする。

音楽で惹きつけるのが一番なわけだが、それをするにも、まず誰かには聴いてもらわなければいけない。そういうわけで、Youtubeで圧倒的なPVを作ったり、ライブ動画を載せたり、音楽を聴いてバンドを観にライブに参戦する人を増やそうと多くのバンドは苦心する。しかしそれで爆発的に集客できるバンドは稀だろう。結局、活動はかなり地道になり、ステップアップは遅くなり、初期衝動が枯れて解散するバンドも多い。

ここが日本のインディ-ズライブ事情の最初にして最大の問題点である気がする。しかし地下というのは法律上、また立地上どうしようもない。地下なら地下なりに楽しませる方法を考えなければ突破口はないというわけ。地下にありながら、初見をどう楽しませるか。初見がふらっと足を運べる空気をどう作るか。この問題が解決すれば、日本のインディ-ズ音楽業界はかつての輝きを取り戻すと推測する。しかしそれは簡単なことではない。

問題は屋外か屋内か、というだけの話ではない。屋外なら盛り上がる、という話ならば、地元の小さな商店街でやるアイドルのライブやデパートの屋上のヒーローショーはもっともっと盛り上がっていいはずだ。

フジロックやジャマイカフェスでも同様にアホみたいに盛り上がる。みんなキチガイなんじゃないかというくらいだ。さて、それらのイベントと小さなライブハウスでのライブ、何が違うのか。

問題点2:暗い人が多い。

世界一チケットが高いフェスといわれているフジロックフェスティバルに、馬鹿みたいな交通費とチケット代をかけてまで行く人間が多いのは何故か。

そこには、人が多く集まり、お祭り騒ぎの雰囲気がある。だから楽しい。色々なバンドが出るのもある。しかし大して音楽が好きではない人が行ったりもする。楽しいからだ。

これは運営の努力によるところも大きいだろうと感じる。盛り上がるイベントというのは、店員を含めたスタッフのテンションも滅茶苦茶高い。ジャマイカフェスに行った時は、黒人の店員が、
「イェェェェァァァ~~!チキン?チキンオオモリ!!?」
なんて絡んできたことがあったし、
日本人の店員でも、アプルトンリキュールを頼む時に店員に、
「濃いめでお願いします」
と言ったら、5割くらい全部原液入れられて、
「フェスは酔っぱらわないとね!HAHA!」
なんて言われたりした。

とにかくテンションが高い。それゆえに祭りの雰囲気が演出されている。ここがかなり大きく違う点だと感じた。お祭りでも、楽しめる祭りは屋台の店員がやたらにフレンドリーだ。

これは、多くのライブハウス、ライブスタッフ、バンドマンが学ばなければいけない点だと思う。スタッフ、バンドマン含めとにかくテンションが低い人が集まるイベントが多いのが現状だ。

たしかに押しつけがましいテンションの高さや空回りはウザく感じる人もいるかもしれない。そういうことを意識して暗くしている箱やバンドマンがポツポツいてもいいかもしれない。
しかしあまりに殺伐とした空気が場を支配すると
「あっ盛り上がってたら恥ずかしい感じかな」
なんて思わせてしまう可能性も増える。日本人は周りの人を観る人が多い。結果として盛り上がらないイベントになる。それを防ぐためにはある程度アメリカンな社交性、雰囲気作りが必要だ。

箱側の努力について文句を言っているようにも見えるが、この記事はどちらかというと自分を含むイベンターやバンドマン向けに書いてみたものである。ここで参考にすべきなのは、やはりフェスのスタッフの態度だ。ジャマイカやタイフェス等の物販のテンションの高さ、ノリの良さ、フレンドリーさを観てほしい。

初見が気易い空気、楽しめる空気というのは、そうしたライブハウス、バンド、イベンターのテンションによって育ってくるものだと自分は思う。今の段階ではそれができている場が殆ど無いため、非常に厳しい。音楽やライブが好きな自分でも、気軽に足を運ぼうという気にはならない。暗いイベントで誰とも喋らず帰るくらいなら、クラブにでも行ってナンパするかガールズバーにでも行くわ、という気持ちになる人も多いだろう。音楽をやっていない一般の人なら尚更。そう思われるのは悔しいこと、残念なことだ。

いいイベントをなるべく増やし、満足した人をなるべく増やすことが、小さな箱を楽しめる人を増やすことに繋がり、初見で行きやすい評判作りにもつながる。行った人が満足してツイートやフェイスブックにアップし、そうした人が増えていけばライブハウスのイメージも良くなるだろう。

問題点3:人が少ないとヒドイことになる

もしもディズニーランドが常にガラガラだったら、パレードがあそこまで盛り上がるだろうか。もしもフジロックがガラガラだったら、ライブがあそこまで盛り上がるだろうか。

昔開催され、興業的に大失敗に終わったウドーミュージックフェスティバルの例を出すとわかりやすいと思うので紹介する。フェスには、Alice in ChainsやKissなど、人気も実力もある海外の大御所バンドが揃っていた。それだけ聞くと非常にワクワクするだろう。開催された会場は、野外ステージで、広くて解放感がある。これだけ聞けば、さぞ盛り上がったイベントが開催されたのだと、フジロックのような絵を想像する人が殆どだろう。

しかしこれを観るとどうだろう。
ウドーミュージックフェスティバルの悲劇
写真を観て伝わるもの。それは「ガッカリ感」だ。大御所で人気のあるバンド、野外の開放的な雰囲気。そうしたものが揃っていても、人がいない閑散とした草原が目の前にあるだけで、どうにも、気持ちが削がれてしまう。

つまり、人が多いか否かというのは、ライブを楽しめるか否かにかなり密接に関わってくる要素だと感じる。音がいいのは大前提だが、集客が無くて音がいいバンドと、集客があって音が微妙なバンド、ライブの盛り上がりや客の満足度を比べた場合に、結果、後者の方がいいことも多いだろう。もちろん、その客は盛り上がっている人であればあるほどいい。

まとめ

ここまでの流れをまとめてみる。まず、小さな箱のライブイベントとオクト―バーフェスなどお祭りイベントの決定的な違いは、盛り上がった客、スタッフ、演者の存在だ。

ここを近づけていくことで、初見でもイベントに足を運びやすくなることだろう。
「音楽は最高だし、ライブもいいライブするんだから、だんだん人は増えるんじゃないのかな、」
「いい音楽やってるんだから、箱に目をつけてもらって、いいイベント呼ばれるようになるでしょ。」
なんてことを漠然と考えながら初ライブをやったりするバンドが多いだろう。しかし何も考えずにやっていたところで集客は増えないのが現状。そうしていると知人のツテも終わり、体力が亡くなり、バンドが続かず終了。曲はいいのに勿体ない。こんなスパイラルに陥っているパターンは腐るほど聞く。

集客が少ないと、結果的にお祭りムードにならずイベントが盛り上がらない。赤字。共演バンドにとっても最悪。行く人にとっても孤立感があって最悪。箱の人からしてもドリンク代少なくて最悪。とまあいいこと無しだ。現状、ライブハウスのイベントは初見がふらっと入っていくようなイメージ形成ができていない。財力が無くCMなどで広報活動ができない、またそうした一般への知名度アップに貢献していないライブハウスが殆どなのも理由の一つだが、つまらないイベントに参加し何も工夫せずつまらないことをするバンドが多いのも原因の一つだろう。

初見が行きやすくなる空気を作るためには、業界全体で地道にイベントを盛り上げ、イメージ改善をはかっていくしかない。いまどき、ホストでもゴミ拾いをしたり雑誌でモデルショーをしたりとイメージアップに頑張っているわけで、ライブハウスやバンドマンもやれることはやってみるべきだ。

バンドがライブを盛り上げるには、
(1)スタッフのノリや対バンがいいライブハウスやイベントを厳選する
(2)集客を頑張る、できればお酒を飲んでから来てもらう、或るいは箱でたくさん飲んでもらう
(3)集客のあるバンドと対バンする
(4)高いパフォーマンス、煽り、曲構成で惹きつける、客を盛り上げる
(5)打ち上げを楽しむ
こうしたいくつかの要素を工夫して乗り越えクリアしていくことで、イベント全体がお祭りのように盛り上がると考えられる。ノリのいい客を呼ぶことも大切だ。そういう人がいるといないとでは雰囲気が段違いに変わってくる。特に海外の方は日本人と比べ段違いにハジケてくれるので、他の客に盛り上がりが伝線しやすく楽しい。

なんだか必死に人を呼ぶのが格好悪いように感じる人も多いだろうが、集客がいかに重要だかわかっていない。現状では、ふらっと入ってくる初見や業界関係者などまず来ない、ということを前提に集客について考えるべきだ。

聴かれなければどんなに素晴らしいことをやっていても意味がない。知らしめなければ意味がない。知らしめるためには泥だって舐める。その後に価値を認めてくれる人がいればそれでいい。そういう人がいるはずだと信じるから泥を舐めるしはいつくばる。要は、這いつくばるのは、ダサいことをやるのは、自信の裏付けでもあるということ。来れば満足するはずだ。そういう確信があるから、必死で客を呼ぶ、集める。呼ぶ時は迷惑だろうが来たら満足させるという自信を持ち、とにかく来てもらう。知人ももちろんだが、知らない人にも話しかける。もしかしたらそこで一生の繋がりが産まれるかもしれない。がむしゃらにやるのは、自信があるからということ。

人が集まることがいかに大切か。来てくれる人がいかに大切な存在か。その人たちを楽しませ、また行きたいと思わせること、それがバンドの力の見せどころだと思う。ライブをやるなら、来た人を満足させろということだ。自信の無いバンドは人を呼ぶな。初ライブなんてものはスタジオでやればいいんだ。一人の人を失望させれば、それは業界にとって初見で来てくれる人を一人失うということでもあり、糞バンドは、そうした重大な過失を背負っているということをよく考えなければならない。人を呼ぶということはそういうこと。

失望させない、満足させるだけの自信を得てからはじめて、人を呼ぶ、人を集める意味が生まれる。そして何度も行きたいとおもえるようなライブを行うバンドが増えれば、自然と業界も盛り上がってくるだろう。残念ながら今はそうではない。インディーズの殆どが、つまらないライブをしていると思う。ダンサーがいたり、流行りをとりいれたり、演出効果を考えたり、もっと色々やっていいと思う。そうであるべきだ。金を払う価値はそういうところにこそある。

皆を満足させるためにがむしゃらにやるだけだ。今の俺には芸術家としての自信がある。イタイとかキモイとか言われることを微塵も恐れていない。やっていることに自信があるからだ。そういうバンドが増えれば楽しい。そういうバンドとなるべくやりたいし。異論などあればコメントで。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


この記事に含まれるタグ : ライブ 盛り上がり 暗い インディーズ つまらない 面白い フェス フジロック サマソニ ウドー 

FC2スレッドテーマ : 音楽を楽しもう! (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-484.html

2013/06/16 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: オクトーバーフェスの盛り上がり具合を参考に、ライブイベントを盛り上げる方法論を考えてみる。

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。