PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Sonic Youth無料PV動画

   ↑  2009/12/06 (日)  カテゴリー: 個人的オススメ音楽
Sonic Youthの
Orange Rolls,Angel's spitいいな。
Sonic Youth - Orange Rolls, Angel's Spit (1992/11/20)


youtubeの動画はこれ。
どうすか?この曲は、「Darty」ってアルバムにはいってる。
日本のバンドにはあんまない雰囲気ですよね。やっぱsonic youthはかっこいい。時代が違っても、色褪せないもんはある。

ラリってる感じが最高。
歌が上手い、という感じではない。むしろ下手くそさすら感じる。ただ、音でカンジている、オルガズムがきてる。上手さなんて関係ない。
ロックは感性だ。
そんな感じ。

エンドルフィン(脳内麻薬)でまくり。麻薬いらず。

Nirvanaが影響受けたバンドってのも、わかるな。

NirvanaとかSonic Youthを聴いていると、メロディー重視の曲が稚拙で陳腐なものに感じてくる。そういう不思議なところがある。

もちろん、メロディー重視なものを、俺が否定しているわけではない。ポップは大切な文化だし、メロコアもV系にも、名曲は数多くある。

メロディーに優しさやストーリーを感じる曲はいくつもある。ロックバンドのボーカルをやっている俺だが、aikoも好きだしカラオケで女の子が大塚愛の「金魚花火」を歌ったり、ELTの名曲を歌ったりするとグッときたりする時がある。

ただ、エンドルフィンは出ない。エンドルフィンが出るのは
Sonic YouthのPurrや、NirvanaのNegative creepやBreedを聴いている時だ。

sonic youth

amazonで買えるんで、どぞ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動カテゴリーへ
では、グッド・バイ。
<スポンサードリンク>


FC2スレッドテーマ : 音楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-73.html

2009/12/06 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

Comment

コメントを投稿する 記事: Sonic Youth無料PV動画

こんにちは。気軽にコメントを、残していって、くださいね。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開するナイショ仕様)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。