1
 

PATRIK TIMES私は現代に生きるスナフキン、またの名をフキンシンという。アブサン飲んで、グッド・バイ。 

このページの記事目次 (カテゴリー: バンド活動

← 前のページ  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

バンド…

   ↑  2009/12/16 (水)  カテゴリー: バンド活動
テレビ番組からオファーがきた。地方の番組だけど。
オファーっつーか、企画に出演しませんか?的な。
調べてみたら、いちお実在する番組で、住所も実在の住所のようだ。
企画も実在するようだ。
ただ、CDプレス代がかかるリスクも多少ばかしある…

さて、、どうする…?
メンバーで話し合って決めようと思う。。。

→12/21追記
断った。
理由は、もっと地道に活動しようということで。
ちょっと向こうに都合のよすぎる条件かもなぁってことで。
テレビ出られるからって、CDの金がこっちに入ってこないのは少し横暴な気がした。
金儲けのことしか考えない上に弱小なレーベルに所属してフィーをとられるよりも、
自分たちで作り上げていった方が、いい音楽活動ができるだろう。
俺は、ちょっとしたレーベルなんかよりもよっぽど有効な広報活動ができると自負している。

もし、バンドがもっと大きくなったら、もしくは、仕事でまとまった金が入ったら、
俺は自分でレーベルを立ち上げる。
その名も、アンチポップレーベル。どう?半分ギャグで、半分本気です笑

もちろん、信念を持っているレーベルや番組からオファーがきたら、速攻でのるわけだが笑
そこらへんの柔軟な切り替えは、重要だよな。。
ロックを貫くとはいっても、ガンコになっていては、新しいものは何も生まれませんよね。

FC2スレッドテーマ : 音楽を楽しもう! (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-89.html

2009/12/16 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

CubaseLEとUS-122Lの使い方。

   ↑  2009/12/12 (土)  カテゴリー: バンド活動
結構前に、『US-122L』っつーオーディオインターフェイスを買ったんだよね、アマゾンで。

(※よくわからないという人へ。
これはどういう品かというと、簡単に言うと、
PC→オーディオインターフェイス→マイク
と繋いで、マイクで声出すと、その声が録音され、
その録音された声を、付属の『CubaseLE』というソフトを使って、
リバーブかけたりディレイかけたり編集することができるっていうシロモノ。

俺の用途は、バンドメンバーの作ったデモに声入れて送ったりとかそういうのだけど、

よくニコ動で
「歌ってみた」
っていうのがあるけど、そういうのに投稿したり、そういう使い道もある。

俺はやったことないけど。(いずれやってみたいね)
もちろん、マイクだけじゃなくて、ギターや、シンセサイザーも接続すれば使うことができる。
つまり、楽器さえあれば、1人で何回もパートに分けて録音して、宅録でデモが作れちゃうわけ。

便利でしょう?)


ちなみにコレ。


アマゾンだと、サウンドハウスとかよりちょっと安く買えたので、トクだったぜ。
まぁ詳しいレビューとかはアマゾンページから見られます。
歌ってみたをやってみたい人、宅録したいバンドマンはどーぞ。
編集ソフトのCubaseは、イコライザとかもついてて結構遊べるし便利ですよ。
何より、安いしw(俺が買ったときは1万ちょいくらいだったかな。)


で。
いざ、使ってみようと思って、
1.CubaseLEを、CDでインストール。
2.US-122LのドライブをCDでインストール。
US-122Lを、USBでPCと繋ぐ。
LINE IN Lのところにダイナミックマイクを繋ぐ。

よし、やるか、と思って、
まず、説明書に沿ってやってみる。

なんともわかりづらい説明書だ…w

・ファイル(F)→新規プロジェクト→空白
次に、
・プロジェクト(P)→新規トラック追加→オーディオ
で、できた。
いざ録音しようとしたら、マイクに声入れてもうんともすんともしない。
ということで、調べてみたら、
デバイス(D)→デバイスの設定→VSTマルチトラック→ASIOドライバのところを、US-122Lにしないといけなかったみたい。

で、ようやくできるかな、と思ったけど、できない。
ってことで更に調べたら、
PCの設定の、コントロールパネル→オーディオ機器の設定→録音、オーディオのところをUS-122Lにすればいいみたい。ということで設定。


…よーしようやくできる…


って思ったら、今度はPCから音が出なくなった。
ということで更に調べたら、
どうやらいじるのは録音の設定だけでいいようで、出力のところは、US-122Lとアンプとかスピーカーを繋いでる人意外はいじらなくていいということがわかった。
(俺は、音はPCから直接出しているので。)
そういうことか。

と、いうことで。

ようやくできた!!


Xアプリ(iTUNESみたいなやつ)から、mp3ファイルをドラッグしてもってきて、
それに声をつけることに成功した。

といってもクォリティが低すぎるのでどこにもアップはしないが…



ようやくこれで我が家にも宅録環境が整ったわけだ。
これで仮歌募集してる人に協力することができるようになった。
仮歌は練習にもなるし、人脈も広がるだろうってことで。
mixiでメッセージ送ってみた。やることになるかも。

話がずれたな。まぁとにかく、さっそくベースのぐっさんが録りだめていた曲を送ってもらった。

ら。





…やばい。

ベースのぐっさんからきた新曲のデモが…


かなりいい。


いい曲ができそうな予感がプンプンする。

正直出来上がりがかなり楽しみだ。しかし、いい曲になるも駄目曲になるのも、俺の歌詞とメロにかかっている。

演奏と構成はいい。
全力でそれに応える!!

歌詞は英語と日本語で、
サビとか、日本語だと歯切れが悪いとこは英語を使う感じにしよう。

最近レッチリ、ニルヴァーナ、プライマス、ソニックユース、アイアンメイデンや、レイジ、びーびーキングなどなど色々聴いてたから、音楽性の幅も広がってきた気がするよ。

スクリーモ、ファンク、グランジ、ヒップホップ、様々な音楽性を活かして総力でいい曲を作る…。


作るぞぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ククク…

■テレビ
さっきまで3chでマクベスみてた。NHKやっぱ一番高尚だな。受信料払わないとか言ってんのは大抵が大衆文化にのみ興味のあるナンセンス人間だと思っちゃうよ。

あんな安い受信料で、劇やオーケストラの演奏が聴けちゃうんだよ?

興味ないとか言わないでちょ。


FC2スレッドテーマ : 楽器 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-81.html

2009/12/12 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

バンドのプロモーション戦略。

   ↑  2009/12/06 (日)  カテゴリー: バンド活動
どうも、パトリックです。
俺は前期PRの授業を受けていた。テレビとか出ちゃう先生に授業受けてたよ。
売り上げが伸びないスーパーの経営を改善させたり、大学のブランド力を上げるために企画を考えたりする授業だった。例えばポイントカードをつくったり、メディアにアピールしたり、メディアにアピールするために記者会見をしたり、そういうのがPRだ。
ブランディングを考えたりもする。
例えば、グッチとユニクロと、ジーンズメイトだったら、戦略は全く異なる。
コスト度外視でハイセンスを求めるハイブランドが、テレビに出ている売れっ子女優を起用してCMしまくって、大幅値下げをするなどの安っぽい戦略を打ち出したら、そのブランドのブランド力は落ちることになる。
ユニクロは、高級感のあるジルサンダーとコラボすることで、品質の高いイメージを顧客に定着させることに成功した。

バンドにおいても、ブランディングというのは切り離せない。
ブランディングというと、「狙いすぎ」な、ポップな姿勢をイメージするかもしれないが、それとは違う。ブランディングというのは、どんなバンドも、何かしらしている。意識的でなくても、勝手にしているものだ。
例えば、ガムをかみながら歌ったり、ギターを燃やしたり。
赤い服を衣装にしたり、派手な化粧をしたり。
客に悪態をついたり。
そういったひとつひとつの行動が、バンドのイメージを形成する。

逆に、イメージと異なることをすると、バンドの印象が悪くなったりもする。
PRするにしても、ロックバンドがポップな方向にPRしたら、そのバンドは安っぽいイメージになる。
ニルヴァーナがエイ○ックスなどの大手事務所と契約して、レコード大賞に出たら、売れるし新規ファンは獲得できるかもしれないが、中高生のファンが増加することでロックやパンク、グランジバンドとしてのイメージが低下してしまうし、恐らくは多くの古くからのファンは離れるだろう。

それは、アーティストにとっては本意ではないことだ。

まず、曲が第一。
この優先順位は変わることはない。
リスナーの評価が第一なのがポップ。
リスナーではなく、己の中に存在する絶対的価値が基準なのがロック。
俺はそう考えている。異論は認める。
ロックは創造活動だ。自分、またはバンドにとって最高と思える曲をつくること。
それがまず第一。
しかし、その先も考える必要がある。
自分たちの最高の音を作り出しつつ、最高のリスナーに届けること。
そのためにするPR。
それを考えることで、ロックがロックであり続けながら多くの人の心に響かせることができる。PRとは奥が深いのだ。


まぁこんな本も出てるくらいだし。
興味ある人はここから購入できるんでどうぞ。店頭で新品で買うよりアマゾンのが特だからね笑


まぁ。
何より今は、俺は、歌上手くなることが大事だと思う。
で、いい曲ができたら、勉強のノウハウをもとに、PR戦略を立てて、いろんな音楽系のサイトに登録したり、ブログパーツを作ったり、mixiを利用したりと、あらゆる手法を用いていっぱいPRしたいと思う。

ちなみに、今はホームページを検索にヒットしやすくするために検索エンジンに登録しているだけで、音楽系サイトに登録はしていない。音楽系サイトに登録するのはまだ早いのかなぁと思ったのと、紹介文とか考えて勝手に登録しちゃうのもまずいかな、と思ったので。

ちなみに、やっとグーグルで
「SIBERIA ロックバンド」
で検索したら一番上にHPがでるようになった。よし。


あとは、便利かなぁと思ったので、
バンド活動支援のHPをリンクしておく。インディーズ支援で検索したりするといっぱいでるんだよね。
で、有益っぽい情報があったのが、下のサイトかな。
暇なときは是非。


★バンド活動支援ページ
PCからみれる▼
インディーズバンド活動ナビゲーター
インディーズバンドのプロモーション方法について詳しく書かれている。ボイトレの方法も。

勝手にCDデビューしよう!
レーベルの社長になったのりで、CDデビューまでの道のりが詳しく書かれている。
大変参考になる。

土日ライブシャワー
土日にライブできるバンドを募集しているサイト。

インディーズバンド試聴サイトオーディオリーフ
音源ができたらここに登録するとよいだろう。

坂本龍一が創設したMUSICTREEというサイトも、インディーズバンドが音源を登録するのに有効なサイトらしい。
登録配信ができて、フィーも高め、何より年間6000円の登録料ということで格安。

インディーズ魂
インディーズ支援サイト。
記事は少ないが有力な情報も数多くあった。

バンドブログマーケティング
非常に詳しくバンドのマーケティングについて考えられているサイト。
ポップ、ロック問わずインディーズバンドの人は見ておいて損はないと思う。
特にライブプロモーションにおいてはとても参考になった。
精神論もあり。



まぁそんな感じか。みんな楽しみつつ頑張ろう。





ソニックユースもいいねぇ。

FC2スレッドテーマ : 音楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-71.html

2009/12/06 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

バンドプロモーションの方法の一例。広告戦略。

   ↑  2009/12/06 (日)  カテゴリー: バンド活動
PRの授業で学んだ知識を活かしつつ、バンドのプロモーションも考えてみよう。

・ニコニコ動画の、歌ってみた、弾いてみたに投稿。
・MIXIの利用(コミュニティの作成)
・音楽ファンドの利用(ある程度知名度が上がってからでないとこれは難しい気がする。)
・ブログパーツ製作
・チケットぴあでチケットを売る
・セブンイレブンの「イープラス」でチケットを売る
・オーディションに参加
・MUSICTREEで楽曲配信(登録6000円)→賞もある。
・バンドTシャツ作成

3.ライブ時にする集客の方法
・無料のMDやCD、DVD(1曲、ライブ会場限定)を配布する。プレミアム音源にする。
(その日しか手に入らない音源にする事)
これによりライブの価値が高まり、集客に繋がる。

・日替わりでしか聞けない曲を用意する。 (有名なアーティストのカバー曲をするとか)
これもライブの価値を高める為の方法。

FC2スレッドテーマ : バンド活動♪ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-70.html

2009/12/06 | Comment (0) | Trackback (0) | このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。